FC2ブログ
2015
06.04

貼り紙 突撃取材👉 外猫支援ボラは市民社会の敵なのか

Category: 地域猫活動
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   29℃~19℃ 

DSCN9406.jpg
外猫と地域猫ボラは市民の迷惑 市民の敵なのか?


【貼り紙 突撃取材👉 外猫支援ボラは市民の敵なのか】エサと水をやるな」の手書き貼り紙事件とフジテレビの突撃取材は現場が離れているので直接の関連は全くありません。貼り紙の主がテレビ局に通報し、それで取材対象にされた訳ではありません。
これは「捨て猫問題」に取り組む時間軸や時系列の中で、潜伏しては浮かび上がりしてずーっと存在し続けている活動をめぐる〝諍い〟の連綿たるチェーンです。
フジテレビの取材者いわく「・・・でもですね。市民の方々の中には野良猫へのエサやりで迷惑を受けている人もいるかもと・・・」と、会話の切り口はこれに始まり、これに終わりました。

だったら、猫ボラの私たちにどうしろと・・・

だったら、善良な市民の要求通りに「エサやり全面禁止令」を出し、外猫たちが善良な市民の目に入らない所で、一網打尽に餓死するか衰弱死するか殺処分に処され、見晴るかす外猫ゼロのクリーンな街になれば「めでたし めでたし」の万々歳、それで満足するのだろうか。
私は善良を名乗る市民たちが「猫の迷惑」を口にする際に、命へのまなざしが完璧に欠落しているのではないかと、フジテレビの取材者に伝えました。雨風に打たれ野ざらしに生きる猫たちが何故引きも切らず発生するのか、このむごい前提が善良な市民の眼差しの中から完全に脱落し見逃され見捨てられていることを指摘しました。

まち猫問題をどう思いますか」と取材を受ける一般人は、東京キー局のテレビ人になら良面の顔を示し、ダークサイドの顔は決して見せやしない。それは自販機にコインを入れ目的の現物が出て来る予定調和のようなものです。
一般人対テレビ局の関係、そこのところの主従心理をとことん分かっていないと、大衆社会に生きる人間の裏の裏を見通すのはむずかしい。
メディアは得てして「正義と悪の対立ストーリー」を演出し煽りたがるけどね。

・・・ですが」です。「猫の迷惑」を叫ぶ人たちは私たちとの対面やメールでは〝悪魔の素顔〟を隠そうとはしませんでした。8年間の活動で嫌というほど経験させられた人の心のダークサイドです。粗暴そのものでしたね。
警察を呼ぶぞ」や「保健所に通報して猫を殺すぞ」の類いは序の口。「死ね」とか「殺すぞ」とか「馬鹿」とか「畜生並みのマヌケ」とか、人格をひねりつぶされるような罵声を浴びせられるのは年中行事であり、たとえば自転車にかけていた傘の持ち逃げ&自転車前カゴにゴミを放り込まれるなどは日常茶飯事の軽い方の出来事、暴力による猫虐待事件も数々経験させられて来ました。
猫弁当や猫の水に立小便をする、猫弁当を持ち去りまき散らす、ひとつ実際にあった例を出すなら👉 普段会うたびに「がんばってね」と励ましてくれていたおばさんが或る暗闇の夜に猫弁当にブロックの重石を被せふさぎ、ドライフードに小石を混ぜ込んでいる姿を目撃した時は人間の裏表に心底絶望しました。
エピソードを語り出すと切りがないけれど、これら活動現場で直に体験したクレーマーの驚くばかりの〝冷血〟や〝口汚さ〟が、路頭に迷う外猫たちの命に一顧だにしない冷たさで「野良猫被害」を声高に叫び猫ボラと猫たちを追いつめようとする心理と重なり合うのです。

出会い頭に「猫にエサをやるな」とクレームをつける人たちに何度も「猫の命をどうお考えですか」と問うて来たけれど、いつも同じコピー機の中から出て来るかの如く「関係ねぇー」と野卑な開き直りが鼓膜を揺らすことになるのでした。旗色が悪くなると「関係ねぇー」、論理破綻すると「関係ねぇー うるせぇー とっとと死ね」、どの人も同じでした。

そりが合わない関係、永遠の乖離、それらを同じプレート(共同体)の上で成り立たせるためには、法理・論理・倫理・道理の「理(ことわり」で互いをすり合わせ妥協点を探すのが最もなのだが、これは感情を主な動力源にして成り立つ日本社会が一番苦手にしている所作です。
猫問題をめぐる答えが出ない根深い対立には、実はこうした日本人の行動特性に深いルーツがあると感じていることをフジテレビ取材者に話しました。
ほどけない感情対立、ほどけない結び目、一度固まった感情は二度と氷解はしない気質、さぁーどうしましょうか、このプレートの上で次にステージに持ってゆくためには・・・。
善良な市民が深い眠りの中にいる草木も眠る丑三つ時、暗い夜風に吹かれ、地域猫ボラとフジテレビと、そして都会のすり鉢の底でひっそり息を潜め生きる猫たちの小さな息づかい・・・    ・・・つづく



活動向上のため 新規サポーターを 募っています


DSCN8189xb_20150530222222ad9.jpg


おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



back-to-top