2016
05.31

つまらないトイレの話

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   25℃~16℃   


リエルDSCN1742
トイレの砂掻きキング 際限なく砂の魔王の如く


練馬区のSHさん


世に雨風荒れる時 貴女がずっと支えでした 唯々感謝一番です



【つまらないトイレの話】現在の我が猫屋敷のトイレ事情は、ヒノキやオカラの砂を使う旧式タイプとユニ・チャーム/システム・トイレの二通りを採用しています。本当は全部をシステム・トイレに切り替えたいのですが、10才を超える猫たちの〝使い慣れ〟に配慮して旧式を温存しています。完全にシステム・トイレに移行するには時間をしばらく要しそうです。

しかし今改めてふり返ってみると、全部が全部「旧式の時代」は、清潔に保つために気づかいと作業が本当に大変でした。腰痛で苦しんでいる時などは、低い姿勢がシンドクもうトイレ掃除の何と気が重かったことか。
そして〝トイレに流せる便利な猫砂〟で不注意で幾度となく便器を詰まらせたものです。・・・トイレの苦闘史です。

旧式は使用済みの砂を水洗トイレに流せる簡便さがあって「その場決済できて」それはそれで良かったけれど、忙しさで注意を怠ると水洗トイレが正直に「つまり返答」を返して来ます。オカラの砂は〝固まる力〟が超強力で、大きい塊でそのまま流してしまうと便器を詰まらせてしまうのです。

そうなると、さぁー大変だ、どうしよう、そこで「バキューム登場」になるのだが・・・。気持ぐしゃり。作業自体は圧力をかけるだけで至って簡単なのだが、しかし便器の水が飛び散ってトイレ全体の吹き掃除をしなければならないはめになります。あれは消して気持いい作業ではありません。

そんな目に遭うのは出来るだけ避けたい。そういう目に遭わないためには、とにかく猫トイレの掃除の時、ビニール袋に🙀スコップで一塊をビニール袋に移す時、🙀スコップで固まりを丹念に切り崩し解くのを忘れないことです。
特にオカラの砂は固まるパワーが超絶大で注意がとりわけ必要です。

それなら「もうオカラの砂なんて使わなければいいじゃん!」という声が聞こえてくるようですが、そう一直線にいかないのが世の常、猫の世界です。オカラの砂のにはオカラの砂にしかない良さがあるのです。それはオカラの砂がトイレを安定させる重量感です。紙砂やヒノキは到底太刀打ちできません。

ヒノキの砂は軽くて、固まっても塊が解けやすく、水洗トイレ向きですが、脳機能障碍の「リエルのトイレ」には不向きです。リエルは大柄で体重が重く、砂を激しく掻きむしるので、軽量のヒノキ砂でトイレを何度ひっくり返されたことか。留守中にトイレがひっくり返ったら、一面に汚れた砂のケージではリエルが可哀そうです。

トイレに流せる便利な砂、ヒノキとオカラと紙製など色々ですがが、それぞれに一長一短あります。猫のキャラクターに合わせ、温度上昇と下降に合わせ、時折々ライフスタイルに合わせ、「あーでもないこーでもない」と使い分けや試しに苦慮を重ねた「猫と人のトイレ事情」の小歴史です。つまり詰まりの「とどのつまりの体感史」です。

もうすぐリエルは広く大きな三段ケージに引っ越しますが、引っ越しと同時にシステム・トイレに慣れてくれたら大いなる福音です。新しいトイレを「トイレ」と認知できるか。大げさに感じるかもしれませんが、もしそうなってくれれば〝トイレの神さま〟が天からキラキラ星降り下りる降臨になります。

何しろリエルはこれまでずっと、トイレ交換でドアを開けるたびに、ケージの隅っこにしがみついて脅えます。トイレ掃除がサッと簡単なシステム・トイレなら、短い時間で作業が済ませられ、リエルにも人にも楽チンで負担軽減です。
どんな治療法もない、どんな良薬もない、リエルの病気です。少しでも苦がない環境を作ってやるのが、せめてもの傍にいる人間の務めだと思っています。リエルに「トイレの神さまの大きなご加護を!」と祈るばかりです。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

white angel

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2016
05.30

猫ボラの弱みに付け込む肩書名乗る市民やくざ

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  21℃~15℃  


12-11-10_003.jpg
猫も人も傷だらけ


横浜市のIMさん


メールの文章 あまりの向上に ビックリです


数々の真心に 心から 感謝します



【猫ボラの弱みに付け込む市民やくざ】いつもの買物の行き帰りの道。そこで時たま小道を歩く猫の姿を見かけていました。TNRは行われているのかな。食べ物は足りているのかな。適正管理されているのかな。そんな心配が心の片隅にありました。だけど、道行くどの猫も健康そうにゆったりして見えていたので「大丈夫だろう」と手出しはしないでいました。
そうして或る夜の買物の小道、偶然に商店街の脇道へ入る片隅で、猫に〝ごはん〟を上げている人を見かけました。

黙って通り過ぎることも出来ましたが、外暮らしの猫を案じる気持は同じと、思い切って声をかけてみました。すると彼女はそこで15年以上前から「町猫の世話をしている」という話でした。初めの頃は30匹以上いたそうです。
15年過ぎて世話する猫が今ではやっと12匹になったけれど、これまで「周囲の嫌がらせやクレーマーの圧力に苦労が絶えなかった」と、しみじみ語り始めました。
世話していた人にはどんどん逃げられ、受け持ち場所を増やされ、世話する猫を増やされ、同じような体験談が身につまされました。外猫が包囲されている無理解な環境、どこもここも本当に同じです。

15年〜20年の長い道。ここまで来るのに突然トンデモない人間に乱入され、裁判沙汰にまでつるし上げられることもあったそうです。何でも住んでいるマンションの管理組合理事長から、いきなり「敷地でエサをやるな!」と提訴されたのです。だから給餌場所を敷地外へ移動したけれど、理事長は告訴を取り下げず、165万円の損害賠償を支払うように言い張り続けたとのことです。
管理組合の〝〟の職権の威勢で、「迷惑している」と同意署名を求められた住民たちは、ほとんどが逆らえず同意書にスンナリ応じサインしたそうです。本当に「あの頃はきびしかった」と唇を噛みしめていました。

しかし・・・。住民の中の唯一人の人が「猫二匹で何を騒いでいるの!?!」と、理事長の告訴と署名運動を支持しませんでした。彼女は理事長の極端な行動に不審を感じ、弁護士を付けて対抗してくれたのです。勇気ある彼女が不審に思ったのは、損害賠償の165万円の根拠でした。
猫二匹で何故165万円なの? 不審に駆られ、彼女は弁護士と一緒にマンション管理費の流れを調べました。
すると程なく、お金の流れに不正があるのを見つけました。不審に消えたお金があったのです。それは管理組合長が管理費を私的に流用していた明らかな証拠でした。さっそく理事長を問い質すと、流用した穴埋めに猫のエサやりをカモにして、民事裁判を起こしたことが判明したのです。
悪事が発覚しバツが悪くなった理事長は自宅をすぐさま売却し、雇った弁護士に65万の費用を払うやいなや、スタコラサッサいつの間にか引っ越して行ったそうです。そして裁判は立ち消えました。

165万円という中途半端な金額、65万円が弁護士費用で、残り100万円を懐に入れる目論見だったことが分かります。本当にせこすぎる小悪党です。そして理事長の悪行はその後に次々に発覚しました。
理事長はペット不可マンションを良いことに、秘密で犬猫を飼っている住民をあぶり出し探し出し、金品を要求する脅迫をしていました。
訴えるぞ!」と都度に損害賠償100万円を請求し、中には半額の50万円を支払った住民もいたそうです。
人の弱みに付け込んで、金品をせびり取ろうという浅ましさ、しかし「さもしい悪行」は一人の勇気ある女性の気づきで遂に破たんの時を迎えました。
一市民が「捨て猫問題を何とかしよう」と、哀れな猫に食べ物を与え、TNRで猫を増やさないように行動していた、その思いとそのキャラクターを弱点と見定め、「金をせしめよう」と攻撃を仕掛ける〝市民の皮〟を被った〝ひったくりヤクザ〟です。「あなたのしていることは公序良俗を破る犯罪だ」と、足元に揺さぶりをかけ金を奪い取ろうとする手口はまるでオレオレ詐欺そのものです。正式な「管理組合理事長」だったから手に負えなかったそうです。

地域猫活動は環境省が推奨する合法的な社会活動であり、適正管理していれば怖気づく必要などないのですが、しかし大げさに攻撃されればされるほど、追い込まれるのが一方の人間性の脆さです。
マンション管理組合を私情支配し不正が発覚し遁走した理事長ですが、彼が消えてそれまでツンケンしていた住民たちの愛想が急に良くなったという話ですが、悪徳理事長の圧に押されて困っている人を更に追い込む署名活動に加担した「その他大勢」の事なかれ主義の処世術とは一体何なのか。良くある話だけれど、人の世の悲しさです。
だから、たった一人動じず、感情の言い合いではなく、すぐさま損害賠償という金品要求に転じた謎に焦点を絞り追及した「勇気ある女性」の理路整然とした行動がひと際輝きます。

外の猫を守って15年〜20年の遠く長く曲がりくねった道。その女性はもうすっかり年老いて体が弱り、毎日の猫のエサやりがやっととのこと。
・・・その夜、最初に話しかけた時、彼女は大変にビックリして「いっ・いっ・いっ・いっ・いけないですか!」と拒否反応を起こしました。多分これまでに管理組合理事長や周囲から受けたトラウマが残っているのでしょう。
私たちの活動現場の事情もそうですが、現場で猫活動をしている人には怪しい者ではないことを伝えるために、「話しかけ方を考えなければいけない」と自分の身に置き換えて反省したのでした。地域猫活動をする人は皆それぞれに深い傷を受けています。
                                             (鉄腕ウンガ談)



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN1690.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.29

東京タワーが見下ろした人の心と街の歩みの表裏

Category: 社会批評
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   28℃~16℃     


ChBuWnyUYAEKlf1.jpg
56年前 表通り この辺り


【東京タワーが見下ろした人の心と街の歩みの表裏】今でこそ近代的で綺麗なビルが立ち並ぶ六本木や麻布十番や三田の街並み。高速道路が縦横に走り、六本木ヒルズや高層ビルがそびえ立ち、視覚の中の街はどんどん近代化している。街行く人もスマホ片手にあやつり軽快に生きる。

しかし目に見える現象の〝近代〟と同じように人の心も近代化の歩みを一緒にして来たのだろうか。

冒頭写真はウィキペディアで調べると1960年の前の頃です。この辺りは戦後の復興から立ち遅れ、ちょっと裏に回れば荒地と畑と粗末な平屋の建物だらけだったという。今でも三田や白金の細い裏通りを散策すると、タイムスリップしたような古色蒼然とした一角に出くわし、日本の昔は「こうだったんだ」と化石の建物に息を飲むけど、金と物の幸福から取り残されたアンモナイトな街並みがこの国のスタートラインを教えている。

今から50年〜60年前の古き世界、ここに私の友人ボラをイジメ抜いている現在89歳と90歳の2人も恐らくいたのだろう。当時の年の頃は30歳後半から40歳頃ですか。
一方、ハンガリー人の友人に「~サッサと猫なんか捨てて来い。日本では昔から猫は川に捨てたものだ!」と毒づいた管理人は、この頃はきっと30歳をちょっと出た頃です。街が綺麗に整えられ近代化する中で、この時代に彼らそれぞれの胸にあった「動物に対する考え方」は、微動だにすることなく保守され生き続けたことになります。

麻布十番裏通りで上階から水をぶっかけたり罵声を張り上げののしったりして、「俺は戦時中は満州で上級憲兵で鳴らしてシナ人たちを震えあがらせたんだぞ!」と凄んだ超モンスタークレーマーの老人もやはり同じ世代か、ちょっと上の年の頃です。
無作為抽出でこうなのだから、この時代にこの世代に「犬猫なんて虫けら」という精神は何てことなしに広く平たく共有されていたのでしょう。
恐らくこの時代は「犬猫の殺処分」は、こん棒で殴り殺す方法で行われていました。
殺処分の方法は「こん棒から二酸化炭素」へ近代化こそされはしたが、公共による殺処分=強制死の意思に全然変わりはなく、進化しない「人の心」に愕然とし今更ながらけつまずくのです。近代化され綺麗にオブラートに包まれてはいるが、野蛮な精神が内省されず何一つ変ることなく脈々と受け渡される「壁のぶ厚さ」を思い知らされるのです。

折しも時代の精神は逆向の風を吹かせ始めている。近代化することなく保守された古い精神が堂々と息を吹き返している。それは街場の刹那の精神と相通じ、猫一匹通る道をどんどん狭め細くするような暗示にさえ見えて来る。
他者を理解するのではなくやり込める叩きつぶして溜飲を下げようとする濁流をそこかしかに感じる。
毛唐、外人は出て行け。警察、保健所に通報するぞ。老人たちの口から発せられるこれら罵声は、正しい未来のドアをノックする正しい日本精神なのだろうか。
延々と断ち切られず受け継がれる〝因習DNA〟が、折角ここまで漕ぎつけた「犬猫の道」を黒く塗りつぶしてしまうのだろうか。
街と物の近代化と裏腹にどんどん退行する〝人の心〟に、とどまることを知らず連鎖する雪崩を見るような不安を感じるのです。数々の悪いニュースから見えるこの国で起きていることは一体何なのでしょうか。


DSCN0258_20160603192301f15.jpg



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

地域猫2img025

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.28

捨て猫する地域猫屋への強い怒り

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   24℃~15℃ 
  

DSCN1690.jpg
耳先カットあり これでも随分きれいになった はじめて見た時の荒みはホントひどかった


【捨て猫する地域猫屋への強い怒り】同じ現場に時間差で3匹の成猫が捨てられた。大変に不愉快なのは3匹の猫にいずれも耳先カットがあることです。つまり別のどこかからか誰かの手によって〝地域猫〟が連れて来られたのです。
自分が活動するのを嫌になってそうしたのか。病気とか引っ越しとか何か事情があってそうしたのか。もしそうなら現場近くには私たち「猫の郵便」の連絡先が示されているのだから、同じ活動をする者同士として話し合いや相談があって良いと思うのだが・・・。ずるがしこさ、こずるさだけが見えて来る。
最初は純粋な気持が少しはあったのかもしれない。しかし無言で犯罪まがいの実力行使に及ぶ段になると、同じ活動をする身としてその顔に「人間失格」と決して消えない焼印を押してやりたい気分です。

外猫を世話している人が自分勝手な都合で猫をあっちに移動させたり、こっちに移動させたりする話は前々から伝聞で聞いて知っていました。っが。でも当の猫たちにしてみたら、折角慣れて暮らしている場所から突然引きはがされ、全く別の所に放り出されるのだから、たまったものではありません。これは二次👉三次の〝捨て猫〟です。
しかも耳先カットがされているのを見るに、地域猫活動家がそれをやっているのだから本当に許せない。
新しい場所に投げ捨てられ、新しい環境に慣れるまで、どれほどの紆余曲折を強いるか一顧だに考えないのだろうか。
自分の利得追及のみに明け暮れる政治家を〝政治屋〟と世間では言うが、これに習えば彼らは「猫の福祉活動」とは名ばかりの、さしずめ〝猫屋〟か〝地域猫屋〟と言ったところだろう。本当に許せない。

「猫の気持」をもてあそんで同じ活動をする者の現場を見つけてぶん投げる。卑怯にもほどがある。「人の倫」を踏み外した〝外道〟とはこのことです。たった今。当の3匹の猫たちの関係はめいめいの生き残りで荒れ放題になり、うなり合ってもう〝めちゃくちゃ〟です。一番の新参の子はパージに遭って追われまくって戦々恐々の毎日です。
そして・・・。そればかりではなく、気が弱い先住猫が追い出され、行方知れずになっている現実。
一つの罪作りが玉突きで次の惨事を作り出したのを、手前勝手な地域猫屋はケツをまくって知らない。ただ逃げた。
自分さえ良ければそれでかまわない人たち。外猫活動を名乗る風上にも置けない、そんな奴らが確実数いるのです。
不妊去勢手術を怠って捨て猫するのも罪ならば、外猫活動を放棄するのも別種の形を代えた〝捨て猫〟です。もてあそばれる猫たちがただ本当に哀れです。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN3394_20160524192707f2d.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.27

子猫をポリ袋で海に投げ捨てた和歌山事件に思う

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  22℃~21℃   


DSCN7224.jpg
ここでも子猫が水に浮かんだ


埼玉県日高市のTNさん


地味な活動へのまなざし 真心支援に 心から感謝します



【子猫をポリ袋で海に投げ捨てた和歌山事件に思う】自宅玄関先にいた子猫をポリ袋に入れ、海に投げ捨て死なせた和歌山県御坊市の事件で、犯人の80歳代老人は警察の事情聴取に「このままだと確実に死ぬ。いっそ楽にしてやろうと思った。反省しています」と語ったと報じられている。
事件がインターネット投稿で発覚したため、地元警察が「とりあえずやりました」と実のない書類送検という形で、県(生活衛生課)が動物虐待防止を呼びかける啓発ポスターを事件現場の漁港に4枚貼ったという。
子猫が路傍に捨てられている日常風景、老人がポリ袋に生きた子猫をつめ込む心象風景、県と警察の公が〝おざなり〟に場を取り繕う職場風景、とどまることを知らない索漠とした砂風が吹き抜けるのでした。

しかし事件を知って驚きはありませんでした。猫を捨てる人、死なせる人、公の寒々対応、延々と織りなし止まない慣れた風景だからです。・・・猫ボラをする友人のハンガリー人から聞いたことがあります。彼女が捨て猫を拾って自宅に帰ったら、目ざとく鳴き声を嗅ぎつけた管理人が現れ、「~サッサと捨てて来い。日本では猫は昔から川に捨てたものだ」と臆面なく言い放ったそうです。
私が南の島で4年間暮らしていた時にも、地元の老若から同じような話を聞いています。「この辺りじゃ昔から当たり前だよ」と、海岸散歩で犬猫が打ち寄せられるのは全然珍しいことではありませんでした。誰も悪いと思っていない悲しい犬猫と人の歴史です。
きっと和歌山県御坊市の老人は、子供の頃から見聞きした〝すり込み〟をさりげなく行っただけです。

さりげなく猫を捨てる。さりげなく猫を海や川や山に捨てる。〝さりげなさ〟が受け継がれた伝統なら、心痛める必要はありません。「みんなしている」という自分だけじゃない安心感が、罪の意識をサラリと何もなかったように水に流します。そうして流れて来た歴史の川、簡単に止まるものではありません。
また別の猫ボラ友人に食ってかかっているモンスタークレーマーも89歳と90歳の老人です。彼女の活動現場に行くと、甘く不吉な薬剤の臭いがこびりついて異臭を放っています。
近所老人が辺り一面と猫弁当に何かの〝薬〟をまき散らしているというのです。
ある年齢以上が共有している「動物に対する感情」は、彼らが生まれ育った時代風景からすり込まれたもので、一筋縄で容易くほどけるものではありません。ドンブラコ~ ドンブラコ~ ドンブラコ~~~
しみついた風習に罪の意識はなく、そうして因習に習うがままに受け継がれ心なく出来た「動物愛護法」であり、殺処分センターです。捨てることや殺すことが手軽に行われるのは、すり込まれたこうした風習の裏打ちがあるからです。

和歌山の事件はたまたま発覚しましたが、明るみに出ず暗闇の水に水没させられる「犬猫の投棄死」が多分に数限りなくあるのでしょう。お手軽に犬猫を殺すこびりついたこの因習に楔(くさび)が打ち込まれるのはいつの日か。誰が血塗られた悪習に楔を打ち込むのか。誰が犬猫の非業の死に心の花を手向け涙するのか。
殺すことなかれ、殺めることなかれ、全ては古い時代が一掃されて「心の文化」が成熟するのを待つしかないのかもしれないけれど、しかし受け継がれる「馬鹿な歴史」が封じ込めなければいけないのは確かです。
和歌山の老人は公権力が顔を出したら急に「~反省しています」と神妙しになっているから、動物殺害がいけないことを並べて「公共の認識」として広く共有するためには法をドラスティックに変えるしかやっぱりないのです。


pl01.jpg



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0036z.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.26

やけどの子〝福ちゃん〟の今🐈夏へ

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   27℃~20℃ 
  

IMG_0198.jpg
ハートの形のベッドで 大事にされています


【やけどの子〝福ちゃん〟の今🐈夏へ】家猫になってこれから初めての夏を迎える福ちゃん。一番ホットな写真です。まだ治っていない傷を守るため、首の回りの〝エリザベス・カラー〟が新調され、うそ偽りなく本当に大事にされているのが分かります。
生地の色味と柄、皮膚近くの女の子らしいフリルの付いた柔らかな当て布の配慮、大変に心がこもっています。愛情が伝わって来ます。

しかし・・・。良~く目を凝らして見ると「あれから・・・一年半」経とうとしているのに、他の部位に比較して〝軽傷〟だった額から頭の傷に被毛が戻っていませんね。ん~。

手ひどい虐待を受け福ちゃんが捨てられた発見現場が、今は夏に向かって草がうっそうと茂り始めているのに習って、福ちゃんの失われた被毛が少しでも多く戻ってくれることを祈るばかりですが、傷全体があまりにも深く大き過ぎて・・・。それは不可能な願望なのでしょうか。

福ちゃんは今も〝大事〟をとって外来の通院を定期的に続けています。今回は気温上昇と多湿に向かう〝夏対策〟を目的とした治療でした。うっとうしい梅雨の季節から夏へ、二次的皮膚炎を前もって予防するために、スッキリ広い範囲の体毛剃りをしてもらいました。

大創傷を負った傷口の方は、遅々とした亀の歩みですが、少しずつ少しずつ確実に縮んでいるという診断でした。もう傷口に軟膏などのクリーム類は塗らずに、ドレッシングだけの治療法にやっと切り替わりました。

福ちゃんの大やけどが深度かなり深く広範囲に及んでいるため、やけど治療サポート剤ドレッシングは完治するその日まで必要不可欠です。福ちゃんが命の危機を脱して〝ここまで〟来れたのには、事情を知り「福ちゃんへ」と協力と支援を惜しまなかった皆さんからの大きな力がありました。深く心からお礼申し上げます。
そして・・・。完治のその日まで福ちゃんの治療は続きます。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0497abc_201605141851023f7.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.25

ベランダで猫を飼っていた驚き

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   25℃~21℃     


DSCN1744[1]
内と外を仕切るラティス


【ベランダで猫を飼っていた驚き】私たち「猫の郵便」はブログにメール・アドレスを公開し、区役所の協働推進係に住所と電話番号を登録しているので、猫についてのあれこれの相談を間々受けている。
相談の目的は良く言って〝丸投げ〟。悪く取って〝ぶん投げ〟がほとんどです。用を済ませたらスタコラサッサ、遠慮会釈はほぼありませんでした。ボランティアという呼び名が無礼に魔法をかけるようです。

「引っ越すのでエサやりを肩代わりしてくれないか?」

「職場が変わったので世話の肩代わりをしてくれないか?」

「可愛い猫なので家で飼いたいから捕まえてくれないか?」

「猫を捕まえるために敷地の会社の許可をもらうにはどうしたら良いのか?(👉結局、捕まえてくれないか?)」

「子猫を捕まえたけれど家では飼えないのでそっちで引き取って飼ってもらえないか?」

「外猫が死にそうなのでどうした良いのか? 家に犬がいるので引き取れない!」

「具合が悪い猫がいるから保護して病院に連れて行ってもらえないか?(👈 姿を消した)」

「(TNRをしないでエサやりしていて)子猫が産まれちゃって大変なんですぅー。どうしたら良いですか?」

「猫の里親探しをしてもらえないか?」

「もうすぐ職場が変わるのでエサやりができなくなる。主人は猫を飼うのに反対です。どうしたら良いでしょうか?」

「大規模工事が予定されていて緊急TNRを大規模にしなければいけないので手伝ってくれないか?(👉現場に行ったら近くに職場がある別の人が現れ『結構です』と話を蹴られた)」

「未手術のノラ猫が沢山で毎年ポコポコ子猫が産まれます。どうしたら良いでしょうか?」

「商店街のノラ猫が年々増えて困っている。良い対策は何かないか?」等々、相談者の言葉の向こうから猫たちの不幸が果てなく連なるヒツジ雲のように続いています。


🐈

持ちかけられた相談の「内容と目的」を良く聞き取り👉検討し👉対応して来たつもりですが、中には会話中のやり取りを〝説教〟と受け止められプチンと糸を切られたケースもありました。地域猫のあり方や考え方を受け入れない人もいました。ボランティアを「タダで望み通りのことを何でもしてくれる人」とすり込まれ勘違いしている人もいました。
捕獲や保護やTNR協力がうまく運んだ後に、フクシマ警戒地区に取り残された猫たちへ「任意の支援」を求めると、サッと顔色を変えられ「そういうのは信用できない」と秋風を吹かされ去って行くのには、「自分のことしか考えられない勝手な人たちだなー」と索漠とした思いを噛みしめるのでした。
相談者の背後にいる「猫たちの不幸」を思ってしている活動の一環ですが、要求のみが一方的過ぎて「共感の心」を持たない人風景ばかり見せられたような気がします。

話が双方向から行き交う会話が成り立たない。相手は〝タダの便利屋〟に困り事を預けに来るのです。つい最近、こんなことがありました。「引っ越すのでベランダの猫を捕まえて頂けませんか?」と話を持ちかけられ、事情を知るために「近所の猫がベランダに来るのですか?」と尋ねると、「高層階ですので、そうではなくて、ベランダで飼っていました」という唖然とする〝お答え〟が返って来ました。
十二階のベランダで猫を飼っていた!?! 猫一匹、防寒ハウスを置いていたといえ、2年間もベランダでずっと暮らさせていた!?! その感覚に唯もうビックリしました。
猫を拾って家に連れ帰ったら、ひょんなことでベランダに出てしまって、そして〝それっきり〟になったそうです。
それから2年、人馴れなど無論していません。
2年の月日を待たず、素早く連絡をくれれば、人と猫の関係も違っていたでしょうに。
拾ったという善、引っ越しでちゃんと連れて行くという善、そういう心根やさしい一面がある一方で、人馴れしないその猫を笑いながら「ヘタレ」という冷たさに、何をどこから気持を懐柔していったら良いのやら、心のどこかが強ばる思いで話を聞いていました。

作業を引き受ける条件は「引っ越し先ではちゃんと室内で共に暮らすこと」「猫を決してベランダに出さないこと」の二点に絞って話を進めました。
私の家では玄関の出入り、ベランダの出入りの際に、間違いが起こらないように、厳重細心の注意を払っています。
誤って真っ逆さまに階下に落ちてしまったら・・・。ベランダ伝いに脱走し行方不明になってしまったら・・・。そう考えるからです。不測の事態が起こらないようにきっちり手を打つ、最悪の事態が起こってしまったら取り返しがつかない。猫をうっかり外に出してしまったら、その異次元空間に性格が豹変し、コントロール不能になります。
幸い私が住むベランダの外側には備え付けのネットが装備されてはいるが、室内とベランダを仕切るラティスに掲載写真にあるように金網をビシッと張って脱走事故の対策をしています。寒がりの猫を窓を閉めて狭いベランダで生活させるなんて・・・とても考えられない。

・・・2年間ベランダで暮らした猫は相談者と一緒に新しい住まいに引っ越して行きました・・・


DSCN1746[1]
外からは鳥よけ 内からは落下防止



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0170.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.24

ビックリしました

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   29℃~18℃     


あっ☆彡


【ビックリしました】鉄腕ウンガです。猫の郵便〝突貫おじさん〟が疲労困ぱいで疲れているので、私が急きょピンチヒッターで穴埋めします。突貫おじさんはブログ更新を大幅に遅らせ「申し訳ない」と言っていました。
しかし突貫おじさんの家に行って、ホントにビックリしました。見慣れた部屋が一夜にして別人の部屋に変わっていました。昔から彫刻や立体が好きだと聞いていましたが、実際に見せられるとその造形力に度肝を抜かされました。
たいがいの日本の家は壁に家具を押し付け並べるのがせいぜいですが、Jさんの発想はそうではなくて大きなライティング・デスクを真ん中に配置したのに、だけど邪魔に見えず部屋が広くなったように感じました。

しかも2日目には整然と美しくなっていて、その素養がどこから来るのか大変に不思議です。Jさんの価値観は「何事も実利より形良い美しさを重んじる」そうです。
沢山の猫と生活を共にし、猫が住まう要件に制限されて、素早く美しく立体構成したのはサスガです。
Jさんの家を映した「昔の写真」を見せてもらったことがありますが、地域猫活動が大変多忙になって、やりたいことが何もできないで、ただ日が経つだけだったと言っていました。
時間が全然なくて出来ないけれど、ちょっとした家具なら最後の塗装まで自分で仕上げられるそうです。
かつてJさんは南の島で暮らしたことがあって、その時は今にも朽ちそうな廃屋を「天井から壁から床まで作りを全部直した」と言いますから、大工仕事がお手の物なのはうなずけます。

何でも思った通りやってみるのが「発想のツボ」だとJさんは言います。失敗して、やり直す、また失敗して、別の方法を考えるっていう風に、そうすれば自分に合った生き方がだんだん見え出して、世の中に出回っているカタログみたいに暮らすのは「気持ち悪くて性に合わなくなった」と言います。
Jさんがアイロン台を斜めに立てて、アイロンかけしているのにもビックリ仰天しました。要は説明書通りに、マニュアル通りに、ガイドライン通りに、「従順に生きないこと」だそうです。「『駄目!』と言われてスゴスゴ引き下がっていたら外猫の現場活動なんて出来やしないでしょ」と言われ、「それはそうだな」と納得しました。
猫足や曲線の家具が多いJさんの家です。せっかくの猫足と曲線を「はじっこに窮屈に押し込めたら可哀そうでしょ」というユニークな感情が、実際に見える形に具現化されていたのにはホント脱帽です。

猫さんが死んだ時、棺の花入れをJさんがわずかな時間で全部しています。ただ綺麗に作るのでなしに一匹一匹に込められた愛情をいつも感じます。Jさんによれば、これから何をするかの空間把握のまなざしは、言葉の精錬が始まりで「これは違う。あれも違う。これも合っていない。あれも合っていない。細い道を通すドンピシャリを探して形をさぐる。周りをキョロキョロしないで悩んでみる。それをいとわない」ことなのだそうです。
壊れた物をすぐに捨てないで、壊れを中心にして違う形に復元する。311震災で激しく転倒し首がとれた電気スタンドが緑と金の金網と針金に持ちあげられて再生されていたはア然でした。

園芸の寄せ植え、トンカチとノコギリを持った大工仕事、家具の補修とテーブルクロスのミシン踏み、日本では何でも買っては捨てる消費に明け暮れていますが、ボラ友リアムさんに聞いたところイギリスでは家の周りのことは一通りみんな自分で出来るし、やっていると聞くから、何でも買って済ませるようになった日本文化がここのところ元気がないのは「そのせいかな」と思うのでした。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

FSCN0066.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.23

猫の家改造大掃除2日目

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   31℃~15℃   





【猫の家改造大掃除2日目】1時間半の睡眠時間しか取れず、フラフラになって出かけた外猫活動は、お終い頃になると妙にハイテンションになり肝がすわっていた。全工程終了した帰り道は、何だか胸がホンワカするような幸福感すら感じた。初夏を思わせる空気を吸い込み、何処からともなく「幸せだなぁー」と満ちるものがあった。
別に良いことがあったわけでもないのに・・・。どちらかと言うと「コンチクショー」と唾吐きたい鬱陶しいことばかりなのに・・・。胸にふと湧き上がる意味不明な至福の感情に「生まれついた気質に自分は〝そう状態〟を終生のパートナーにもらって来たのかもしれない」と何故か思えた。
こういうスーパーナンセンスな性格じゃないと、世の価値観に逆流して漕ぐ「非認知の活動」など、とてもやってられない。早朝の眩しい風を浴びて「🎶 Zingara~」と鼻歌を歌って帰った。

そして「猫の家」改造大掃除の2日目。少し休んだ後、「間に合うかな~」と焦る気持ちで、アジェンダ全てを排除して、突貫工事に取りかかった。先を急いだ。
しかし何をやるに付け作業が、まっすぐに進んでくれないのは、多頭飼いの家に備わった運命の道。猫にちょっかい出されないように、猫にケガさせないように、補液と食事を忘れないように、リエルの存在を忘れないように、紆余曲折しながら一つ一つ仕事を片付けていかなければならない。
他の家のことは知らないが、我が家の猫に限っては、整理整頓事や部屋の模様替えを始めると、その非日常の珍しさに〝大はしゃぎ〟になる。移動するテーブルやチェストに何匹も重りになってドンと乗って目をランラン、釘箱に手を入れてチャカチャカ、配達された板の荷ヒモをくわえて歩き出す、「ダメ!」「コラ!」「ダメだよ!」と猫に注意を奪われている間に次にすることを忘れちゃったりして、効率の悪さは1.5倍以上。

疲れるわけだ。ん~。されど「🎶 Zingara(ジプシー)~」身の定め、風の様子も種類も選べない。吹く風、来る風、迎える風、「どうにかなるさ」と切り抜け方と耐え方をこれまでに学んだ。そして・・・。
あーして・・・。こーして・・・。ほぼ2日ぶっ通しの突貫小僧で夜遅くになって、部屋は別の新しい部屋に生まれ変わった。「明日もがんばろう」と掃除道具や大工道具を片付ける時は、三半規管が役目を放棄したようで「どこに立っているのか、まっすぐに立てているのか」分からなかった。
それでも「🎶 Zingara~」と、心から吹く風に押し出され、夜の地域猫活動に向った。
外の猫たちの安全を守るためには「適正管理」という人側のスキルが要る。保護猫にも「多頭飼いへの偏見」を生じさせないようにするためのスキルが要る。人目にさらされ何事もなく「綺麗な風景」に映るように・・・



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0278.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.22

小さな夢

Category: 夢の中の王様
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   29℃~17℃   





【小さな夢】今日はもうヘロヘロ。バタンQと朝までコンコンと熟睡したいところだが、そうはいかない。その場しのぎでも何とかブログ更新をして、軽い食事をかっ込んだら〝地域猫活動〟に出かける。
「🎶可愛い七つの子があるからよ」ではなく、街に50っ粒の子が待つからよ。
さぁー明日はどうやって睡眠時間を作ったらいいのやら。倒れないように誤魔化して何とかするしかない。

今ヘロヘロになっている理由は部屋に大規模工事が入るため、片付けと部屋の模様替えと補修に大わらわで追われていたせい。大掃除と大工仕事とゴミ出しと模様替えの力仕事など色々。1時間半の睡眠でぶっ通しで作業したからさすがに血の気引いて疲労困ぱい。もう体がフワフワして夢遊病者みたいに宇宙酔いしている状態だ。
でも、これは多頭飼いの猫守りの悲しい身の定め。大規模工事なら大げさな片付けなどしなくていいと思う人がいるかもしれないが、「猫を飼っている家は汚い」と言われたくないプライドがどんな時も心と体を動かす。

人の唇に乗る伝聞は実に恐ろしいもので、面白おかしく話が「二重三重/二倍三倍」に膨れ上がる。だから業者が部屋に入って作業をして、無色透明に映るように微に入り細に入り磨き上げた。
部屋の造作を日頃こまめに手をかける時間的余裕が全然ないから、大波かぶるシワ寄せをザブンザブンこっぴどく浴びた。だけど・・・。こんなことでもないと先送り先送りして部屋が果てしないダダラ坂を転げ落ちて行きそうだったから、実は良い立て直しだったのかもしれない。今、大のお気に入りのレッド・ホット・チリペッパーズを大音量にして踊るノリで頑張った。ふーっ。

昔々、地域猫活動をはじめる前は、友だちが来ても「ワンダホー!」と言ってくれるくらい自信満々の綺麗な部屋だった。ん~、大掃除とトンカチ大工仕事をしながら思ったのは部屋を「スーパー・ビューティホー!」に再生して、活動を支えてくれている人たちを招いて「ティー・パーティや一飲みパーティでもできたらなぁー」と、壁に描く心の窓に「虹のかなた」を夢見たのでした。
ソファはもう草臥れ果て限界ギリギリ、チェストや飾り棚の角は猫の爪痕だらけ、大震災で大切にしていた色んな物が壊れた。あ~。
あ~本当に・・・、今から壁も床も全部張り替えて、家具を全部新しく総とっかえして、活動とサロンが並走するようなことになったら「楽しいだろうなぁー」と淡く儚い夢を見たのでした。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

popof.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.21

バレなきゃラッキー🐈また猫が捨てられた2

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   26℃~13℃ 
  

doga_20160523184856e50.pngDSCN3394_20160524192707f2d.jpg
実際はもっとダーク 大震災前の撮影


【バレなきゃラッキー🐈また猫が捨てられた2】猫を捨てた人間は自分のとこから〝お荷物〟がいなくなって「清々して」それで終わり。でも〝捨て猫〟を目視発見した〝保護活動〟はそこからが始まり。
保護して医療手当をして里親を探すにしても、「地域猫」としてTNRをして定着させるにしても、傍から見るほど容易簡単じゃない。
まだピヨピヨ丸で逃げ足がない幼い仔猫は別として、どんなに小さくても意思を持ち始めた猫を〝ぬいぐるみ人形〟のように自在にはできず、個々の状況に応じて対応を判断しなければならない。

家のポピンのように初めから強制捕獲器を使って捕まえるケース。2年前のイプーのように人馴れさせてから素手で保護したケース。逃げ足とにらめっこで失敗に失敗を重ねた捕獲のケース。給食場所や落ちつき先を見計らった後に地域猫としてTNRするケース。
猫それぞれの成長度や周囲の環境で行く末の選択はいくつかに分かれる。
外で生存が困難な場合は選択肢は唯一つしかないが、一番困るのは捨てられてから長らく挙動不審が続いてなかなか安定してくれない猫のケースだ。
捨て猫犯が猫を野に放った瞬間、猫は自然の一部となり、天然自然を意のままにコントロールはできない。

すばしっこい赤ん坊イプーを保護するのには1か月半かかった。後に何かの毒を盛られ殺されてしまったが、東芝のジプティ―はシーバンズに捨てられ、しかし先住猫たちに受け入れられず北上し、東芝敷地の〝とある場所〟に安住するまで2か月を要した。
ジプティはそこで先住猫たち(ピノコとリリ・・・)と暗黙の和解交渉が成立したから良かったが、それだって人間がとやかく介入してどうにかできることではなく、成り行きに任せるしかないのが「捨て猫の後先」です。
溢れる来る捨て猫を全て室内保護できない以上、「地域猫の考え」に頼るしかない実際です。

正直言って、今回の捨て猫の件は・・・。腹を空かせて鳴いている子猫の姿を見た時、無造作に捨てた犯人に「死ね!」と殺意すら覚えた。
悪い事をやった人間が逃げおおせ、保護する側の活動が衆目環視から叩かれる。
倫理観の劣化した社会は、戦争の後処理と同じように、後々で大きな対価を支払うことになるが、捨て猫問題については今、私たちが心身切り刻んで現状対処の対価を払っている。本当にアベコベだ。
捨て猫を風物詩的なタダの「よくある風景」にしか見てない一般大衆の感覚、その世論の不感症が「捨て猫」という暴力を無言に後押ししている気さえする。

捨てられて2日目の子猫はビービー鳴いていた。そっと近づきフードをさし出し、子猫はしばらくの間食べていたが、先住猫が割り込んでビックリして逃げてしまった。
子猫が現場の環境にどれくらいで慣れるのか。先住猫たちは受け入れてくれるか。はたまた別のポイントに移動するのか。不良エサやりのお情けにすがるのか。その前に捕まえることができるのか。
たかが一匹の猫でも活動や保護の射程内に組み入れるのは、1+1=2の数式通りに進んでくれないどうにもならない難しさがある。もどかしさがある。
不良エサやりに間に割り込まれたら一巻の終わり。そうしてジプティは毒を盛られて死んだ。


2011625aj.jpg
ジプティ



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.20

バレなきゃラッキー🐈また猫が捨てられた

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   21℃~14℃ 
  

doga_20160523184856e50.pngDSCN4306.jpg
倫理の対価はいつも こっちが払わされる えっ!?!


【バレなきゃラッキー🐈また猫が捨てられた】終電の時刻。人の引き潮。東京/港区の街々はそれを合図にガランと一気に静かになる。道を阻むのは大通りの赤信号と時折の警官からの職務質問。ガラガラの一人天国をのんびり走る。
そしてこの日もお馴染みの職質でとおせんぼ。「ペットボトルの2本の水は〝猫よけ〟のためですか?」とお馬鹿質問をされ脱力した。名刺を渡して「地域猫ボラ活動について」の簡単な説明をしているのに・・・。気持ち〝カックーン〟とズッコケた。
警官も制服を脱げばタダの人、「実は深刻な猫問題」などからっきしド素人、サラッと平たく一般人と何ら変らない。「外猫のボラ活動をしているのに〝猫よけ〟持ち運んでどうする?」と思いながら、しかしそれは言わず胸に秘め「捨て猫する犯人をひっ捕まえて死刑にして下さいよ」と軽口のやり取りをしてその場を後にした。

終電の後は風と樹と空だけの街。夜明けまでのフリーゾーンのオアシス。

いつものコースといつもの手順、そしてお馴染みの猫たちの顔ぶれ。気候が良くなってからある猫(一番下の小窓)は、ここところ大きなおなかを天に向けゴロリ寝そべって待っている。
その恰好が時間がビロ~ンと間延びしたようでつい笑う。
そして猫みんなを誘って決まりの場所へ。さもない話をしながら配食し始めると、どこからか細く小さな鳴き声が聞こえて来た。
姿を見なくても経験で鳴き声が〝子猫のもの〟だと直ぐにと分かった。またか。また捨て猫された。声が甲高くだんだん大きくなって行った。

声する方に近づいて行くと・・・。真っ暗がりの中でピーピー鳴く子猫のシルエットは、家に今いる生後推定9か月のポピンの半分に満たない大きさだった。近づくとサッと逃げ、少し遠ざかると木影に戻って、また大声で鳴き出す。暗闇過ぎて良く確認できなかったが、キジ猫のように見えた。相当おなかが空いているようだった。
フードをさし出し見守ったが食べるや否やサッと逃げ消え去った。
同じ現場に5月初めに捨て猫一匹、今度は一回り小さな子猫がまた捨てられた。ったく。

バレなきゃ「ラッキー!」という人目を盗むさもしい根性がいまいましかった。〝ったく〟さもしい。実にさもしい。そこに捨てたら「見咎められず大丈夫!」という下見か経験の勝算ありでした算段だろう。計算づくでやったのだ。
警備員はどこに目をつけている??? 何のための警備??? 
監視カメラをあっちこっちに張り巡らせ、有給でやっている〝プロ〟なのにだ。
所詮、警備会社も先の警官たちと同じで頭の中身は一般人。捨て猫に注力する神経など持ち合わせていないか!!! あ~



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.19

脳機能障害リエルの近況👉 泣

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   25℃~15℃   


DSCN9236_20160522132213271.jpg
花それぞれ 色とりどり 猫それぞれ


東久留米市のHYさん


多重な件への ご寄付とご厚意に 感謝しています



【脳機能障害リエルの近況👉 泣】福ちゃん、リエルくん、ポピン、アテニャン、エレン・・・。問題を抱えた猫たちのそれぞれの春。・・・エレンの問題は福ちゃんがらみで大変に不快をもよおした事情が重なり、表立っては一年半の間あえてブログ上に「話題」にしないで我慢していました。
エレンを引き受ける経緯に、エレンには大きな2つの病気があり、それに加え人馴れしない性格も手伝って、ケージ生活をさせ慎重に様子を見守っていました。顔に穴が空いている、そして白血病を患っている、それらみんながみんな全部うそでした。ねぇー○○○○さん?

引き取ってから何とか人馴れさせるためにずっと、エレンのケージのそばに毛布を敷いて寝ること一年数か月。努力の甲斐あってやっと打ち解け「マッサージいつでもOK」の関係にどうにか漕ぎつけ、他の猫と同じ生活をさせてやれるようになりました。
ケージのドアを開け放ってからエレンが躊躇を見せていたのはたったの一日。新しい生活環境や他の猫たちに迎え入れられ溶け込むのに「一週間はかかるかな?」と心の準備をしていたが、外に出たエレンと猫みんなの間に何の摩擦も抵抗も起こらず2日目から自由気ままに行き交っています。

エレンは各所各部屋でノビノビと穏やかに行動し、猫たちめいめいとテリトリー権を主張し合うケンカらしき出来事もなく、きっとケージの網越しに「内へ 外へ」「外へ 内へ」オリエンテーションを済ましていたのでしょう。過敏なエレンに過剰な心配をし過ぎました。
ポピンは「遊び仲間が増えた」とすぐさまエレン相手に駆け回り始めました。
ポピンがカーテンの後ろに隠れエレンに仕掛ける、負けじとエレンがやり返す、バタバタドタグチャバターングルグルバシャバシャ=^・^=ピヨォーンダダダッダッダッダッの大騒ぎです。
私がゴロリと横になるとポピンをはじめ「我が 我が」と寝床争奪戦の先陣争いをするのにエレンがもう参加しています。実にスムーズで自然な「人間一匹と猫たち」の新入りを迎えた新生活の始まりです。

この仲に、この間に、しかし体の科学が壊されてしまったリエルが加わる奇跡は、永遠にやって来ないのでしょう。

リエルが来てから約一か月余り過ぎて気づくのは、他の猫たちがリエルにこれっぽっちも何一つ関心を示さないことです。これまでニューフェイスが来たりしたら誰しも必ず異物侵入で何らかの関心を払ったものです。
また病気を理由にケージを猫の病床にする時は、嫉妬心も生まれ「ケージの中身」にそれぞれ大いなる関心を寄せたものです。ところがどうでしょう。リエルが居るケージ前を通ろうと、どの猫も一匹としてちょっとした関心すら払おうとしない。無生物のイスや置き物の前を通過するかの如くです。
リエルのトイレの匂いもある。ケージに入れたフードの匂いもある。リエルが醸し出す体臭もある。それなのに猫誰一匹として「そこに何もないかのように」感知しないのです。今度紹介しますが、「新入り超大好き」「他猫チェック超大好き」な8年生セージ君すら、素通りして何の関心も示しません。

これがリエルに起きた「脳が壊れた」現実です。脳から存在を発しない。何も発しない。他の猫たちにとってリエルは全く居ないも同じです。居ないに等しい存在です。

リエルのトイレ交換の時、食事差し入れの時、リエルは後じさりして固まります。そして首で反動をつけ、大きく口を開け〝ガァー〟と吠えます。尻もちをつく恐怖です。リエルの方もケージの金網にしがみついて脅えています。
何一つ変らないこの一か月です。脳機能が壊れてしまった以上、これがこのままずっと続いて行くのでしょう。
・・・リエルをここまで追い込んだ獣医師の言葉が悲しいです。
医療ミスを認めることなく、それは「その猫の体質でしょう」と。「麻酔が合わなかっただけでしょう」と。爪の先の責任も感じていない。
動物医療の低レベル、動物行政の低レベル、リエルが怪我したシッポにセロテープを貼った〝猫好きギャラリー〟の低レベル。回転イスをクルッと回し世間を見渡しても、こうなったリエルに救いは見えず、泣くに泣けない現実です。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

2PAP_0695_201605221322109fa.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.18

東京オリンピックの夜と霧

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   28℃~13℃ 


Cflrg-0VAAAPvTk.jpg
島田雅彦画伯作


【嘘と賄賂と騙しと不正と欲望の五つの輪】今、日本人に一番足りないのが〝倫理観〟、「今が良ければそれでいい」「金がもうかればそれでいい」「自分だけ良ければそれでいい」、そんな空気にあふれている。
オリンピックをめぐり「招致からこれまで」に〝あからさま〟になった数々のスッタモンダが『日本の今』を的確赤裸々に浮き彫りにしている。
嘘、賄賂、だまし、不正、欲望、得と栄誉のためなら「何をしても許される」という反則技フルコースのお祭りだ。
そしてマスコミもズブズブの利権がらみでシレっと口をぬぐって見て見ぬふりを決め込んでいる。
海外プレスからはもう全て見透かされ、頭隠して尻隠さずの恥ずかしい状態なのに、それでも一億総活躍〝火の玉〟になって口裏合わせ白を切り続けるつもりなのだろうか。

前IOC会長がブエノスアイレスのオリンピック開催地発表の総会で「TOKYO」と決定を読み上げた時、直感反射的に「嫌だなぁー」と思った。そして「嫌だなぁー」と思った正直な気持をブログに書いたら大バッシングを受けた。「国がやることに逆らうとは何事だ!」と言うのだ。
私が住んでいる街は東京都港区。オリンピック開催のほぼ中心地になる。オリンピックまでのずっと長い間、大規模工事や再開発で外猫たちが住み処を追われたり、地域猫活動が困難になりはしないかと身近な危惧を感じるのだ。
その心配は東京五輪が決定するやいなやすぐに現実のものとなった。同じ区内青山や外苑の地域猫たちに早速早々と影響が出始めた。長期の土木工事が始まったのだ。地域猫活動をする友だちから何度も相談を受けている。

土をほじくり返して弱い者を下敷きにして、その上に荘厳な意匠ほどこした競技場を建てる。至る所で道路工事やら何やら訳の分からない工事にしょっちゅう出くわすようになった。世界に示す壮大なモニュメント構想、しかし程なくして中身のアンコが「嘘と賄賂と詐欺と不正と欲望」でドロドロした大商売人と為政者たちの恥部が見えて来た。
賄賂と目させる支払いは招致委員長が言うには「正式な業務契約に基づくコンサル料」、しかし支払ったアバラ家事務所その名の通りマネーロンダリングの幽霊会社だった。また文部大臣に至っては「多数派工作で、買収ではない」と白切り強弁しているが、カネを使った多数派工作を一般では〝買収〟と言うのだよ、馳君。
こんなお粗末な人たちが支配者然としている社会構造に本当に寒気がする。五つの輪全部が真っ黒け、オリンピックが暴いた日本の闇だ。黒い夜空に黒い霧で描いた五輪の輪だ。夜と霧だ。

夜と霧、ワグナー「第三の黄金」の登場人物のセリフを思い出す。隠れミノに姿を消し「夜と霧になれ! 誰の目にも映らないように!」、不正の野心とは正にそういうものだ。
今回の裏金送金を監査したのが東芝不正の時に監査した「新日本有限責任監査法人」というから、もう絶句「&#&?$●¶Σ±ΔΘΨΦΩξ200万ドル・・・・?」


ChBuWnyUYAEKlf1.jpg
この頃まだ日本人は 純情だったのかな



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.17

脳機能障害リエルの近況👉 暗

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   21℃~19℃ 

  
リエルDSCN1742
びっくり鳩時計ならぬ リーくんは〝ビックリ猛獣時計〟 食事の出し入れは緊張の一瞬


【脳機能障害リエルの近況👉 暗】今リエルが入っているケージ全面の半分は必ず布でおおいをしている。そうしないとリエルの緊張と興奮が解けないからです。
暗い穴倉に身を潜めさせ安心させる、そういう状態が変わらずにずーっと続いています。
だから上の写真は超瞬間劇で撮影しました。
症状、容態、表情、暮らしぶり、何の変化もありません。何一つ微動だにしない〝固まり〟そのものです。リエルはいつもパカーッ瞳孔見開き突っ立ったままです。
恐怖を表わす攻撃心、食欲、呼吸、排泄、わずかな本能のみで生きています。

リエルの脳の働きが全面停止したその経緯と事情が知りたくて、担当獣医師に問いかけても応答は「言葉が足りずにすいません」と壊れたレコーダーのようにオウム返しされるだけです。当時の「重度の腎不全と糖尿病」という診断結果も今は微妙に言葉替えされています。
一旦こうなった子を「~先生はあの時、『外に放して大丈夫』と言ってましたが、医者としてあり得ない判断だと思うのですが・・・」と問うてみても、やはり心ない録音テープのように「言葉が足りずにすいません」と鉄面皮で無機質に繰り返されるのみです。

医療事故なら医療事故で科学者として誠意ある態度を見せてもらえれば「何らか別の態度」をこちらも取りようがあるが・・・。
守り必死で・・・。弱気なポーズを全面表示プロテクトして遁走しようとする態度が、リエルのことも見守る私たちのことも〝やり場のない宙づり状態〟にしているように思えます。
手術の前後に、麻酔によって体の機能や脳細胞が破壊される可能性があることは全く説明されていませんでした。
パナマ文書もそう。五輪招致の賄賂疑惑もそう。都知事の公私混同問題もそうです。「バレなきゃラッキー!」、そういう風潮に抵抗して、病院名と獣医師名の公表が頭をもたげ始めています。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN1655 475f

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.16

ケイトリンの庭にヒナゲシの花が咲いた

Category: 地域猫原点
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   24℃~13℃ 

  
DSCN7617d.jpgjjjpg_20160519214330622.jpg
ヒナゲシの花が咲いた


【ケイトリンの庭に野に咲くヒナゲシの種が飛んで来た】自分で自主移住した地域猫ケイトリンは現在〝5か所〟のポイントから神出鬼没に現れ出る。
何処に居て何処から現れるのか、戦々恐々で毎日現場に向かう。すれ違いでなかなか探し出せなくて手間取る時もあるが、探し当てるまで鉄の覚悟で散策しまくり臨んでいる。
ハタから見れば馬鹿々々しく映るかもしれないが、毎日必ず来るのを伝えるためには、線を事切れさせないことが絶対の使命だと思ってそうしている。時には念の力も使ったりして。

放浪猫ケイトリンが主に居る〝定位置〟はあるにはあるが、工事が入ったり雨が降ったり、そして猫同士の争いに気を使って移動したり、微妙に居場所替えを刻々としている。
冬の間はうっそうとして雨よけにしていた森が、春の剪定作業でツルッ禿げになってしまったので、今の移住先の新天地では雨のしのぎに苦労しっ放しだ。
外に居る猫は「自由でいいなぁー」という人がいるけれど、猫の身にしてみれば雨風を避け良からぬ人を避け夜釣りの危険を避け車に轢かれる危険を避け先住猫に襲われるのを回避して、猫には猫のハードライフがある。

ふり返れば・・・。ケイトリンが根城にする今の居場所はかつて色んな猫たちが通り過ぎた。悲しいことに一匹の猫を除いては皆が短命に終わっている。群れから逃れる気の弱さがそうさせたのか。暴風吹き荒れる厳しい自然条件がそうさせたのか。
仔猫で捨てられた二匹は保護して何とか運命の足かせを逃れさせることができたが・・・。
グレース姫、ブリーちゃん、キンバリー、ギンガーくん、夕焼けタラちゃん、シズカちゃん、三毛猫ガガ、ウンガロ、クーちゃん・・・と今はもう空の彼方へと消えて行った。
後に保護した蘭の花とその弟やギャング猫キキは遊びには来ていたが、条件があんまりにも厳し過ぎて定宿にすることはなかった。

そして今はケイトリンと女王さまが残るだけになった。

この曰く付きの〝とある場所〟に今年の春、雑草の中にヒナゲシの花が遅咲きで咲き始めたのを見つけた。辺りにヒナゲシの花を見かけたことはないから、相当遠くから風に乗って種が飛んで来たのだろう。
かつて懸命に生き死んで行った猫たちの精霊に運ばれたような気がしている。
何よりも思い出深くため息をつく場所、何よりも強い思いを残す二匹の猫、9年黙々と通いづめて実ったヒナゲシの花を、良い兆しの現れと信じたい。
ヒナゲシは移植や切り花をすると死んでしまう繊細な花、それが〝とある一角〟に根を下ろした。ケイトリンの場所がハードなだけに、日々の地域猫活動がハードなだけに、予期せぬヒナゲシの花の根付きに朝の光の中で身勝手な願いを引き寄せるのだった。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

alone_in_the_night.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.15

猫たちの不公平

Category: 地域猫原点
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   24℃~13℃    


DSCN1659.jpg
猫たちの格差社会 生死を分ける不公平


【猫の<格差社会生死を分ける>不公平】地域猫の現場活動で何のエクスキューズなしに、いきなり「イヤーお互い猫好きですねェー」と話しかけられることがよくある。立場の違いなど考えず一方的に決めつけられ同調を求められるのだ。苦虫をかみつぶしたいところだが本心は表わさない。
残念ながら趣味に毛を3本生やしたくらいのヤワな「猫好き」程度の感覚ではこの活動はやって来れなかった。外で生きる猫とその街場に私個人の感情を押し付ける動機でやっている活動ではないからだ。
どうも近頃は相手の心情を推し量り理解するより、予定調和の和気あいあいに安心したがる風潮が強いようだ。
現場で長々と停留して核心にふれる「心情談義」をしている余裕は全然ないから「この人は通りすがりの人・・・」とお茶を濁すのだが、外猫活動の始まりの動機の一つに「自分のとこの猫だけ幸せなら後は知らない👉 それで良いんだろうか」という思いがある。だから「イヤーお互いに猫好きですねェー」と話しかけられても頬ひきつらせ同意できない自分がいる。

自分のとこの猫だけが幸せならそれで良いのだろうか。

家の歴代の猫たち全部が全部「外から拾い上げた」猫たちだ。だが我が家の猫たちが居食足りて何不自由せず生きていられるのに、外には目をおおう猫たちの不幸が天然自然のように広がっている。
「これで良いのか」という思いがあった。
知っていながら何もしないでしらっぱくれていて良いのか。外の猫と家の猫、その大きな不公平に、気持ち股裂き(プロレス技)になり、とうとう偽善的自分の自己矛盾が崩れ去る日がやって来たのです。
外猫のきびしい世界を知らず大事にされ生涯幸せに暮らす猫、捨てられたがために地獄の苦しみを味わされる猫、飼主と行政の思惑で殺処分の時の刻みにただ死を待つ猫・・・。同じ猫(いのち)として生まれ、こんな理不尽な不公平が良いわけがない。「自分だけ良ければそれで良いの? えっ!」と自問自答を重ねた。
しかし悩んでいても埒が開かない。見切り発車で活動の導入は・・・とりあえず飢えと渇きを満たす猫弁当運びと顔の見かわし合いから始まった。

本当は外で暮らす猫を全部総ざらいに室内に保護できれば一番良くて地域猫活動などしなくて良いのだが、活動当初は100匹を超える世話をしていたので能力的に一個人ではどうにもならならなかった。
外で生き抜くのに幼すぎる猫や病弱な猫は室内保護したが、活力があり元気そうな猫は今でもやむなく外で我慢してもらっている。んー。やっぱり不公平は残している。
外暮らしのために人の毒牙にさらされた猫、車にひき逃げされ路上に無残に投げ出されていた猫、人馴れせず捕まえて保護するチャンスを逃し現場で病死していた猫、さ迷い癖もないのに前ぶれもなく或る日忽然と闇に消えた猫・・・。猫たちに歩ませた不公平。
室内保護できていたなら、あんな不幸な目に遭わせなくて済んだかもしれない。
猫(いのち)の不公平の問題はやっぱり行き着く所「人の問題」に返って行く。
外で猫が暮らす原因を作ったのは誰? 捨て猫問題が深刻なのを放置しているのは誰? 何? 何故? 猫たちの不公平、この自問自答はいまだ止むことがない。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.14

地域猫のお勉強

Category: 地域猫活動
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   25℃~17℃   


DSCN1067_2016051722392151a.jpg
地域猫活動で一番大事なのは継続する心


【地域猫のお勉強】うたい文句に「分かりやすい」「3分で分かる」「すぐにできる」と来れば人が集まり、その逆は人が引く。でも「分かる」って何だろう。「分かりやすい」って何だろう。時々、首を傾げる。
外で暮らす猫たちの真ん中に入って地域猫活動をする身としては、しゃちこ張ったそんな物言いは取っ払って目の前の現実に対応するのがこれまでの全てだった。ゴツゴツした現実を噛み砕くのには大変に手間がかかった。
去年の夏頃、安保法制にプロテクトする若い大学生たちSEALs(シールズ)のメンバーたちに専門家やおじさんたちが、「若い」「幼い」「勉強して世の中のことを分かってからやれ」ともっともらしい口撃をしていた。
しかし何処を基準点に「分かった」と査定するのだろう。目の前で起きている現実は足を止めて待ってくれない。待っているうちに浦島太郎になってしまう。

私は地域猫活動を事前に勉強してから始めたのではなく、肉眼で悲惨な生の現場を見知っての正に〝突撃〟という類いの実際だった。「大変だ」と闇雲の突撃だった。
分かって手際良く始めたのではなく、同時進行「やりながら」学んで行った。
日日の給食、TNR(不妊去勢)の実施、役所も含めた周囲とのネゴシエーション、不良エサやりとの戦い、そして一番大事にしたのは「外猫をそれ以上悲惨な目に遭わせない」という一念だった。
猫たちを目の前にして自分が自分に唯一つ「分かっていた」のは最後まで投げ出さない継続、これは今も変わらない考えだ。当初、行政が「不妊去勢の全額負担するのが理想だから」と協力を拒否した人がいた。世話しているのは自分たちだから「勝手に入って来られては困る」と話し合いにならなかった人たちもいた。彼ら全て今は跡形もなく消えて行った。

結局、自分本位の「楽しみや考えや事情」という〝我〟を先行させる人はどの現場でも長続きしない。外で生きる猫たちの痛みより自分の〝我〟を優先する生き方では「どの道」当然の成り行きかもしれないけれど、彼らが異口同音に口にしたのは「あんたの猫じゃないでしょ」という所有の〝かみつき〟だった。「みんなの猫」と言い張っていた。
所有の争いではなく、倫理の問題なんですけどねぇー。
ん~。どんなに説明しても分からない人がいる。どんなに手を尽くしても払いのけられる心がある。
外で生きる猫、捨てられた猫、とどのつまり・・・。地域猫について「分かる」ということは、何よりも最初に「その痛みを分かってやる」のが一番大事だと経験から思える今日この頃、こざかしく「地域猫のお勉強」をするよりもっと前段階の「人としてのお勉強」をする方が先な人があんまり多過ぎると雑感する人景色です。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.13

外猫無宿🐈日本死ね

Category: 社会批評
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   27℃~17℃   


DSCN8107.jpg
外猫無宿の風が吹く


品川区のKMさん


信頼に応えられるよう ご厚意に コツコツだけが売りです


いつも本当に ありがとう



【外猫無宿🐈日本死ね】少し前に「保育園落ちた 日本死ね」という匿名ブログが話題になった。幼い子供を保育園に預けて働きたい。働かなければ暮らしていけない。そうしなければ子供の未来を切り拓いてやれない。しかし外で働く必要最低条件の保育園が狭き門。落ちてしまった。当たり前に目の前が真っ白になる。「どうすればいいだろう」という憔悴する気持になって当然だ。
一億総活躍社会と言われても、少子化では国が滅ぶから「子供を産め」と号令されても、だけど保育園の面倒は一切見ないし、大学卒業までかかる教育費は世界一高い。そして裕福な家庭に生まれなかった子供は大学卒業時に600万~800万円の借金を背負わされるという。
25歳前にして大借金を背負わされて、どうやって人生設計を立てればいい? ねぇー。
結婚しろ、子供を産め、だが人生は自己責任だから勝手にしろと突き放される矛盾に満ちた仕組み。普通に暮らす普通の人がふつふつと怒りを湧き上がらせるのはもっともなことだ。

大企業や金持ちだけが政治の金ピカな恩恵に浴し、99%の普通の暮しは切り捨てられる。そこに社会問題があろうと庶民の痛みを全く感じない。「そんなことどうでもいいじゃん!」と涼しい顔で素通りされる。
言われたことを大人しく黙って聞けと、こんなことが半数以上の支持を集めているというから絶望は更に深くなる。
本当は自分も苦しいのに苦しいと認めると「カッコ悪っ!」と見られるのを嫌う心理が働くのか、そういう連中は自分より弱い者を見つけては場当たり当座の「優位の快」を味わいたくて、叩ける対象を探し出しては叩きに叩きまくっている。「問題を直視しない」はびこる風習がネットとメディアの取っ散らかしの風景と化している。
待機児童300万と言われる「保育園落ちた 日本死ね」という重い現実が、ネット遊びと政治遊びの粋狂で軽くいなされ見逃され、笑って済まされてそれで良いのだろうか。生きる本音を言って何が悪い。悲鳴を上げてどこが悪い。世の中のリアリティーは悲鳴を上げる側にいつも切実さがある。

どっちもこっちもどうかしている。どっちもこっちもイライラしている。保育園落ちてありがとうございます。東京五輪の賄賂疑惑でありがとうございます。アベノミクスの失政で実質賃金目減りでありがとうございます。パナマ文書の租税回避が明るみになって「調査せず」でありがとうございます。正社員を落ちて非正規になってありがとうございます。相次ぐ国会議員の政治資金疑惑がうやむやになってありがとうございます。サミット期間中は「リスクを避けるために福1の作業ストップ」という恐ろしい二重トリックにありがとうございます。ん~同調しなければ〝異常視〟されるって何かおかしい。どっかゆがんでいる。
そして私たちの活動も春が来て〝叩きの虫〟が這い出し始め叩かれている。叩き虫が区役所にクレームを入れるたびに一枚また一枚と「警告貼り紙」が増えている。全く同じ文面の四角い色付き看板がこれで5枚。
役所は文面で「地域猫活動を進めています」と書きながら、「エサやりはダメ」とダブルスピークをしている。少子化対策に「子供を産め」と言いながら、「保育所なし」「教育費高い」と全く同じだ。
虎の威を借りたモンスタークレーマーがエスカレートし調子に乗って言いたい放題たたみかけて来る。
水を置くな」「エサを置くな」「ほら置いてはダメだと書いてあるだろ」!!! 「置かなきゃ食べも飲めもしないじゃん」と返すと「ルールを守れ」と高飛車大声が飛んで来る。

一分でも置いたら置き水/置きエサと言うのだそうだ。こんなモンスターなクレームを御身大事さで聞き入れる役所もどうかしている。人の倫の矜持を疑う。不妊/去勢手術は「OK」でも外猫は飲み食いしてはいけないということか。それはTNRの後は「トットと死ね」ということだ。
外猫無宿・・・。外猫残酷物語である。何てむちゃくちゃなサイコパス・ワールドなのだろう。
地域猫活動は道を閉ざされた猫たちの道を切り拓くアクション。無慈悲な公務員とクレーマーの方便を聞き入れるわけには絶対いかない。捨て猫する人間は捕まえられも罰せられもせず無作為に見逃され、地域猫活動が言葉の暴力の野ざらしになる。これって余りにも変過ぎやしないか。

高飛車なビッグマウスの足元には人のゴミが散乱していた。片づけるのは誰? クレーマーや役人じゃない。私たち。

地域猫活動は道を閉ざされた外猫たちの道をこじ開けるフルアクション。この全行動に私は誇りを持ってやっている。この行動のどこが悪い。何が悪い。理路整然と論理的に答えて欲しいものだ。
捨て猫という被害を受けた猫たちに餓死の追討ちをかけるとか、「殺処分にしたらいい」という加虐の意思が正当化されるならば、私の中で「外猫無宿🐈日本死ね」の響きが痛切なリアリティーを持ち始める。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.12

4月の感謝祭‘2016

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   28℃~18℃   


DSCN3693.jpg
そしてピノコは幸せになった 9年の活動の大きな果実


【A Thank-You Note To Our Friends】外猫活動に猫弁当を持って出かけると、稀に「大変ね」と声をかけて下さる方はいますが、自分のパイ(時間・労力・カンパ金)を差し出そうする方は、この9年間でほとんど現れませんでした。
その人それぞれ何らかの気づきや問題意識で、一歩前に足を踏み出してくれる方は、ホワイトタイガーのような希少生物にさえ思われます。大方の現場での人の生反応は「アー猫だぁー!」とはしゃぎ、はしゃがれる唯それだけです。
世の中の端っこの端っこで申し訳なさそうに生きている外の猫に、親身な目を向けてくれた場面と人を思い浮かべてみても、「あの場面」と「あの人」くらいしか思い当たらず、5本の指を必要としません。
こんな淋しくなる風景の中で、「猫たちへ」「活動へ」とブログがきっかけとなって、真心のご寄付を届けて下さっている方々へは、だからこそ余計に感謝の気持でいっぱいです。

通常活動へご寄付の方々:目黒区MNさん 練馬区SHさん 品川区IMさん 品川区KMさん 港区YMさん 港区MTさん 埼玉県日高市TNさん 東久留米HYさん 福岡県筑紫野市OTさん 横浜市IMさん 中野区YTさん 品川区IMさん 港区KJさん

福ちゃんへ寄せられたご支援:埼玉県日高市TNさん 愛知県豊橋市NTさん 港区MTさん 福岡県筑紫野市OTさん ご住所記載ないKNさん 山梨県南巨摩郡YEさん 埼玉県川口市NNさん 東久留米HYさん お名前ご住所記載ない方 横浜市IMさん 

脳機能障害のリエル君へのご配慮:港区MTさん 練馬区SHさん(順不同です)


福岡県筑紫野市のOTさんは「福ちゃんへ」と長い間ずっと継続してご支援して下さっている他に、私たちの日常活動へもご配慮を頂いています。本当にありがとうございます。

品川区のKMさん、埼玉県日高市のTNさん、横浜市のIMさん、東久留米市のHYさん、港区のMTさん、練馬区のSHさん、この皆さんからも「福ちゃんへ」と通常ご寄付を重ねて頂いています。同じ方々にご負担をおかけして申し訳なく、そして感謝するばかりです。

東久留米市のHYさんと品川区のIMさん練馬区のSHさんにはフォスターペアレントにもなって頂いていて、港区のMTさんと練馬区のSHさんからは脳機能障害で特別な手当を必要とするリエルくんへの気づかいが届いています。
読みの心、優しい人はどこまでも優しいと深く身にしみます。本当にありがとうございます。

品川区のIMさんにはトンデモ横丁の火種となった4匹の子猫たちの母〝しろちゃん〟の預かり宅を紹介して頂きました。しろちゃん養育にかかる物品は本来ならば全てこちらが負担しなければいけないのに、IMさんはそれを決して受取ろうとしない人格者です。その他にもIMさんにはお世話になりっ放しで活動をまじめにすることで応えて行こうと考えています。
しろちゃんの預かりをして頂いている神奈川県のOさんも大変良い方で、「早く里親会に参加できるように」と緊張体質のしろちゃんを抱っこできるまでにして下さいました。手を合わせて感謝です。

練馬区のSHさんにはいつも驚かされています。季節の葉境〝3月終りから4月初め〟に、目からウロコのビックリ玉手箱でした。何とSHさんは自分の誕生日だから「今月は多くしました。好きなように使って下さい」と、逆バースデイ・プレゼントをしてくれたのです。普通は誕生日ならプレゼントされることを期待するものです。ところがSHさんは自分の誕生日だから「差し出す」という反転する発想力、ただもう感服しました。驚異の精神の持ち主です。

目黒区のMNさん、港区のYMさん、中野区のYTさん、港区のKJさん、生活の一部を切り崩しての外で生きる猫たちへのバックアップに心からお礼申し上げます。

私たちの活動は道を閉ざされた猫たちの道を切り拓くアクションです。届けられるご支援は皆さんからの声だと受け止めて活動しています。財政事情は決して芳しくなく、「私の文章力がもう少しマシならば」と、反省しきりに猫たちに謝っています。うだつが上がらない分は、ひたむきにまじめに生きて行くしかないようです。


【今月の買物ラプソディ】六本木から麻布十番や三田を通って湾岸に抜ける街並みは、思いの外に経済の落ち込み感がはなはだしい。街行く人はどことなく色あせ〝やさぐれて〟いて、店先にも繁盛の精彩がどこにもない。
店の人に聞いたら、特売品はすぐに売り切れになるという。不景気風吹く中のリアル本音の消費行動なのだろう。
メーカーは高級品で財布をゆるめる作戦に打って出るそうだが、実質賃金が大幅目減りでは付け焼刃過ぎて全体の活性化にはおよそおぼつかない。アベノミクスの中身は思考停止、思考停止が招いたドロンとした空気感がぬぐえない。
どうやら「経済とは何か」を一から洗い直し学習し直した方が良さそうなくらい貪欲化で失速した世情だ。

原因を分かっていないから火に油が次々と注ぎ込まれる。

「アホノミクス」の言葉の生みの親である浜矩子さんが、経済に不可欠なのは「耳」「目」「手」の三つの道具だと提言しているのが含蓄深く説得力がある。耳は自分と違う立場の人の話を聞く「傾ける耳」であり、目は人のためにもらい泣きする「涙する目」であり、手は助けを必要としている悲しみの淵にいる人を引っ張り上げる「差し伸べる手」だと、この三つの感覚をかなぐり捨てて大爆走する経済は「パナマ文書」に見るように世界そのものを壊しかねない危険に満ちている。「我が! 我が!」の暴走列車はいつ止まるのか。誰が止めるのか。
脱線転覆した後の線路沿いは、累々とした死体の山が転がっていそうだ。猫に引かれて、「耳」「目」「手」を忘れずに、細道でも「この道」を行こう。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

6jpg_2.jpg


おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.11

福ちゃんの近況🐈春

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  27℃~16℃ 


image1.jpg
お気に入りのソファで


港区のMTさん


自分の家の6猫を通し 慈愛を外に向ける 唯々ありがとうです



【福ちゃんの近況🐈春】やけどの子「福ちゃん」は着実な歩みです。写真からは落ち着いた様子がうかがわれます。里親Iさんの献身的な看病に非常に感謝しています。傷の経過は「少しずつゝ縮んでいる」という獣医師先生の説明です。最初に受けたダメージがあまりにも大き過ぎて、度が深いやけどの傷の治りは耐え忍んで気長に時間を待つしかありません。

これから鬱陶しい梅雨に向かって真夏の太陽に向かって、Iさんも獣医師先生も福ちゃんの首に巻いた〝エリザベスカラー〟を人情では苦がないように外してやりたいでしょうが、万一むずがゆい傷にさわって第二次炎症を起こしたら一大事になるので、福ちゃん自身も見守る方も我慢のしどころです。

しかし全治2年の見込みとは予想をはるかに超えています。もし人間だったら激痛と精神的圧迫で耐えられなかったかもしれません。あるいはショック死していたかもしれないと言われています。天から稀な幸運の光が射して「生死の境」をくぐり抜けた福ちゃんの命、東芝敷地に捨てられた袖触れ合う縁があるので、傷が治って極普通の家猫に無事溶けてゆくまで見守り続けます。

ドレッシング療法はまだまだ必要不可欠なので、他の治療費と合わせて獣医師先生と相談しながら切らさずに届けています。
本当に心から皆さんのご協力に感謝します。そして治療が続いているので、これからもご支援をよろしくお願いします。また福ちゃん近況ノートを報告します。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0497abc_201605141851023f7.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.10

オバマ・ロジック🐈これ使える

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  23℃~16℃  


2540.jpg
合法が問題


品川区のIMさん


ご支援とご配慮 何から何まで 本当にありがとう



【オバマ・ロジック🐈これ使える】タックスヘイブンを利用して租税逃れをしている世界の富裕層や大企業の名簿、いわゆる「パナマ文書」が5月10日に白日の下にさらされた。パナマ文書のリスト公開前から世界は蜂の巣を突っついた大騒ぎになっていた。しかし日本政府は早々に「調査しない」と明言してはばからない。
一般庶民からは搾りに搾り取って、富裕層はサラリと見逃される。
この不公平感から垣間見える日本は「封建の世」か。オール・マスコミは恐れおののいて及び腰で何ら報道がない。我が身大事さで「報道の魂」を売り渡すマスコミの〝はらわた〟が空恐ろしい。
リスト公開で名前が上がった中には「租税回避地の利用は節税が目的ではなく、全くやましいところはない」と発言している人がいるが、では何故そんな所にわざわざ「ペーパーカンパニー(幽霊会社)」を作る必要があったのか。
租税回避地は脱税や粉飾決算、資金洗浄の温床と見なされているのにだ。

タックスヘイブン利用は違法行為ではないらしいが、そこに強い腐臭が立ち込めているのは疑いようがない。

パナマ文書が明るみに出て、アメリカ大統領バラク・オバマがユニークなコメントを残している。頭の良さは何処かのボンクラ最高責任者とは恐ろしく出来が違うようだ。人であるギリギリのところで踏みとどまっている。
オバマは言う。「~タックスヘイブンの利用が合法だから、それが問題なのだ。アメリカを先頭に世界の多くの企業や金持ちが私利私欲のためにタックスヘイブンを利用して納税義務を逃れている。その被害者は世界中大多数の一般市民だ。問題なのはこんなことが合法的に行なわれている現状だ~」と。ふ~む。グッジョブ。言えてる。的を射てる。

これを聞き知って、ハタと目がすわった。この論法、使える。

犬猫のホロコーストが合法だから、それが大問題なのだ。多くの身勝手な人間が公の殺処分施設を利用して自分の倫理的責任を逃れている。その被害者は過去・現在・未来の罪なき犬猫たちだ。問題なのはこんなことが合法的に行われている現状だ。
合法だから「やむを得ない」といつしか手なずけられてしまっている。この絡繰りは「合法的に租税逃れするパナマ文書の腐敗」と似ている。合法だから良いってもんじゃない。合法だから悪習を正当化できるってもんじゃない。
悪習と分かりながら正せないでいるなら、犬猫問題では人心が乱れ人の倫が崩壊し、租税回避では社会の循環パイプが切れ「酸欠金魚がプカプカ浮かぶ」政府など無いに等しい状態になる。いつ誰がプカプカ金魚になるか分からない。それなのに「社会保障に宛てる財源がありません」って。ちょっと・・・

🐈

しかし今・・・。デタラメ国のデタラメ住民たちは東京都知事とベッキー叩きに躍起になっている。「これ叩いていいよ」とお墨付きでさらされている〝さらし者〟を総勢上げて叩きまくっている。叩きの勢いがすさまじい。ギロチン台の真下の唇たちが本当の自分の敵を見抜けないと、やがて末路に自分の足を食いちぎるタコになりかねない。
TPP、五輪招致の賄賂不正、政権の見え透いた数々の失政と嘘を報道しない何故。それなのに小物スケープゴートに多勢に無勢で襲いかかっている。
舛添要一の不正問題は東京都知事選挙前からあったし、不正金繰りとインモラルの「悪党ぶり」は選挙前から分かっていた。それが今頃になってどうしてにわかにクローズアップされる? 安手の人形浄瑠璃の安手の使い手がいるのを見極めるべき。
スケープゴートに色めき立たせ蔭に隠されるのは何か? 犬猫のホロコーストを「合法だ」と見て見ぬふりをしていたら、心の目もなくなっちゃって〝のっぺらぼう〟が普通世界になっちゃった。パナマ文書も五輪不正も・・・国益だと見過ごすのか。実に腐った世界だ。


CIbRyvDXAAAYs6f.jpg



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0036c_20160416162337563.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.09

通報

Category: 地域猫活動
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  22℃~18℃   


カストロとローマ法王
ツーホーと叫ぶ恥知らず


港区のYMさん


かゆい所に手が届く ご配慮に いつも感謝しています



【通報】同じ港区で地域猫活動をする友人からゴールデンウイークに入る前に「ある相談」を受けた。現場でしつっこく「やめろ!」「やめないと通報するぞ!」と待ち伏せされるそうだ。
挙句は「外人はトットと出ていけ!」と口汚く口角泡を飛ばされると聞いている。この「いやはや」なヘイト攻撃を仕掛けるのが89歳と90歳の老夫婦だというから更に呆れて言葉も出ない。ネトウヨばりの憎悪が平たく一般市民の口にまで、それも超老人にまで浸み渡っているのに、あっけに取られ驚きを通り越す。

たどたどしい日本語を使って自分の活動を説明しても、「うるせぇー! つべこべ言うな! 出てけ!」の一点張りで一向に埒があかない。来る日も来る日も待ち伏せされるそうだ。
年寄りの凝り固まった前頭葉では何を言おうと効かない。聞かない。利かない。
こういうクレーマーに共通するのは、社会的善悪の思慮深い判断からではなく、自分がふり上げた拳の興奮から湯気立つ気持良さ、興奮している内に何処からともなしに「自分が正義」だと回路が広がる。マグマは興奮、たまらないエクスタシーが脳内に散布されるからなかなか止まらない。

悪い奴らをやっつけている。だから自分流正義にみなぎる。そして、やれ警察だ、やれ保健所だ、やれ区役所だ、「通報するぞ!」と口走り、天下の宝刀をふるっている気になっている。やられた経験が私にも数々ある。
でも現実は彼らの知らない所で、区役所や保健所とはまっとうな活動なら「猫問題」の話し合いはできているし、通報したからと言って役所が猫を殺しに颯爽とやって来るわけではない。それに警察に通報したからと言って、外猫を適正管理しているのを裁く法律はないのだから、逮捕も処罰もできない。
しかし奴らは・・・。無知がさせる興奮に身を任せ〝ノーブレーキ〟で上から目線で増々馬乗りになる。

警察・役人など公印の権力者が「自分の味方だ」と、根なしの正義は〝根拠なき錯覚〟に酔いしれる。だから相談者にはいつもキチンとした服装をして相手を興奮させない方法を伝えた。
唐突に対処法を「いつもキチンとした服装をして」と言い出すと、「関係ないじゃん」と拍子抜けさせてしまうかもしれないが、これが相手にも公印にも無言に利くのです。身だしなみは無言で社会的立場を表わし、生きる態度の表明です。まともさを見せていれば、そう手荒くは扱えない。ベランメェーな無礼には飽くまで「まっとうでいる」ことを心掛けるのです。

憎悪するほど人は興奮し、憎悪させればさせるほど躍起になって火が萌え燃えさかる。売られたケンカに乗っては損をする。柔らかい口調で公の場所で話し合えるかどうか確認して、後は「フーン」と柳に風で人を脱力させるドロンパ話法を身に着けるのが一番なのだが、現場の立ち話では「本当の解決」はつかないことを知っておくべきだろう。
クレーマーの究極の目的は相手をやり込め溜飲を下げること、「通報するぞ!」と脅されても公印は地域猫活動を裁く法を持たないのだから「通報」という言葉にビビらないのが大事な心構えです。「はいどうぞ」と・・・

89歳と90歳のモンスタークレーマーは現場から随分遠くに住んでいた。つまり~あのその~そういうことです。退屈している日常に気持高ぶる非日常を欲しているのです。正義印ふりかざし悪い奴をやっつけようと〝薬〟をまき散らして歩いているというから完全な○○○○。現場に行ってみたら鼻をつまむ異臭がしていた。
自分を盲目的に「正義」だと信じ込む人は、自分のしていることを客観視する第三の目を持たない。正義だから「何をしてもいい」と拍車がかかる。

だが正義かどうか判定するのは「あんた」じゃない。事情を知らず口汚く一方的に「やめろ! 通報して猫を殺させるぞ! 外人は出てけ!」とハチャメチャわめき散らす方がよっぽど良識と常識を逸脱している。
クレーマーの大方の心理は自慰行為、顔で笑って心の底の底で「勝手に興奮してろ」と、まともに相手するのが本当に馬鹿々々しくなる。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

151121_0634~01鈴家いちろう2

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.08

猫のトイレ改革

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   27℃~17℃   


deo2.png
複数枚を重ねているのが分かるようにずらして撮影 実際は真ん中にエクリプス重ね


【猫のトイレ改革】去年の晩秋から始めた室内猫のトイレ改革は、ヒノキかオカラの砂を使う旧式タイプを一部残しながら、ユニ・チャームの2層式デオトイレ方式を取り入れ大幅に切り替えた。旧式が2か所で新式が4か所、猫たちはそれぞれの好みに合わせ使い分けている。年が若い猫ほど新式にいち早く慣れてくれた。年寄りの猫たちはこれまでの習慣で旧式に頑固に俄然こだわっている。
しかし新式を大幅に取り入れてから掃除や衛生管理がスムーズであり本当に楽になった。
後は滞りなくゴミの処理をきちんしていれば良いだけです。年寄りの猫たちが新式で「OK!」を出してくれれば言うことがないのだが強制はできない。身に着けた習慣はそう簡単には変わらない。

実は・・・。ペットシートを使う新型トイレは大分前から取り入れていたが構造的に使い勝手が大変悪かった。引き出し替えが大の苦手だった。比べて進化したユニ・チャームのデオトイレがどう優れているかと言うと、やはり土台部からスノコを手軽にパカっと外せる点です。
今まで使っていた二層式は土台部がペットシートを入れる引き出ししか無く、引き出しを受ける部分がデオトイレのように皿状になっていないのが私の視点から見た欠点でした。そして二層式旧型は土台とスノコの切り離しが面倒で丸洗いするのにも四苦八苦。
構造的にはユニ・チャームのデオトイレもシートの交換は引き出し式でするようになっているが、私はそんな勿体ぶった〝お上品〟なことはしていない。引き出しを引いたことなどたった一回もない。
ではどうしているかと言うと・・・。土台からスノコをパカっと外し、ペットシートを土台部に10枚以上重ねて入れている。気がついた時、限界時間が来た時、土台からスノコを外し一番上の汚れたシートを折りたたんでパッと処理して元に戻す。シートの汚れがひどい時は下のシートで包める利便性がある。そばにペットシートを用意して、「はい引き出しを開けて」という面倒臭さがなく、ペットシート複数枚重ねしていれば苦なく次々と作業ができる。

しかしシートはユニ・チャーム推薦の一週間持続可能の〝優れもの〟は使っていない。一枚13円の一般のペットシートを使っている。一匹や二匹飼いならそれでも良いが、多頭飼いの家で一枚100円超は少し高すぎる。
何しろ次から次へシート交換をしなければならないし、いくら吸収と消臭効果に優れていると言われても、汚れたシートの長期間放置には抵抗がある。
初めはユニ・チャームのペットシートを使ってみたが、ゴミになった時かさばってしまうし、私の家に限っては一般用の方が使い勝手がいい。シートが一日8枚必要なので900円vs100円の差は大きい。
けれど猫砂のデオトイレ「ゼオライト・シリカゲル」は常識破りの〝優れもの〟です。劣化速度の遅さ、持続時間、消臭効果、スノコに目づまりしない適度な砂粒の大きさ、購入量をへらせている分だけ同時に猫砂備蓄の収納面積をへらせてスペースが空いた。デオトイレにした思わぬ副次効果の良い点でした。

デオトイレに最初はいぶかっていた猫たちも、ある時デオトイレのスノコのカーブに気づいて砂を水平になるまで入れてみたら、お尻の居心地を確保できたようで中堅猫たちも今では新トイレに慣れ始めている。
ヒノキとオカラの猫砂購入の減少、トイレ掃除が容易になったこと、とりあえず「猫のトイレ改革」は成功しているようです。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

角d

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.07

そして誰もいなくなった現場「ピノコの思い出」

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   26℃~15℃   
 

160426_2015~001160429_0702~001
ニューライフ ニューファミリー


【そして誰もいなくなった現場「ピノコの思い出」】写真の黒猫がかつて東芝~シーバンズで地域猫として暮らしていたスーパーピノコです。今は新しい名前をもらって横浜でこれ以上望めない幸せな日々を送っています。かつて雨と風の冷たいマントを背中に羽織り、寒くきびしい冬の夜には砂と落葉を毛布代わりに突っ伏して日暮らししていた、あれらの光景が嘘のようです。地を這い生きた地獄から幸運の雲の糸が降りて来て天国の暮しへ。
「ピノコ、しっかりつかまって行くんだよ」と思ったものです。
あのまま地域猫で生涯を終えるかに見えていたのが、何の巡り会わせか本当に「スーパー特A+」を突き破る素晴らしい人がこの上ない微笑みを投げかけてくれたのです。
あれから2年半経ち、写真から至れり尽くせりの〝穏やかな暮らしぶり〟が伝わります。
一緒に写っている子を「外から救出した」とメールを受け取ったのは確か去年のクリスマスの日でしたっけ。助けた当時はウンともスンとも鳴きもせず、背中に穴が空いて大ケガを負って大変だったそうですが、あれから数か月の〝時の湿布〟が傷を癒したようです。

こうして年頃も生まれも暮らし育った環境も違っている二匹が、一人の人に出会って「一枚の写真」におさまっているのを見ると、故意ではなく自然に「思い出の中のピノコ」が巡り来ます。
横浜のIMさん同様にピノコは性根やさしく仲間を思いやる芯が強い力持ちした。そういう性質(たち)でした。
自分の縄張りでない場所では申し訳なさそうにそっと影のように振る舞い、巡り会わせ三兄弟の最後の住み処となった所では弟妹が食べ終わるのを待つ意地らしい習わしを身に着けていました。
一時、巡り会わせ三兄弟を鉄腕ウンガさんが担当していたことがあります。その時の胸熱くなる思い出を鉄腕ウンガさんが話してくれたので紹介します。初めは仲悪かったピノコとジプティとリリタンの物語。毎年の冬の寒さが「背に腹を変えられぬ関係」に時を重ねるごとに変って行きました。お互いがお互いの風の盾になる防寒の仲間、いつしか寄り添う「聖家族」になっていました。

鉄腕ウンガさんより。「~外暮し間もない若葉マークのジプティはオドオドして暮らしていました。ちょっと優しい素振りを見せる人なら誰彼かまわず付いて行きました。本当に淋しがりやさんでした。本当に人懐っこい猫さんでした。そして寒さや何だかんだでいつも目をうるませ涙をためていました。
満たされない思いがあったのでしょうか。人恋しかったのでしょうか。自分の給食時間が終わっても、公園で水を汲み足す時も、私がその足で次の現場に向かう道すじにも、いつも私の後を付いて来ました。そんなジプティの行動に東芝の園内ならピノコは反応を見せません。遠巻きにしていました。

しかしです。東芝の作業を終え、園外の帰り道へ出ようとした時のことでした。「じゃーまた明日ね」と圏外へ通じるトンネルに私が自転車を走らせると、ジプティが追って来たのです。
その時でした。ピノコが猛然とダッシュで飛んで来て、ジプティの前に立ちはだかり、ひどく威嚇して怒り出したのです。勝手知る先輩ピノコが「あっち行っちゃダメ」と危険を察知して止めたのです。ジプティはすごすごと戻って行きました。ピノコが仲間を守ったのだと思いました。

人は『動物より人間の方が賢くてエライ』と多くの人が信じていますが、決してそんなことはないと涙腺切れそうになりながら実感した出来事でした。
ジプティが誰かに毒を盛られてあんなことになって。そしてピノコはひとりぼっち。
けれど『あの現場の幕引き』が横浜のIMさんという〝この上ない人〟との奇跡的な出会いで、静かな終わりを迎えたことが今では心温まる慰めになっています。東芝で生き死んだみんなの分だけ幸せにしているピノコ丸。
ピノコ・メールが届くと『あの思い出』がいつも脳裏をかすめます・・・



jpg_2.jpg
左リリタン 真ん中ジプティ 右ピノコ



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

5DSCN4135.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.06

生きている生命を置き去りにするって

Category: 社会批評
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。 23℃~15℃   


fukushima_2016051014374368b.png
フキダシにどんな言葉を入れてもダメ


中野区のYTさん


地に足がついた 言葉をいつも ありがとう



【生きている生命を置き去りにするって】「生きている命を置き去りにするというのはどういうことなのか? 苦しくないのか? 自分を責めたりしないのか?」と問う中野区のYTさん、私は子供の頃から貴女と同じ問いを半生かけて反芻していますが、実際に現場での体験からここに来て「問いそのもの」の空しさに立ち止まっています。
実際とは、捨て猫することを「罪悪」と見なさない99%の実相実々との対面の日々でした。

人の世の多くと「憐れみの心と罪悪の感情」を広く平たく共有するなら先の問いに果報もあろうが、第一歩の感情を共有し得ない数々あまたの人・人・人に巡り合いました。中には「ここなら野良猫やっていけると思って」と恥も外聞も罪の意識も希薄に告白した老婆がいました。4月28日のジャーナルのセージくんを保護して遺棄した〝噂の人〟は、子猫を拾って大きくなっては捨てるを繰り返している常習の人物です。何を問うても通じない実相の壁でした。

元少年A、こと「酒鬼薔薇聖徒」をヒーローにして武勇伝を出版して金儲けをもくろむ社会環境です。痛みを痛みとしない神経があります。罪を罪と感じない神経があります。罪悪を罪悪としない社会があります。
罪のくぐり抜けは思うより簡単な社会です。他の痛みを慮るよりは自分の〝快〟を最先行させる「脳原野」働かせ生きている人間が確実にいます。
毎年、殺処分される犬猫や捨て猫の膨大な数が、「殺処分自然/捨て猫自然」の人の心の現実をさらしています。

皆がやっているから自分もやっていいという、罪の意識の相殺現象が働いているのです。

リエルくんを脳機能停止にして職業的な罪の意識を感じない。社会や政治を諭しながらタックスヘイブンに租税逃れして罪の意識を感じない。「汚染水は完全ブロック」をはじめとして数々の嘘を公言して罪の意識を感じない。
そういう思考回路が血流となって世の中を動かしているのなら、罪悪感と倫理のハードルは増々低くなり放題で、何が起きても不思議ですらない私たちが日々に目にする光景です。
嘘が自然、不正義が自然、誤診が自然、口をつぐんで逃げまくるのが自然、捨て猫を自然と受け止める自然、問いかけるのが空しく馬鹿々々しくなる〝大自然〟です。

9年前に地域猫活動を始めた当時で約100匹の猫たち。100匹の猫の背後には必ず人がいたはずです。その後も後から後から猫は捨てられ続け、現場放棄で置き去りになった猫たちもいます。
今、身に覚えがあるその人たちは何処でどうしているのでしょうか。
罪の意識を逃れ溶けてゆく社会が汚れに汚れ切っているのなら、また痛い気持も〝汚れたそよ風〟にそよそよ流れ、何事もなかったように滅するのでしょう。
痛む者に背を向ける社会。痛む者に背を向ける政治。世界中に巨額の金をバラ撒く財源があっても、動物の殺しに使う気と財源があっても、貧困にあえぐ子供たちと動物の福祉に使う財源はないという。痛みを知らない政治家が描いた風景画は「人心の堕落」という当然の帰結かもしれません。YTさん、サイコパスに通じる言葉はありません。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN1655 475f

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.05

春が呼ぶ「人間という名」の悪い虫

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   27℃~17℃   


nightb.jpg
春先から人の虫も這い出した


【春が呼ぶ「人間という名」の悪い虫】冬の間は寒くて猫をかまうどころの話ではなくサッサと帰宅の途についていたのだろう。寒い間は地域猫たちが暮らす現場が荒らされることはなかった。しかし寒さが緩んで桜の季節を迎える頃から「人の手でされている」とハッキリ分かる痕跡がある現場で執拗に繰り返されている。
何をどうされているのかは野次馬たちの「面白がり気分」を刺激しないように伏せるが、それが人の手でなされている証拠を示すために一つだけ明らかにすると、コンクリートのたたきの上に紙を敷いてドライフードの〝シーバ〟が10粒ほど、黄ばんだ紙の上は四角いシーバと巨大アリの合戦場になっていた。

その現場で暮らす猫が人馴れしていて「可愛い」からエサで気を引いて束の間の遊びにしたい。思惑は直ぐに読める。このタイプの無責任な〝猫かまい〟は、地域猫活動をする上で只の不快でしかない。一時の楽しみに、動物園でするように、猫を簡単にエサで釣り出せる「下等動物」としてしか見てないからだ。
適正に管理されている地域猫エリアに分け入って、静かに暮らす猫たちにどうして干渉したがるのだろう。
この手の人種に出会い頭にかち合うと、判で押したように決まってこう言い逃れる。「可愛がっているからいいじゃない!」とか「あんたの猫じゃないでしょう!」と異口同音違わず同じ反応だ。

「所有の問題ではなく倫理の問題なんですけどね」と言っても通じやしない。複数の人に人馴れさせることは、虐待目的犯に狙われやすくなるから止めるように促しても手首をヒラヒラさせて逃げては、そしてまた現れる。
飽きるまで自分の〝楽しみ〟を追及する。楽しみとは止みがたく自制が利かないものらしい。
でも外で暮らす猫を〝楽しみ〟にするって、大の良い大人が人格壊れ過ぎだって。
本当に「豆腐の角に頭ぶつけて死んじまえ」の世界だ。
そう言えば「東芝の猫に会うのを楽しみに出勤している」と馬鹿メールをくれた馬鹿女もいたっけ。
何かする前に、「これやって良いのかな?」という倫理観が微塵もかすめず、欲求だけが先走りつんのめる、ビロ~ンと伸び切ったパンツのゴム紐のような人影風景が果てしなくうんざりしている。

そして春の闇は鳴りを潜めていたモンスタークレーマーの〝虫〟もモゾモゾ騒がし始めた。世の九分九厘は「善良な市民」とのフレコミだが、猫の保護活動を通じて感じて来たのは「善良な市民なんて一体どこにいるの? いるものなら顔が見たい」というのが本音の本音の正直な気持だ。
猫好き(不良エサやり)と猫嫌い(モンスタークレーマー)、双方に何一つ話が通じない。他(ネコ)の幸福を願うのではなく、自分の幸福感だけを考える連中が漂わせる独特な腐臭 あの臭いが気温上昇の春風に乗ってまたやって来た。


DSCN0041.jpg
蘭の花の虐待事件は不良エサやりと猫かまいが手引したようなもの



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

ドラミの願い6008

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.04

また春の嵐に襲われて

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  27℃~19℃  


rain2
天変地異と自然現象にはかなわない


練馬区のSHさん


ご自身の誕生日を 逆贈り物の機会にする 貴女に敬意です


福ちゃんとリエルへ 真心を ただただ感謝です



【また春の嵐に襲われて】春は風の季節。あずかり知らない空の彼方で、めくるめく北と南の代表団が大乱闘を繰り広げ、去る空気と来る空気の大合戦場となって、とばっちりの息吹きが地上に叩きつけられ吹き荒れる「この季節」。
来る嵐は前日の猛烈な風の勢いが前奏曲を奏で予感させていた。
冬の空気を征伐する空恐ろしい風の輪舞。もの凄い大疾風が音を立てて駆け巡っていた。風だけで「治まってくれたなら」と願ったが、しかし分厚い雲を連れた「風の景色」にそれを望むのは土台叶わぬことだった。

風は夜更けになって波状攻撃で雨を連れて来た。第一波、第二波、嵐と呼ぶにはまだサラリ〝さざ波〟程度の軽いものだった。そして雨は夜明け前に一旦止んだ。風だけが残された。それで高をくくり込んだ。
嵐の前には〝静けさ〟が来る。まさにそれそのもの、教科書通りの運びとなった。
小休止の後、夜明けにせっ突かれ活動で外に出ると、雨降りはすっかりもう遠のいたかに見えた。
それに喜んで自転車のペダルを踏んで赤羽橋にさしかかった時、でっかい一滴がカッパをボタッと殴った途端、突然バシャバシャバシャッと瞬時に景色一面真っ白く濁った。横殴りの激しい風圧、真横から降る激しいザンザ雨、幸いあった高速道路の高架を傘にして立往生するしかなかった。

後から鉄腕ウンガに聞いた話によると、命の危険を感じる一歩手前だったとか。春の大嵐にかち合って傘が大どんでん返しにめくり上げられ、そのまま上半身に張りついて小突かれ、風圧があんまり強力過ぎて押される傘を動かすことができなかったという。
まるでコントの一場面のようだ。風圧は「受ける面積×?乗=・・・」の加力が加わるから無理からぬことです。
私の受け持つ現場でも駐車場に林立する鉄柱の旗が大暴風にゴォーとうなりを上げ大反響轟かせ、雷が連続で落ちているのかと錯覚するほどの凄まじい嵐の景色だった。目に・・・。耳に・・・。五感全てに・・・。

春の大嵐から逃れた細腕の鉄腕ウンガさんは帰宅してしばらく口が利けなかったというのが分かる。短時間の通りすがりの嵐でこれなのだから、大地震や巨大天災に遭ったらどんなだろう。大災害で帰る家を失くして、無残に大残骸と一緒に取り残されるって「どんな気持だろう」と思った。
辛々(からがら)たどり着いた家で嵐に乱された荷物を整理し、余ったナマリを冷蔵庫に入れようとしたら、くまモンのトマトと目が合った。東日本大震災から5年の付き合いになる〝くまモン君〟、地震の上に雨風の脅威にいつもさらされている九州の地、雨風嵐を引き受ける活動を余儀なくされる身としては、他人事とは片づけられない春の嵐真っ只中に震えおののいた衝撃残る体験だった。


くまもんトマト2



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

1k.png

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.03

長い冬がようやく終わる時

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   25℃~17℃ 
 

DSCN0160.jpg
春の野の花


【長い冬がようやく終わる時】空に桜が来て、ハナミズキが追いかけ、地に近くツツジが艶やかに咲き乱れ、路地に何気なしの花色とりどり、もう冬は遠く過ぎ去ったようだ。
しかし春とは言え桜の頃はまだまだ冬を残し肌寒く、気の早い連中が短パンTシャツで粋がっていたが、活動と暮しを一気に春ムードに切り替えるのはためらっていた。
経験的に猫は季節の変わり目に体調を崩しやすい。だから相変わらずウェットフードを湯せんして現場に出かけ、部屋のあちこちにあるホットカーペットはずっとつけっ放しにしていた。

カレンダーが春をめくって昼間の気配が一段と明るくなっても、どこかまだ空気がひんやりしていた。後少しゝと「冬の名残り」を引き伸ばし先送りし、部屋でTシャツ一枚で過ごせるようになるまで満を持して待っていた。そしてやっとその時が到来、5月に入ってとうとう蒸し暑さを感じ、リエルが居るケージのホットカーペットを最後にオフにした。
また湯せんして持ち運んでいたウェットフードも今は常温で適応してくれ大丈夫そうだ。
通常の世の中とは1か月タイムラグを置いて、寒がりな猫たちが待ちに待った本格的な春真っ只中へゴーサインです。

寒さきびしい戸外に外猫たちを残して立ち去る冬はつらく。寒さで体を壊している子はいないか。風邪を引いている子はいないか。そんな感情から兎に角、次の冬が来るまでは一先ず解放される。
知らず知らずに空気が柔らかく温んでゆくのに教えられ、別れ際に〝なごみの風情〟が何とは無しにそこはかとなく漂って、パラダイスとは言わないまでも穏やかな気持で帰路に着ける季節が今は心地よい。こんな楽で素晴らしいことはない。

今季の冬を生き残れなかった猫たちの「ひんやりした寂しい面影」が春風の中にヒューと鳴りほろ苦さを残すけれど・・・。長き道を共に歩いた思い出がどこからともなく〝あったかさ〟となって肩抱いて居てくれる。そんな気がしている。


DSCN4278.jpg
ありし日の芝のビクタくん



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN1655 475f

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
05.02

エレンがやっとのことでリビング・デビュー

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   21℃~13℃   


DSCN0513c.jpgDSCN0513d.jpg
強い女になるように「エレン」と名付けた


【エレンがやっとのことでリビング・デビュー】今ではすっかり大きくなった神奈川県横浜市からやって元地域猫のエレンたん。あんまりの激しい屈折ぶりになかなか馴れずに三段ケージ暮らしを続けていた。初めは「拒否され恐がられ拒否され」の連続だったが、1ミリずつ1センチずつ少しずつ距離を縮める気持で接近して、毎日ケージのそばに毛布を敷いて寝るアプローチを続けた。1年と4ヶ月・・・
ケージ越しに手を入れ、指を泳がせ声をかけて、どれくらい経った頃だろうか。ある日急に手の下に体を入れて来た。そして背中を「かけ」と催促し始めた。こんな日々を毎日毎夜、来る日も来る日もドア越しの指マッサージに明け暮れた。しかしドアを開けると臆病姫は電光石火の早業でケージ内ハウスに雲隠れ。それでもあきらめずにせっせせっせ。ケージ前を通る猫たちにも馴れ、年明けからエレンたんは大分打ち解け雪どけムードが漂っている。

この分ならケージのドアを開け放って「みんなと同じ〝自由暮らし〟をさせても大丈夫」という所まで来ている。後は人間の方の耐性、がまんの為所(しどころ)かな。覚悟を決めてエレンたんを自由にしてやろうと思っている。
みんながしているように自然に部屋でくつろげるまでは更に一週間くらいかかるかもしれない。しかし健康な猫をいつまでも限られたスペースに縛りつけて置くわけにはいかない。エレンたんを〝かごの鳥〟から解放してやろう。
見守る方にも見守られる方にも長い長い時間がかかった。ケージ外に出して自由行動をさせたら、また第二段階の慣れに時間を要するかもしれないが、鷹揚な心で前に駒を進めるしかない。

今のエレンたんは大きくなったのを飛び越えて〝巨大猫〟の領域、女の子にしては本当にかなりのデカさと重さ。三段ケージを上り下りするのにヘビー級の重量でドタンバタンガチャンと大きい音が轟き渡る。狭い空間で肥満体にさせてはいけない、時がもう限界点まで満ちているようだ。
思えばエレンたんは可哀そうな猫、嘘をつかれ騙されてエレンを引き取ったのだが、1か月も経たなうちに奴はケツをまくり逃げて行った。話した何もかもが嘘だらけだった。
彼は「やけどの福ちゃん」の第一発見者でもあったが、福ちゃんからもケツをまくってスタコラサッサ逃げて行った。探そうとすれば探し出せるが、卑怯者の後追いをしても無益だ。逃げた理由を問い質しても、おつりは時間の無駄と労力の無駄が返って来るだけで、エレンと福ちゃんが尚さら余計に可哀そうになる。

エレンはここでずっと一緒に生きる。福ちゃんも里親Iさんの家でずっと暮らす。奴はいつか身から出た錆の泥沼で辛酸を舐め唇を真っ黒の染めればいい。自分で地獄に堕ちればいい。何かしたら実名を公表する手立てと勤め先と交渉する奥の手は残す。カードはまだ切らない。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

4DSCN1310_20160506151128d2d.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

back-to-top