FC2ブログ
2017
09.11

フードと水を与えるな~つまり「死ね」と行政が言う

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。 29℃~24℃ 


DSCN2411 (3)
全頭がTNR済みの場所へ クレーマーの意向のままに
いいように動かさせる小役人たち
メシ食うな 水飲むな
つまり死ねって
ことね



コメント投稿の横浜市OKさん


同じ考え 同じ方向 心の友達


頑張りましょう & 感謝しています




【フードと水を与えるな➡ つまり「死ね」と行政が言う】さいたま市の〝猫13匹連続拷問殺事件〟が、頭の中で生乾きに血塗られるまま、地域猫が命の灯をともす現場にまたラミネート・ステッカーの警告文が貼り出された。通報者が日本語が通じないと見たのか、行政が今度は全文英語でご丁寧な施行ぶりです。単刀直入に翻訳すれば、「フードも水も与えるな」と、つまり「飢えさせ死なせろ」と言うことです。どう逆立ちして読んでも「死ね!」としか解釈しようがない。事前連絡のない強制執行でした。

「地域猫活動を認める」と建前を取りながら、「フードも水も与えるな」は自己矛盾していませんかって。それともそれは通報者を場当たりに満足させる一時しのぎで、我々にはまた別の口を使って言い逃れするのかなぁー。税金で食わせてもらっている公務員の「命に対する道徳心」って何だろう。このブログに記事の削除要請をして来た某新聞社の取材元である名古屋市愛護センター担当者も、「一匹への餌やりが十匹以上の不幸を作る」から餌やりをやめさせる正当性を主張した。無恥の砂漠に胸が痛くなる。

人と同じように猫も食べ物で命をつなぐ原理を大卒の公務員が知らないわけがない。兵糧攻めで死んでくれたら手が省けて「めっけもん」とする生命倫理観なら職務以前の人としてあんまりにもお粗末過ぎる。あんまりにも野卑な言動です。出身がお坊ちゃんやお嬢ちゃんで飢餓で死ぬ壮絶な苦しみに想像が及ばないのか。さもなくば、「今だけ 給料だけ 自分だけ」が何の気なく作動する公務員体質の成せる業か。動物虐待犯と公務員の違いが分からなくなる。手を加え殺害する虐待犯、餓死を希望する公務員。

でも彼らはきっと言う。「そういうつもりではありません」と二枚舌で言い逃れするのが目に見える。あのさー、「捨て猫防止の行政努力のカケラでもしたことがあんの?」、「公務以前に人として命に対する憐憫の情は爪の先もないの?」と問い詰めたい。虐待犯からクレーマーまで、クレーマーから小役人まで、役人から新聞記者まで、「皆で死ねと言えば恐くない」ってばかりに無慈悲に満ち溢れた空気感は一体なんなんだよ。直接手を下してないから餓死の責任がないなんて言わせない。これ餓死命令だよ。


大矢誠容疑者に懲役刑を求める会のサイトへ行って

多くの署名を

殺しはならぬ

(色変わりの「多くの署名を!」をクリック)



DSCN3273.jpg



night.gif


シャディに ポチッと クリックを


目立つ所へ


ハーツも ポチッと よろしく




榎本ジョン

クリック・ア・ゴーゴー



やけどの子😿 福ちゃん予想外治療のため 😿ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                  







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443








新規サポーター 募っています

DSCN2335 (2)

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント
こんにちは。

愛読している「ねこ新聞」(猫新聞社発行)の
新聞名のロゴの下には
「富国強猫」とあります。
猫がゆったりと眠りながら暮らせる国は
心が富む国という意味なのだそうです。

猫さんたちの小さないたいけな命が
残酷に踏みにじられている現在、
わたしは
自分の周りから少しずつでも
富国強猫運動のたいまつを掲げていこうと思っています。

独り言のような決意表明でお目汚ししました。
オクムラミータdot 2017.09.12 20:34 | 編集
オクムラミータさん、コメント投稿とご寄付に感謝します。返信が遅くなり申し訳ない。

地域猫活動をして来て肌に感じる現実感ですが、この国の動物を取り囲む環境は悪くなるばかりです。

どんなにひどい動物虐待をして捕まっても、国の法律で動物は「器物」ですからね。

生きていて、呼吸をして、意思ある生物が「器物」って、法律自体がダークサイドです。

法律が虐待犯の味方になって、声なき声を踏みつけているようなものです。

オクムラミータさんのそのたいまつ、「貧者の一灯」で言葉なき犬猫たちが明るく暮らせるように照らしてください。
榎本ジョンdot 2017.09.13 21:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top