FC2ブログ
2016
01.02

2016年1月1日初日の出👉 同じ空に月を抱いて

Category: 写真メモ
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    12℃~4℃   


DSCN1500c.jpg
2016年1月1日午前7時02分 初日の出を出迎えた 居残りの月



【2016年1月1日初日の出👉 同じ空に月を抱いて】新年1月1日から2日へかけての地域猫活動は、芋洗坂から湾岸までの行き帰りに人っ子一人の姿も見なかった。全くのゼロ。
まばらに車が通り過ぎる大通りは、だから普段と違って奥の奥の信号まで見晴らせた。
ひんやり静かな「ゼロ空間」だった。
新しい年を迎えたというよりは「ゼロ」にリセットされたイメージが浮かんだ。気持良かった。
そう、何もかもが洗い流されゼロになる。そして、またゼロから始まる。ゼロから始める。変な貫禄を身につけず、おごらず、高ぶらず、ゼロから初めてゼロに還る。視界に広がる「ゼロ風景」が目の中に還流し、新しくなった年を「ゼロになったんだ」とそんな風に新たに思い直した。

去年暮れのシールズのクリスマス・メッセージにこうあった。「・・・種をまこうと思う、いつだって、たったひとりで・・・」と。その言葉の意味を動きを止めた街々で一人きりで噛みしめていた。
へなちょこでも、へたれでも、身寄りのない猫たちがひっそりとした佇まいで疑わず待っていた。それが全てだった。
無言(ゼロ)の静けさが真に迫って孤立無援/孤独のリアルを教えていた。
善良な市民の祭り事から遠く遥か隔てられて、「また振り出しのゼロから始まる」と痛い向かい風が鏡返しに冷たく照り返すのを感じていた。失敗しては何度もやり直した。ぺちゃんこに踏みつぶされては何度もやり直した。
今度は自分から意識してゼロに戻るのも悪くない。



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



back-to-top