FC2ブログ
2018
07.01

また捨て猫~同じ場所同じやり方

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   32℃~25℃ 


DSCN0320.jpg
この写真は夕焼けタラちゃん 昔のネグラ この穴倉から新顔が登場した
自分だけ良ければ それでいい人間たちに
星々の数の 猫たちが
犠牲にされた



福岡市のSチサコさん


動物たちが 生を受けた意味を 噛みしめて


改正署名と 外猫らへの温かさ 感謝します




【また捨て猫~同じ場所同じやり方】地域猫各地に見慣れない猫が出たり入ったり、ビジネス街の港区には通勤して来る人たちに世話されている猫が少なからず居て、会社が休みになる土日祝日と悪天日には、決まって糧を求めて流入して来る。定着することなく時たまだから、おなじみの根城に帰ったのだろうと気をもむ心配はしていない。挙動で外暮らしに慣れているか否かは直ぐ分かる。ですが、近頃は派遣雇用の時代なので、派遣が終わって置いてきぼりになる猫たちが、そのまま鉄腕ウンガさん担当の場所に定着するケースが増えていますね。

「猫の郵便」のサポーターのミチヨさんが肺炎と重い貧血の猫を拾い、同じくカイさんも大けがをした猫を助け家に入れて等々、報告が切りなく続いている。街は猫の自由投棄場か、それくらい捨て猫する人や世話している外猫を見離し逃げる人が後を絶たない。そして、無責任な飼主や外猫を見捨てる人たちへの施策も対策も一向に降りて来ない。正に荒野です。際限なくいつまで続く猫の受難時代、「あー」とため息ばかり零れる。最近では、六本木某所の二匹が名前知った人間の現場放棄、麻布の二か所は振舞いを見るとこれも現場放棄。ったく。

僕たちに永遠の命があるなら、あれもこれも悠然と構えられもするが、有限の命の中で活動をまとめフィニッシュさせなければいけないので、猫捨て放題の世の中に胃がキリキリと痛む。そうして、雨降るある日、その夜またうっかりミスで、プリーちゃんのケージを閉め忘れ、プリーちゃんが30分間室内遊泳、遊ばせて難なく元に戻したが、それが何かを暗示したのか、プリーちゃんが元居た場所にデッカイ猫が遺棄され登場した。暗い穴倉から「シャー」と威嚇され、懐中電灯を当ててみると、見たことない大きな目をした大きな猫がそこに居た。

あの場所を知る東久留米市のユミコさんなら合点すると思いますが、鉄道と運河と高速道路に囲まれた〝あの浮島〟は、猫の足で流れ着ける条件にありませんよね。プリーちゃんの場合、湾岸のカマキリ婆が「私がここに連れて来たの」とシャアシャアぬけぬけカミングアウトの告白をしたが、その他に目ぼしい心当たりが複数いるので、場慣れしない新入りを見て「どいつもこいつも早くお陀仏しろ!」と本気で思った。新顔に根城を追われて、先住の猫二匹がかく乱されていた。「ここなら大丈夫」と捨て去る鬼畜、地獄で苦しめと言ったとて詮無い。



EVA
www.eva.or.jp/anipolishomei
「動愛法の厳罰化とアニマルポリス設置」署名に協力を



アイフレンズ
埼玉13エピタフ⌒IF
大矢誠の犯罪を忘れない皆の会

入会の方法

anigif_enhanced-buzz-26250-1392595024-8_201801280248498b7.gif

弁護士費用のご支援をよろしく
ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443

振込の際はお名前の前に「アイフレンズ」とご記入ください


弁護士費用ご寄付総計 
291,500円(5月20日まで)


日暮し⌒私が13アイフレンズに関わる理由・ℐℱ公認https://twitter.com/saitama13epif


night.gif


シャディに ポチッと クリックを


目立つ所へ


ハーツも ポチッと よろしく



榎本ジョン

クリック・ア・ゴーゴー


やけどの子😿 福ちゃん予想外治療のため 😿ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                     







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443




新規サポーター 募っています

2017081401271306a_20180420175421e0f.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment:1
2017
05.25

捨て猫~叫びとささやき

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  23℃~20℃ 


DSCN8004.jpg
10年前活動放棄され ゴミ箱の近くで ゴミを漁って飢えしのぎ
今は練馬区のSHさんがFペアレント
仲間は忽然失踪
捨て猫
NO



【捨て猫~叫びとささやき】まち猫問題/野良猫問題の諸悪の根源は、全て「捨て猫」が元凶になって起こっている。猫飼いの一人一人が不妊去勢手術をして、ネグレクト(育児放棄)しないで共に生き、責任を持って命をまっとうさせる気持でいるなら、公的殺処分センターなんて必要なくなり、苦労多い地域猫活動などしなくてよくなる。しかし何故か猫町巷(ちまた)からは「捨て猫ゼロ!」を口にする叫びもささやきも聞こえて来ない。猫問題の手法論や多頭飼崩壊などの事件性ばかりが先行し、肝心の捨て猫問題が語られることは少なく、捨て猫が湯水のごとく供給される蛇口はいっこうに閉まる様子を見せない。冷静に考え元を手繰れば、臭いニオイは「元から断たなきゃダメ」と分かろうものだが、どうしてかいつも「問題の核心」がマスキングされ「猫👉好き嫌い」論争にすり替えられ、お茶を濁されている気がする。

外猫、捨て猫、地域猫。活動をしながら、無言にいつも猫に問いかけている。「君はどうしてここにいるの?/どこから来たの?」と・・・。無論、猫は答えない。答えを知らない。されるままに、見捨てられたままに〝ここ〟にいる。ある猫は飼主に面倒臭がられ捨てられて。ある猫は世話されていたのに見捨てられて。ある猫はTNRの光が当たらず野良猫の子として産み落とされ。元を質せば、猫問題は全部が全部、人間の行動が水源になって裾野を広げた。一匹とて好き好んで自分の悲運を進んで選んだ訳じゃない。許されるのなら、家の中で丸くなって寝転んでいるのが、ありきたりの猫の自然です。都合よく可愛がられ、要らなくなったらポイ。不妊手術は金がかかるから、産まれたら捨てるが勝ちと、ポイッ👉ポイッ👉ポイッ。ポイ捨てされ川にドンブラコ~ドンブラコと流され流れた「猫のニッポン史」です。嗚呼。

人間の暗い心の井戸からポイッと。捨て猫風習を子供の頃から見聞きする環境設定がされていれば、捨て猫や野良猫にばったり道でかち合ったとしても、木や石ころを見流すように視界をただ横切るだけ。心が痛くなる光景と捕らえる者は殆どいない。見慣れた自然として抵抗なく受け入れている。BUT、これは自然じゃない。人間が「捨てる」という行為で手を加えた以上、自然ではないのです。猫は元来の野生種ではないのです。人が犯した罪は人が償いをしなければいけない。ぼくはその座標に立つ。捨てられて、食べ物がなく、右往左往し、「もし自分だったら」と立場入れ替えの想像力で考えれば悲しくなる。んー。今日、シャディさん関係者からメールが来ましてね。「シャディさん自身がお腹を空かし、不安な時間を過ごし、救いを求める人間に遺棄された捨て猫なんです」と読んでジーンとした。誰か助けてくれ。


高い橋の中段から また 見知らぬ鳴き声



night.gif


シャディに ポチッと クリックを


目立つ所へ


そこが 始まり



榎本ジョン
😹
「目立つ所へ」をクリック・ア・ゴーゴー



やけどの子🐈 福ちゃん予想外治療のため 🐈ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                  







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443



🙀

新規サポーター 募っています

File0067ab_20170406231319b0c.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Comment:0
2017
05.01

全ネコ界の敵「トロイの木馬」パッコパッコ

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。 25℃~14℃ 


DSC_0142_2017050205492523c.jpg
「命のまちづくりハーツ」写真提供
猫が捨てられるたびに 「どこから来たの」と自問
「どうして君はここにいるの」と自問する
0才児 野に ぼっち



福岡市のSTさん


遠くからの継続 身にしみます 福ちゃんへ必ず


愛のシップが 全てです ありがとう




【全ネコ界の敵「トロイの木馬」パッコパッコ】日本全国の地面を全ネコ界を震撼させるマルフェア(悪意で作られたソフト)を積んだ〝トロイの木馬〟がパッコパッコ駆け回っている。全ネコ界を震撼させるトロイの木馬の鞍が積んでいるマルフェアは、不妊去勢手術をしないで猫を飼う不良飼主、捨猫を常習とする不良飼主、TNRをしないでエサやりをして増やして逃げる自称ボランティア、金儲け第一主義で命を命と見ない悪徳ブリーダー等々、つまりは命をオモチャにして楽しむだけ楽しんで後はポイ捨てして責任をとらない「風の人」たちだ。

風に吹かれてトロイの木馬の上から、捨猫の粉を撒いてパッコパッコと、少数の時にTNRしたら良かったのに頭数を増やして手に負えなくなってパッコパッコと、ケツまくってトンヅラする逃げ恥に名前などない。たとえ住所と名札付きの風の便りでも、いざ作業に取っかかろうとすると、がま口の巾着を懐深く固く結んで、「だってボランティアでしょ、ボランティアが金取る気っ?」って、キッとなってコメカミに青すじ立て、イチャモンかく乱のつむじ風にまぎれ逃げようとする。ったく。これは5月1日号の『ハーツ』の記事で見ての通りです。

猫をオモチャにして楽しんだ挙句、いざ金の話となるとビタ1円も出したくない。恥も外聞もないドケチ精神とその性根、私たちも愛知県の「ハーツ」と同様の体験をしている。怠けが時計を回し回して猫をズルズル増やした末の相談事👉 そこは山の手線の主要駅の大きな街、ビジネス・ビルが立ち並ぶ一角の商店主から、「猫が増えちゃって弱っている」と持ちかけられた。さっそくTNR作業に取りかかったのだが、内一匹が膀胱炎で投薬料がかかったとなったら、たった3000円の支払いを渋りに渋った。言訳の「お金がない」にただ絶句した。

そして依頼の♂の手術費用もゴネ始め、「お金を負担しなければならないのは嫌だ」と手術そのものを拒否する顛末に出た。東京の港区は外猫のTNRに♀8000円+♂5000円の助成金制度があるのに、「本当にお金が返ってくるかどうか分からない」と、「立て替えできない」という守銭奴ぶりにあっけに取られた。実費-助成金=1000円~2000円の差額負担が拒まれたのだ。それが1000円×10匹だとしても新橋の商店経営主が出せない額ではないでしょ。考える頭がな~い。トロイの木馬とは「こういうもの」と思い知らされた。

またもう一つの山の手線沿線の大きな街でも、やはり商店主から相談を受けてTNRを実施したが、先の相談者と打ち合わせたかのような同じ反応だった。「お金かかるの? 金なら全然ないよ! ボランティアでしょ! お金取るの?」と譲らない。リリース後に猫に当たられるとそこまでは手が回らない。だから褒め殺しで持ち上げて、何とか9頭のTNRを済ませた。「車、服、スマホ、賭博」と自分にかける金は惜しまないのに猫となると開かずのがま口だ。色んな所で耳にした。「お金がないんですぅー」って。無いのは脳みそと愛だろーって。


😹
榎本ジョン


やけどの子🐈 福ちゃん予想外治療のため 🐈ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443



🙀

新規サポーターを 募っています

File0067ab_20170406231319b0c.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

Comment:3
2016
10.03

また捨て猫 またあぶれ猫

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  27℃~22℃ 


5_china_rainbow_moutains.jpg
絵具でもなく 紅葉でもなく 本当にある自然 ペルーの虹の山


港区のYMさん


ご多忙な中での ご配慮と真心に 感謝しています




【また捨て猫 またあぶれ猫】ふーっ。人の命には限りがあるから活動をいつか終えなければならない。一匹の犠牲も出さず静かな幕引きをしたい。自分の行動の責任を果たし、肩の荷を下ろしたら、空いた時間に南米を旅行し、ペルーにあるレインボー・マウンテンに行ってみたい、そう9月6日に当ブログに書いたが、夢のまた夢になるのか。夢が後ろへ後ろへ遠のいて行く。

また活動現場に捨て猫された。そして道行く途中で現場放棄か出鱈目活動かで、腹を空かした耳先カットありの痩せた猫に遭遇。いつまで経っても猫の不幸が尽きない。捨て猫されたのは麻布町なかの路地裏現場。大人になりかけのシッポが長い黒猫。捨てられビックリ仰天の右往左往で、先住地域猫がうなり声を上げ怖気づき、落ち着く気配を見せず一触即発の殺気が5日続く。

現場がこれからどうなるのか。先々考え捨て猫をどう落ち着かせるのか。穏やかな風景に弾丸が突如ぶち込まれ、硝煙と砂ぼこりが巻き上げられ、お手上げの恰好である。捨て猫した人間は邪魔者を片づけてせいせいして、捨てられた猫と活動はこの先何年もゝそいつの罪を背負って歩くて行かなければならない。腐り切った世の中に肩を落とした。人間はもうどうしようもない。

一方、活動途中の道で8月半ばから〝あぶれ猫〟の茶トラが待ち受けるようになった。「お腹がへった」と必死で呼び止め、せがむのである。生きるに必死な猫の勘は鋭く、自分の味方だと認知する。無心に食らいつく痩せ過ぎで毛羽立つ体が哀れを誘う。不妊手術をしたのなら、最後まで世話せず、気がとがめないのだろうか。世話していた人を後で知ることとなった。ん〰〰。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN1885.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.21

バレなきゃラッキー🐈また猫が捨てられた2

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   26℃~13℃ 
  

doga_20160523184856e50.pngDSCN3394_20160524192707f2d.jpg
実際はもっとダーク 大震災前の撮影


【バレなきゃラッキー🐈また猫が捨てられた2】猫を捨てた人間は自分のとこから〝お荷物〟がいなくなって「清々して」それで終わり。でも〝捨て猫〟を目視発見した〝保護活動〟はそこからが始まり。
保護して医療手当をして里親を探すにしても、「地域猫」としてTNRをして定着させるにしても、傍から見るほど容易簡単じゃない。
まだピヨピヨ丸で逃げ足がない幼い仔猫は別として、どんなに小さくても意思を持ち始めた猫を〝ぬいぐるみ人形〟のように自在にはできず、個々の状況に応じて対応を判断しなければならない。

家のポピンのように初めから強制捕獲器を使って捕まえるケース。2年前のイプーのように人馴れさせてから素手で保護したケース。逃げ足とにらめっこで失敗に失敗を重ねた捕獲のケース。給食場所や落ちつき先を見計らった後に地域猫としてTNRするケース。
猫それぞれの成長度や周囲の環境で行く末の選択はいくつかに分かれる。
外で生存が困難な場合は選択肢は唯一つしかないが、一番困るのは捨てられてから長らく挙動不審が続いてなかなか安定してくれない猫のケースだ。
捨て猫犯が猫を野に放った瞬間、猫は自然の一部となり、天然自然を意のままにコントロールはできない。

すばしっこい赤ん坊イプーを保護するのには1か月半かかった。後に何かの毒を盛られ殺されてしまったが、東芝のジプティ―はシーバンズに捨てられ、しかし先住猫たちに受け入れられず北上し、東芝敷地の〝とある場所〟に安住するまで2か月を要した。
ジプティはそこで先住猫たち(ピノコとリリ・・・)と暗黙の和解交渉が成立したから良かったが、それだって人間がとやかく介入してどうにかできることではなく、成り行きに任せるしかないのが「捨て猫の後先」です。
溢れる来る捨て猫を全て室内保護できない以上、「地域猫の考え」に頼るしかない実際です。

正直言って、今回の捨て猫の件は・・・。腹を空かせて鳴いている子猫の姿を見た時、無造作に捨てた犯人に「死ね!」と殺意すら覚えた。
悪い事をやった人間が逃げおおせ、保護する側の活動が衆目環視から叩かれる。
倫理観の劣化した社会は、戦争の後処理と同じように、後々で大きな対価を支払うことになるが、捨て猫問題については今、私たちが心身切り刻んで現状対処の対価を払っている。本当にアベコベだ。
捨て猫を風物詩的なタダの「よくある風景」にしか見てない一般大衆の感覚、その世論の不感症が「捨て猫」という暴力を無言に後押ししている気さえする。

捨てられて2日目の子猫はビービー鳴いていた。そっと近づきフードをさし出し、子猫はしばらくの間食べていたが、先住猫が割り込んでビックリして逃げてしまった。
子猫が現場の環境にどれくらいで慣れるのか。先住猫たちは受け入れてくれるか。はたまた別のポイントに移動するのか。不良エサやりのお情けにすがるのか。その前に捕まえることができるのか。
たかが一匹の猫でも活動や保護の射程内に組み入れるのは、1+1=2の数式通りに進んでくれないどうにもならない難しさがある。もどかしさがある。
不良エサやりに間に割り込まれたら一巻の終わり。そうしてジプティは毒を盛られて死んだ。


2011625aj.jpg
ジプティ



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.20

バレなきゃラッキー🐈また猫が捨てられた

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   21℃~14℃ 
  

doga_20160523184856e50.pngDSCN4306.jpg
倫理の対価はいつも こっちが払わされる えっ!?!


【バレなきゃラッキー🐈また猫が捨てられた】終電の時刻。人の引き潮。東京/港区の街々はそれを合図にガランと一気に静かになる。道を阻むのは大通りの赤信号と時折の警官からの職務質問。ガラガラの一人天国をのんびり走る。
そしてこの日もお馴染みの職質でとおせんぼ。「ペットボトルの2本の水は〝猫よけ〟のためですか?」とお馬鹿質問をされ脱力した。名刺を渡して「地域猫ボラ活動について」の簡単な説明をしているのに・・・。気持ち〝カックーン〟とズッコケた。
警官も制服を脱げばタダの人、「実は深刻な猫問題」などからっきしド素人、サラッと平たく一般人と何ら変らない。「外猫のボラ活動をしているのに〝猫よけ〟持ち運んでどうする?」と思いながら、しかしそれは言わず胸に秘め「捨て猫する犯人をひっ捕まえて死刑にして下さいよ」と軽口のやり取りをしてその場を後にした。

終電の後は風と樹と空だけの街。夜明けまでのフリーゾーンのオアシス。

いつものコースといつもの手順、そしてお馴染みの猫たちの顔ぶれ。気候が良くなってからある猫(一番下の小窓)は、ここところ大きなおなかを天に向けゴロリ寝そべって待っている。
その恰好が時間がビロ~ンと間延びしたようでつい笑う。
そして猫みんなを誘って決まりの場所へ。さもない話をしながら配食し始めると、どこからか細く小さな鳴き声が聞こえて来た。
姿を見なくても経験で鳴き声が〝子猫のもの〟だと直ぐにと分かった。またか。また捨て猫された。声が甲高くだんだん大きくなって行った。

声する方に近づいて行くと・・・。真っ暗がりの中でピーピー鳴く子猫のシルエットは、家に今いる生後推定9か月のポピンの半分に満たない大きさだった。近づくとサッと逃げ、少し遠ざかると木影に戻って、また大声で鳴き出す。暗闇過ぎて良く確認できなかったが、キジ猫のように見えた。相当おなかが空いているようだった。
フードをさし出し見守ったが食べるや否やサッと逃げ消え去った。
同じ現場に5月初めに捨て猫一匹、今度は一回り小さな子猫がまた捨てられた。ったく。

バレなきゃ「ラッキー!」という人目を盗むさもしい根性がいまいましかった。〝ったく〟さもしい。実にさもしい。そこに捨てたら「見咎められず大丈夫!」という下見か経験の勝算ありでした算段だろう。計算づくでやったのだ。
警備員はどこに目をつけている??? 何のための警備??? 
監視カメラをあっちこっちに張り巡らせ、有給でやっている〝プロ〟なのにだ。
所詮、警備会社も先の警官たちと同じで頭の中身は一般人。捨て猫に注力する神経など持ち合わせていないか!!! あ~



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
03.18

大悲願のTNR🐈悪戦苦闘で達成

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    21℃~8℃    


無題160315_1943~01
強く生きてね いずれ 後日の姿を


【大悲願のTNR🐈悪戦苦闘で達成】去年秋に活動の<動線途中>で3世代3匹の女系ネコ家族に出くわしました。幼猫とその母猫とその母猫の母の3匹ファミリー、内一番年上のボス格は耳先カットがしてあったけれど、残り2匹は自然児のままでした。
幼猫がまだTNRするまでに成長していなかったので、その間に事情調べをして時を待つことにしました。
世話している人がTNRの意思を持っているのか。猫たちが不良エサやりに翻弄されていないのか。結果は全てジョーカーと出ました。地域猫の考えを全く分かっていませんでした。
そして、新しい考えを理解するには余りにも年をとり過ぎていました。

事情調べは先ず不良エサやりをしている人を見つけ出し、地べたにエサを撒くのを止めてもらう目的で網を張り、そこを日々の給食活動の一環に組み入れました。
不良エサやりを野放しにしていると、TNRの足かせになって行くし、不良エサやりが不良エサやりを呼ぶからです。そうこうしてやっとのことで不良エサやりをあぶり出し、イタチごっこの末に退散してもらったのです。一歩ゝの下仕事です。

他人のテリトリーだからと見逃していると、いずれ次から次へ子猫が生まれたら、TNRを重ね折角落ち着き始めた一帯がまた元の木阿弥に戻ってしまうので、不作為の人に説得を試みるよりは手っ取り早い<引き受け>を選びました。
その間、予期せぬ色んなことが起こりました。増々の多忙な中、猫たちの発情期が近づき迫って来るのに焦りに焦り、しかしままならないアクシデントに次から次へ足を取られ、挙句にこれまではTNRを外注していたのだが「行き違い」による関係破たんにまで事が進み、TNRを自前でやらなければならない苦しい事情に追い込まれていました。

時間なし。ちょっとのすき間の時間も作り出せない。TNRのせいで各地の給食活動をないがしろに流すことはできないし、小さな針穴に無理スジの糸を通すようなアクロバット手法でTNRの時間スペースを作りました。
一回目は猫たちが食に満たされていたのであえなく空振りの大失敗。猫たちに強制捕獲器をからかわれ遊ばれてしまったのです。
二回目も「残念!」と空振りアウトになりかけた所に、ちょうどターゲットの猫たちと関わりがある人が通りかかり、予定日の時間を指定するので「その日は食事をさせないように」お願いしました。

そして、三度目のチャレンジで約束が叶えられ、子猫の空腹に乗じてとうとう遂に子猫が捕獲器に入ってくれました。第一ハードル成功です。子猫は7か月くらいと聞きました。瀬戸際一歩手前でした。
残る母猫はもう「大人の知恵」がついているので、捕獲器の前でデーンと座ってこっちをにらみつけるばかりでした。予定時間が迫り、燃え尽き症候群にならないように、この日はそれで切り上げました。

ですが、子猫の手術が終わりリリースする前に、何としても母猫を捕まえたいと、猫が舌なめずりするような匂いをプンプンさせ、駄目元で睡眠時間を千切りに千切って「数打ちゃー当たる、何度でも」と、子猫リリース直前に現場へ荷物もろとも急いだのでした。
お願い通りに兵糧攻めの空腹が利いたのだろうか。焼きアジ匂う〝香ばしさ〟に釣られ、母猫は待つこと10分かそこらで簡単に捕獲器に入ってくれました。手続きを取った成功でした。本当にホッと安堵のため息が出ました。これで2匹の女の子のTNRプロジェクトの完了です。

そして、二匹のリリースが済んで、給食活動に出向いた時、老夫婦に「ありがとうね」と声をかけられ、どうしてなのか妙な気持に襲われたのです。市井の老夫婦が「やらなくちゃーいけなかったんだけど、そこまでできなくてねー」とリアル現実の町の声が痛烈に耳に響いていました。
猫の見守りにTNRは絶対に不可欠です。TNRあるなしは猫たちに<天国と地獄>の境遇の差を与えます。

助成金の範囲で終わらないTNR活動。コストにして、ノミとり・ウィルス検査・虫下し・捕獲機購入・運搬・クロスや魚などの購入費等々。時間にして、あれやこれやのしわ寄せです。それを押しての猫の福祉活動、一般に街行く人は猫活動の<苦労と痛み>を知らない。 



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

角popin1

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
01.11

また捨て猫された

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    11℃~4℃  

2130.jpg
イメージ: 港区のM家は捨て猫を助け続け


品川区豊町のIMさん


変わらぬ ご支援を 力にします ありがとう

 

【また捨て猫された】ん~。実に憂うつになる。これではいつまで経っても終わらない。活動現場にまた猫が捨てられたのだ。ひょっこり顔を出したのは初めて見るキジ猫、不思議なのは出会いがしらなのに逃げるでもなく臆するのでもなく、逆に悠然と見返された。捨てられた直後の猫の行動はほとんどの場合、場にビビるか人にビビるかして、目いっぱいの「恐怖と不安」を表わすものだが、すんなりゆったり自然にしていた。
しかも、二匹の先住猫にテリトリー優先権の威嚇一つさえされずに並んでちんまり佇んでいた。通常ならあり得ない光景だった。何故?

そこは東芝本社ビルの敷地。四方が鉄道と運河と高速道路と幹線道路に囲まれた陸の孤島で、猫がちょっと散歩に来て友だち猫と遊んで帰るなど、どう考えてもあり得ないロケーション。
先住の白黒猫と諍いないスムーズな関係を見ると、かつて同じ場所で同じ釜のメシを食った間柄なのか、その白黒猫を「湾岸から私が連れて来た・・・」と去年の秋口に初老ババアから告白されたことがあった。そこから推測すれば、新顔もやはりババアが手に余し廃棄処分に捨てに来たのだろうか。もしそうなら本当に腹が立つ。
新顔の場慣れ👉猫馴れ👉人馴れが、度を超えて堂に入り過ぎていた。

周囲にババアの容貌と自己紹介プロフィールを説明した時、「多分その人、港区の『まち猫会議』に参加している人かも・・・」と聞かされていたから、「ある時は善良な猫おばさん、ある時は猫を闇夜に隠れて捨てに来る鬼ババア」の姿をとっさに連想させられた。自分の都合で猫をあっちこっちに移動配布することなど、だからお茶の子さいさいにできちゃう、何の罪意識すらなくやってのけられる年季の入ったプロなのかもしれない。もしそうなら本当に許せない。

近隣の友人は「昭和の感覚でやっているのよ。罪の意識なんて勿論なくて、むしろ良いことをしているつもりでいるのよ、きっとね」と眉をつり上げた。
前石器時代を生きた者と石器時代を生きる者のギャップ、前地域猫時代に慣れた者と地域猫時代を押し進める者の心とカルチャーの深いギャップ、これを一体どうすればいいのか。
捨て猫問題、保護活動には千の針で刺されるような痛い風が闇世をぬって吹き付けて来る。共通の〝倫理観〟を共有し合えないところに「捨猫闇世」の隠れ家がある。言われなければ分からないなら、本気で「死んじまえ」と思う今日この頃。エンドレスの捨て猫社会に頭を抱え込んでいる。



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2015
11.30

赤ん坊ノート

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    14℃~7℃   


DSCN1434.jpg
ケージの外は大緊張


目黒区目黒のMNさん


ずーっと変わらない ご支援に 大変感謝しています



【赤ん坊ノート】すったもんだの「大捕り物」の挙句、赤ん坊猫がやって来てから早2週間。いちろう君やクーちゃんの事情があり、ビルの谷間で捕まえたドタバタ劇を伝えることは出来ないでいましたが、赤ん坊子猫はすくすく成長しています。
捨てられて間もない救出だったせいか、ごらんの通りに鼻ぐじゅぐじゅとか目ヤニいっぱいとか際立ったやつれはありません。その後は食欲もりもりで丸くなったポンポンお腹を天に向けて、赤ん坊らしさ「丸出し」にしてはしゃいでいます。
獣医師によると、生後5~6か月。顔の幅を目の位置で測ったら5.5センチ。栄養満点でだんだんコロコロして来ました。

幼名はポピンくん。男の子。捕まえた時、ポポフくん(今年5月天国へ)の赤ん坊時代似でそう名付けました。ポピンの初めの暮らしぶりはクーちゃんとは正反対。終始「外に出せ」とメ―メ―鳴き叫んでいたクーちゃんとは裏腹、ポピンは陽気ではあるのにケージの外に出すとまるでケージの巣箱に磁石でも付いているかのように「シュワ―っ」と一目散に巣箱めがけ駆け戻ってしまいます。
捨てられる前にどんな飼い方をされていたのか、それとはなしに思い浮かぶようです。捨てた人は、子猫を飼うことの何に耐えられなかったのか、そして持て余したらポイ捨てする耐性の無さ/罪悪感の無さに赤ん坊猫を抱きながら「索漠とした思い」になるのがいつもながらのことです。

ポピンは大変に子猫らしい子猫で何の問題もありません。最初は不安を訴え「ミ―ミ―」とよく鳴いていましたが、今では本当によく眠るようになりました。鳴き声は初めは不安感と「腹へった」のミ―ミ―でした。しかし、近頃の鳴き声は「遊んでよ」ミューミューに変化し、鳴き方がだんだん穏やかなトーンに様変わりしています。
たった2週間か10日前なのに思い出すのは、最初の頃はケージの前に行くたびに「シャー」と毎回威嚇されました。前の暮しで「恐い思いでもしていたのかな」とふと、そう思い当ることを節々に感じていました。

直観ですが、昔ながらの知り合いの間で「なーなー」でやり取りされる子猫の譲り渡しは駄目ですね。

「いなくなっちゃったぁー」で誤魔化せるし、「探したけど、見つからなかった、ごめんね」と嘘もつける。こうしてどれくらいの子猫が外につまはじき放り出されるのか、猫の保護活動に携わる者としてやり切れない思いです。
ポピンは千載一遇の「出会い頭の運の良さ」に恵まれたけれど、「命の責任」を引き受けられない人に出会って行政に委ねられるケースなどを考えると背筋がゾーっと凍りつきます。そうでなければ、運もなく、愛もなく、外猫になって運天「風まかせ」に生きるか死ぬか・・・。Dead or Alive!
捨て猫上等、ん〰〰何とかならんのか、この社会。人間は本当に悪い、本当に悪い生き物です。

追って、ポピンの「大捕り物ノート」を掲載する予定にしていますが、「1+1+1・・・」の記事にあるように「マルチすったもんだ」の真っ最中に包囲されていますので、ご支援を頂いている皆さんには「しばらくお待ちを」という形勢です。


                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

DSCN8189xb_20150530222222ad9.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2015
09.11

トンデモ横丁👉 新たな季節のはじまり

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  29℃~20℃ 


150810_0451~01
猫マップを作ろう


【トンデモ横丁👉 新たな季節のはじまり】東京・港区某所で不規則気ままなエサやり状態に放置されていた未管理の数多くの猫たち。問題に頭を悩ませ手をこまねいていた町の責任者と、一歩足を前に出さず不作為に甘んじていた区行政の態度と、TNRに反対する足並みがそろわない住民たち。
三者三様の言い分に地ならしと調整に手間取りましたが、やっと第一弾TNRに漕ぎつけた途端に雨・・・雨・・・雨が降りしきる日々。昨日も雨。今日も雨。明日も雨。降り止まぬ長雨が来る日も来る日も待ち構えていました。
そんなこんなで、空のご機嫌うかがいをしながら、雨の間隙をぬってトンデモ横丁の「ノラ猫を地域猫化するTNR」はスタートを切ったのでした。

当日、現場で何台もの捕獲器を設置しようと作業が開始されるやいなや、さっきまで泣いていたカラスが「今泣いたカラスがもう笑った」に急に転じ、新旧猫関係者とおぼしき人が次から次へワンサカワンサカ現れ、静けさを要する作業を困らせました。「10か所くらいエサやり現場を知っている」とか、「ウチでは特別な食べ物をやっている」とか、「強制捕獲器を今度貸して頂戴」とか、「安く手術できる病院を教えて下さい」とか、情報収集にはなるにはなったけれど、それだったら「同じ町の顔見知り同士、手をつなぎ合って、ちょっとしたティータイムを作って、今までいつでも自治能力を示せたのにね」と胸の内だけの独り言。
日本全国どこの町にでもあり得る「一手➡一足➡一知恵➡一勇気」が出せなかった人たちの光景がそこにありました。しかし、これからはこの人たちに対してネガティブにならず、第一弾TNRの成果でやる気を折角出し始めている気持を折らないで、良い方向に流れるように束ねてゆかなければ意味がないという心境に立ち返りました。

事前作業で保護した親子と第一弾TNRで成功した猫たちの数は合わせて34匹。この結果を土台に、町会長を中心にしてノラ暮らしの猫たちにかかわっている人たちの話を丹念に聞き取り、もらしが起こらないように「未手術と手術済みの猫を区別した猫マップ」を作ろうとしています。
港区の町々は人の出入りが大変に激しく、そして昼夜に企業街が勤め人を集合離散させ流動定まらない特殊条件にあるので、猫マップは書き替えの連続になるかもしれない。「地域猫の考え方」をトンデモ横丁に根付かせるには気が抜けない胆力いる闘いになりそうです。

連絡網、情報網、助け合い、啓蒙ポスターの常設、啓蒙教室etc、解決への足取りにはさまざまなアプローチが必要とされ、取りあえずコミュニケーションを切らさないように、私たち「人猫共生会議と猫の郵便」と町会と区行政(または区議会議員)で三者会議「○○町地域猫の会」を計画しているところです。
原因となる捨て猫を防止するにはどうしたら良いのか。不適切な飼い方をしている人にどう対処すべきなのか。新入り猫の早期発見猫マップ登録。住民ではない勤め人と猫の関係をどう対策したら良いのか。とにかく猫と人の無政府状態を解消する「たたき台」の場になればと考えています。

長雨の様子見の中、鉄腕ウンガさんは保護した母猫を神奈川県川崎市で〝預かり〟をして頂ける方の家へ連れて行ったり、また子猫たちを里親会に参加する条件を満たすために犬猫病院で診療を受けたり、細腕で子猫たちを里親会に連れて行ったり・・・と、一筋縄では行かないもつれた毛糸を一本ゝ解きほぐすように種々雑多な煩雑な作業に取り組んでいます。
これらの事柄も共生会議や猫の郵便にだけ荷重かかるのではなく、皆で応分に分かち合えるまで普段の市民の民度が成熟したなら近道は見えて来ると思うのだが、さて行く手に待つ未来は・・・

トンデモ横丁の子猫たちは人猫共生会議が四谷で行っている里親会に参加しています。人猫共生会議の里親会の告知は後日にあらためてしますので、港区トンデモ横丁出身の子猫たちを何卒どうかよろしくお願いします。





活動向上のため 新規サポーターを 募っています

DSCN8062c_20150810181546209.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

back-to-top