FC2ブログ
2015
06.29

地域猫は市民の敵か👉 何が市民だ 住民の迷惑だ2

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   26℃~18℃ 

DSCN6398x.jpg
地域猫が市民の敵だというなら 「出るとこに出て話し合いましょう」 と言っても誰も出て来ない


猫は好き好んで 外暮らし してるんじゃない


【何が市民だ 住民の迷惑だ 地域猫は市民の敵か】クレームはいつも不意打ち。闇討ち。突然にやって来る。役所の貼り紙さえ連絡先を知っているのに事前に何も知らせて来ない。夜更けの唐突なクレームには必ず電話番号を記した名刺を渡しているのだが、後日に〝延長戦再試合〟の連絡をもらったことは誰からも一度もない。
道端でいつまでも延々と堂々巡りの話していても埒があかないから「役所を交えて公の場で話し合いませんか」と持ちかけても受け入れられた例(ためし)は全くない。あくまでも「架空の市民」という見せかけの虚像を後ろ盾に「自分は善、猫にエサをやるお前は悪」と一方通行の論法で押し切ろうとする。

市民 住民➽ 市民 住民➽ 市民住民の「迷惑を考えろ」と責め立てられる。

フジテレビ突撃取材班も開口一番にこう言った。「・・・何をされているんですか。市民の方々の中には野良猫へのエサやりで迷惑を受けている人もいるかもと・・・」と。「うーぅ あーぁ」と、私は夜更けにそびえる摩天楼ビルを仰ぎ見、相手を多少のインテリと見定めこう切り返した。「市民って何ですか。誰ですか。5Wを示して下さい。『迷惑している』と言うのが市民ならば、片や猫が外で暮らさざるを得ない元凶を作っているのも同じ『市民』です。
一方の市民の情緒的気分だけを取り上げ、どうして捨て猫や動物虐待をするダークサイドの『市民の悪』には無頓着にほったらかしにしてサーチライトを照らさないのですか。捨て猫の悲しい現状がなければ、私はこんなことに首を突っ込み、時間と体力とお金を割()いたりしませんでした。誰もやらないから見かねてしているのです。
捨てられた猫たちは全部が全部『所詮 猫だから』見えないところで飢え死にしてくれればそれでいいんですか。
それが文化国家の考え方なんですか。自分の知らない所で知らない内に『死んでくれれば・・・』と願うのが市民の良識だとしたなら、もう健全とは言えない精神ですよね。少なくても私の感覚は、そんな具合です、それでこうして活動しています。それとも、私の感覚がもしかして異常なのでしょうか。
見て下さい。この巨大企業(至近で夜空にそびえる東芝ビルを指さし)、大企業が麓(ふもと)の問題に自治能力がないから、私たちが買って出てやらざるを得なかったのです。8年前に55頭を超えていた猫たちは私たちの不妊去勢プロジェクトや引き取りの濾過を経て、今は10数頭を数えるばかりになりました。
殺処分や病気・事故を期待する解決ではなく『命をまっとうさせる』解決への道のりです。ビル管理会社にも役所にも〝承諾〟を取り付けています。これのどこが迷惑と言うのでしょうか。
ほら、見渡してよ~く見て下さい。夜になればゴーストタウンと化けるこの環境のどこに市民がいますか。通いで来るコミュータ・サラリーマンが猫でどんな迷惑を受けていると言うんですか。私たちが現れるまで、10年以上誰も手を差し伸べず、猫たちの不幸が繰り越し繰り返されて来た場所です。無視、黙殺、無関心が大方の市民の意識でした。
誰がこの問題と真剣に取り組み「猫たちの悲劇」を減らして来たのか、本当によくよく考え直して下さい。
それは、文句だけ一丁前で何もしようとしないキャンディ待ちの怠惰な『市民』ではなく、地域猫活動の功績です
」と怯みませんでした。

市民 市民 市民 市民の迷惑。「ところで、この国に自分たち市民社会の問題を自分たちで解決する〝自立〟した市民などどこにいるんですかね。思い巡らせてください。本当に『どこに市民がいるのか。どこに市民の意見があるのか』、何もしないで文句だけ言いっぱなしでしょ。都議会議員選挙の投票率は30%ですよね。こんな市民風土でどうして『自称市民の良識』に全面的な肩を持とうとするのか。地域猫活動は環境省も認めていることですよ」とフジテレビ取材者に畳みかけました。
自立した市民であるならば、政治行政の「何か」をきちんと分かっているはず。
つまり、民主主義の政治行政とは、一方が一方の言い分を一方的に強制し押し通すというあり方では決してないはず。
政治(まつりごと)とは、結局はすり合わせ、互いに歩み寄る、そうですよね。
共に問題に立ち向かう「共生」なくしては民主主義も社会もありはしない。
自立と共生は相関し合う一体のもの。すり合わせがなく、共生の心がない〝自称市民〟の意見を「天からの決済」と決め込むのは余りにも一方的過ぎ。
ちっちゃな爪先に明かりを灯し生きる猫たちの命に、捨てられて路頭に迷わせた挙句に「市民感情」という更なる無慈悲と理不尽のギロチンの斧を降り下ろそうとするのか。どうしようもなく愛がなさ過ぎる茫漠とした市民社会なのだ。
善良な市民って本当に一体全体どこの誰よ。




活動向上のため 新規サポーターを 募っています


DSCN0810.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



back-to-top