FC2ブログ
2015
12.05

サクラちゃん千葉の高台へトライアル👉 家庭訪問同行

Category: 譲渡&里親会
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    16℃~4℃   


m sakura3
新しい名前は家族みんなで「ゆっくり考える」と・・・もう幾つ眠ると


アテニャン 自力で 水分補給
 

【サクラちゃん千葉の高台へトライアル👉 家庭訪問同行】サクラちゃんの里親先トライアルがやっと決まり、一緒に千葉の高台に建つ一戸建ての家庭に行って来ました。ティーンの女の子が2人の4人家族で、猫をもらってもらうには理想的な家庭、特に下の12才の子は「まだか、まだなの?」と首を長く伸ばして待っていたそうです。
到着したサクラちゃんは家族4人全員の熱い視線を一身に浴び、環境変化への心配をよそに動じる素振りはあまり見せず、何故か上手く行くような気持に直観的にさせられました。
家族が猫を飼うのは初めてではなく、12才の下の子は先代の猫と共に育ち、時に叱られて落ち込んでいる時は、猫が励ましの仕草をして寄り添ってくれたりして、子供の頃から猫を本当のお姉さんだと思い「乗り越えた」話をうかがいました。猫に「人と同じ格」を与える家庭の価値観、だから言葉を弄しなくて「大丈夫」と思えました。

当のサクラちゃんの方は「初めて猫ひとりになる」ので、不安を訴える夜鳴きを不安視していましたが、案じるほどではないという報告が届いています。
少し風邪ひきの軽い後遺症が残り、目ヤニで目元が汚れているのは、犬猫病院で完全に治癒すると聞いています。とりあえず、サクラちゃんがかかっていたお医者さんに処方して頂いた「抗生剤入り目薬」を念のために郵送しました。
そして二日三日と経ち、サクラちゃんは「無駄鳴き」しない方向に落ち着いて行っているらしいです。
サクラちゃんとNさん一家はきっと相性がピタッとベストマッチしたのでしょう。もうこれ以上望めない家庭に出会えたと言えるのかもしれません。

トライアル期間は一週間を設定していますが、サクラちゃんが返されるようなことは「恐らくきっと絶対に起きない」と、冒頭に書いた通り初めから第六感のようなインスピレーションがありました。たぶん土曜日を待つまでもなくサクラちゃんは、もうすんなりN家のど真ん中にランディングしているのでしょう。イタズラまで始めたそうです。
サクラちゃんを迎えたN家一家が「楽しいクリスマスとお正月」に温かく包まれることを祈っています。トライアル期間明けの「応え待ち」にドキドキはしていますが・・・。



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

DSCN1174a_201510010743301b4.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



back-to-top