FC2ブログ
2015
12.09

木枯らしSX氏が教えた犯人

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    11℃~3℃ 


winter_20151213155932668.jpg
7~8年前


名前住所非通知のXさん


風より来て やけどの子へのご寄付 感謝です



【木枯らしSX氏が教えた犯人】地域猫活動を始めて1年過ぎた頃から執拗に活動現場が暴力的な妨害を受けていた。めちゃくちゃにされては現場を立て直し、めちゃくちゃにされては気持を立て直し、暴力妨害は3年間続いた。
それは現場破壊に限らず、時に行政を使い、時に他の猫ボラを使い、或いは偽メールを送り付け、ありとあらゆる手法でアタックして来た。

執拗に繰り返す犯行マインドや目的、そしてそれらがどの方角方面から来るのかを薄々は分かっていた。しかし、薄々が薄々で犯人が特定できなかったから、「なす術なし」でやられ放題だった。
現場荒らしは、あえて雪降る寒い日が選ばれたり、大震災直後で騒がしい世間の喧騒の時を狙ったり、「ざまーみろ」とあざ笑うかのように次から次へ行われた。
犯人グループは私たちの活動現場を事細か的確に知っていた。それが理由で、闇の向こう側で「誰が糸を引いているのか」状況証拠的に感じるものはあった。しかし、現行犯の現場に出くわすような確たる証拠はなく、現場復旧と心の復旧でひたすら「非暴力の精神」で耐え抜くしかなかった。

数年前にモザイク状に舞い上がった過去現実は、謎のままに胡散霧散し完全犯罪として完全に空中迷路に逃れ消え入ったと思っていた。
妨害が始まったのは2008年、あれから7年の星霜が降り積もる。時の化石が降り積もった分だけ足跡は遠のく。
時が漂泊する波間にすっかりあきらめの気持でいた。
ところが、木枯らし吹く12月のとある時、後ろからポンポンと肩を叩く者がいた。
風に運ばれ、風から来た、風よりの者が、空中に舞い上がっていた破片を地上に降ろし👉 ジグソーパズルを完成させるように「誰が犯人なのか」教えてくれたのです。

時間とは不思議なもの。散り散りに舞い上がった過去現実の破片が、風の者に運ばれ、粉雪になって降って来た。

犯人は完全犯罪で逃げおおせたつもりで、今頃「したり顔」をしているかもしれない。だが、見ている者は見ているのです。見ていた者がいたのです。木枯らしSX氏「風の者」が見ていた。
罪は病となって心に巣食い虫食む習性がある。だから、いずれ良い生き方は身に付かない。そして良い死に方は決してしないだろう。きっと。
隠れて怨みを晴らす、なんて暗い心の持ち主なのだ。

夜風逆巻くある日、肩をポンポンポンと叩く者がいた。疑いのモヤモヤが晴れ渡り、「やっぱり」と胸のつかれ下りた木枯らしSX氏の証言だった。



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

horn_1.jpg


おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



back-to-top