FC2ブログ
2016
01.30

子猫ポピンを「もらいたい」と名乗り出👉 決まるかどうか

Category: 譲渡&里親会
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。     5℃~2℃       


DSCN1458.jpg
ポピン選手


練馬区のSHさん


心が伝わって来ます 増額ご寄付に 感謝しています


メールの文章が 物凄く上手くなっているのに 感心します



【子猫ポピンを「もらいたい」と名乗り出👉 決まるかどうか】突然やって来た〝腰痛〟で右足の大腿にまで激痛が時折走る。5分間スタンディングしているのが息つまる状態なので、写真は撮れずポピンの最新フォトは載せられないけれど、今のポピンは赤ん坊から脱してしっかり〝子ネコ猫〟になり日々ヤンチャしている。もう堂が入った完全な〝家猫子ネコ〟です。
里親会で3回ふられ「人気ないな~」と、もしも誰も手を上げてくれなかったら「一緒に暮らして行くか」と、何故か心境はのんびりしたものである。
ポピンは先輩猫を真似て何か言いたいことがある時は、来て膝をポンポン叩くようになり、寝る時はいつも一緒の毛布でお腹を天井に向け安心しきって眠っている。

2月14日に里親会参加予定があるにはあるが、もらってもらいたい一心で盲目にならないよう決して無理はしない。ここで暮らしているように暴力がなくネグレクトがなく「極普通の平凡な家猫」としての生涯を安心して送って欲しいとただ願っている。望みが叶わなければポピンが私の苗字を一生名乗って生きて行くのもしょうがない。
出かける時は先輩猫と混じって玄関まで見送ってくれ、帰った時も出迎えてくれる。大変に利発な子猫である。そんな子を不幸にはさせられない。
そんな気持が胸に宿り始めた途端、里親サイトを見た人から「ポピンをもらいたい」とメールで思わぬ連絡が入った。

譲渡条件に適合するかどうかは、これからの判断になるが、万一の場合は「家に残っていい」という余白ある緩い気持で、ネゴシエーションと家庭訪問のステップを踏んで行くつもりです。もしポピンと別れる段になったら「つらくなるかな」と今から目が潤んでいる。ポピンはそれくらい〝いい子〟です。猫は形や見てくれではなく、人と猫の関係が最も大切。



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

角d

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



back-to-top