FC2ブログ
2013
11.14

段ボール・ハウスと猫の冬

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    15℃~6℃ 

GB391.jpg
                           前がグレース姫 後ろがバラタマタン

段ボール・ハウスと猫の冬】太陽の下で生きている人には感じられないかもしれませんが、夜を追うごとに寒くなって来ました。日が陰りはじめると、風はどんどん冷たくなり、時刻が深夜にさしかかる頃には、耳よぎる風、頬たたく風がヒリヒリ痛いくらいです。

普通ならば、春/夏物と冬物の衣服の入れ替えをしなければいけないところですが、毎日の地域猫活動に加えて病気の老猫のケアを抱え、時間がなく。その場しのぎの場当たりで、寒くなってゆく季節に対応しています。
・・・慌ててコンビニで軍手を手に入れたり、衣装ケースから出かけしなにマフラーを取り出してみたりと・・・、少しずつの冬への衣替え、マイナーチェンジの慌ただしさです。

家の中の猫さんたちにも例年恒例の段ボール・ハウスを作り、ホットカーペットの上に並べました。大中取り混ぜて、一つ、二つ、三つ、四つ、五つ。合わせて5個の段ボール・ハウス。一匹で独占しているハウスもあれば、3匹でひしめき合って入っているハウスもあります。段ボール・ハウスの谷間で暖をとっている子もいます。フォーメーション・チェンジは猫一家の風情です。

そして、本格的に段ボール・ハウスが有効活用されはじめたら、我が家の“冬の始まり”です。市販のペット用ハウスもありますが、我が家のハウスは毎年手作り。
我が家には猫さんが大中小とワンサカ大勢いるので、間尺に合わせ手作りした方がフィットするのです。
猫グッズやキャットフードを切り目なく大量購入しているから、段ボールの供給に事欠くことはありません。
資源は湯水のごとくやって来ます。壊れれば作り、必要になれば追加を作る。段ボールはタダだし、暖房費の節約にもなります。

段ボール・ハウスをのぞき込めば、猫さんたちの顔、頭、顔、・・・そしてお尻。

去年、口腔に悪性の腫瘍ができ、闘病していたグレース姫が、丸く切り込んだ入り口の縁に顎を乗せ、段ボール・ハウスにちんまり入っていた面影が目に浮かんで来ます。
・・・猫同士の世界は不思議なもので、英語では「an written law」と言いますが、人が交通整理をしなくても、弱った子や力のない子に道をゆずるんですよね、猫さんたち同士。昨シーズンのグレース姫を包む我が家の猫の冬景色は、そんなやさしい光景でした。


55cubdo

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



back-to-top