FC2ブログ
2016
06.18

運命の分かれ道👉最後の選挙になるかもしれない

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   33℃~21℃   


CbtLGGoUcAEjprU2.jpg
「平和な普通の暮しをしたい」と願うのをとがめられちゃーもう


【運命の分かれ道👉最後の選挙になるかもしれない】「音楽に政治を持ち込むな」ってSNSやネットで話題になっている。こっちも「猫ブログに政治や音楽を持ち込むな」ってとばっちりを食らいそうだ。
狭苦しい世の中だ。どんどん窮屈な世の中になる。どんどん息苦しい嫌な世の中になってゆく。頭から毛布をスッポリかぶって目だけ出して、口にガムテープを貼って生きなければいけない時代に突入して行くのだろうか。恐いなぁー。

人間のリアルな自然体は・・・。〝喜び〟〝哀しさ〟〝怒り〟〝楽しみ〟が混然一体になり、〝音楽〟〝映画〟〝料理(食べ物)〟〝政治〟〝科学〟〝文学〟〝美術〟〝スポーツ〟などを、見る・聞く・嗅ぐ・味わう・遊ぶ・読む・しゃべる・描く・書く・触るなどして縦横自由にまたいで行き来するのが生来。そういう生き物。
そこにくっきりと線引きされる境界線なんてありはしない。〝またぎ〟こそが醍醐味であり、人間に与えられた透明な翼。翼なくしてどうやって人生をドライブして行けと言うのだろうか。人間性の〝翼〟もがれて・・・

要は「アベちゃんを批判するな」という妄執から潮流だ。今、水上/水面下で何が起こっているのか知らせたくない、知られたくない。波風立たないように日本を「様変わりした国」へと持って行きたいのだろう。愚民を愚民のまま眠らせておきたいのだろう。
嘘でぬりたくった白い壁、ヒツジの皮を被った狼が通る。折しもの参院選挙で与党が3分の2を取れば、きっと隠し玉の「緊急事態条項」を憲法に紛れ込ませる〝野望〟が確実に明日に迫る。

緊急事態条項が息を吹き込まれ生き物になれば、即座に「基本的人権」は無効になり停止され、「個人の尊厳」が削り取られ、内閣総理大臣に権限全てが移譲される。つまり独裁の始まりです。
身近な生活でどんなことが起こるかと言うなら、例えばこれまで任意だった職務質問が〝強制〟になり、断るなら連行〝しょっぴかれる〟事態になる。この9年の地域猫活動で400回近く職質を受けているが、それが強制になって、合法的に思想警察が人の内面にまで入り込み取り調べが行われるのは、想像するだけでやっぱり身の毛がよだつ。

緊急事態条項が通れば、権力者が暴走するのを縛っている「憲法の精神」はタガが解け水泡に帰し、独裁の政令が自由自在に乱発されるのは目に見えている。もしそうなれば、民主政による選挙はもう行われない。
選挙と言っても名ばかりで、ナチス緊急事態宣言下かフセイン政権下のような追認選挙が関の山になる。だから👉これが民主政〝最期〟の選挙になるかもしれない。民主政〝臨終〟の選挙になるかもしれない。

緊急事態宣言をしたナチス支配下の選挙では、前の選挙でナチスに反対を投じた67%がナチスに「Yes」と転じ、ナチスの有効得票率は92%まで跳ね上がり、ご存知の通り大暴走へと突き進んで行った。
「まさかそんな馬鹿な~」と思われるかもしれないけれど、何でも出来る「緊急事態宣言」が下された下で、司法手続きなしに逮捕や行方不明が日常風景になれば、人の心は恐怖心や無力感やあきらめにすり替えられるから、一ひねりで世の中はひっくり返されることになる。「個は公の指示に従え」というのが緊急事態条項の言わんとする中身です。

そしたらもう地域猫活動なんかやってられなくなるかもしれない。大会社に「言われなき通報」をされ強制連行されるかもしれない。何かゾーッとして来た。
そして友だちが連行されるのも勿論イヤだ。だって友だちを助けようとしたら自分まで火の粉かぶって拘束されそうだもん。まさか👉まさか👉まさか👉
まさかこんな心配をしなければいけない時代が肌身に感じてやってくるとは思ってもみなかった。言うべきことは言っておかないと・・・



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN1690.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



back-to-top