FC2ブログ
2017
12.15

大矢誠から寄付を受け取った愛護団体はどこのどいつだ

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。     8℃~3℃ 


1461956014391.gif
イメージ画:逮捕された動物虐待犯から受ける印象は
小心で コンプレックス丸出し
呼吸器系は嘘の息はき
だからもてない
で他の出口
探し



福岡市のY川Hさん


福ちゃんへ 遠くからの真心 感謝します


こんな記事に つき合わせて 申し訳ない




【大矢誠から寄付を受け取った愛護団体はどこのどいつだ】注目された大矢誠裁判、第一回公判、そして判決、だが終わってみれば、八百長か無気力試合を見せつけられた空しさが一気に漂う。『更生の環境が整っている』とされる大矢家の秩序と外面、裁判長へ情状酌量を願い出る手紙(非公表)と嘆願書の図太さ、まっとうな母と妻が支えるから『これから道を踏み外さない』とお涙頂戴するのは、とってつけた寒々しさ半端じゃなく大変に見苦しい。この母が育てた大矢誠の情操ではないか。この妻と築いた家庭から犯行現場へ行き帰りしていたのは違うのか。しかし検察は大矢の減刑を願い出る人品を反対尋問で突き崩すことなく予定調和で終演させたのだから、もう何もかもが狂っている。せめて異常犯行の特異性からして『ローティーンの生育環境にこの男はふさわしくない』という見識を裁判長は示すべきでした。

結局、大矢の母と妻の公判への表明は、「大矢誠の両腕にぶら下がって生きたい」満々の意思表示でしょう。廣瀬勝海の母が、事件発覚まもなく『猫を殺したくらいで何そんなに騒いでんの』と被害者に捨てゼリフを吐いたのは有名だが、廣瀬公判の証人席についたその母はとってつけた善人づらでお出ましだったのだから、犯罪と向い合う司法の眼力は人間の心に巣食う〝暗いあざとさ〟を見抜くべきですね。抵抗できない命を殺めて喜ぶ心を作ったのは何か、誰か・・・。育てた家環境にこそ鋭いメスを入れるべきを、逆に被告人弁護士の情に訴え減刑を引き出す戦略に『形無し』にされるのは一体何なのか。雨降って地固まるではなく、猫殺して血を引きづって家固まるでは、カルト家族過ぎて恐ろし過ぎる。そして被告弁護人はカエルの面に小便顔、執行猶予を勝ち取るために『愛護団体に寄付もした』と来たもんだ。

収監される受刑逃れの証拠提出のためにだけ、『愛護団体に寄付した』と気持に更々ない立ち回りが出来る狡猾。はい、はっきり言って完全1000%パフォーマンスです。現に公判の大矢目撃証言によれば、異口同音に「頬がこける訳でもなく、目元にクマが出来ている訳でもなく、やつれている様子も全然見えなかった」、これが共通する印象です。通例、悔いて悩んだら、老け込むとか病的に見えるとか、体に形になって現れるもの。でも、こんな神経回路だから長期間あんなことが続けられた。そして母と妻に懇願させ、愛護団体に小ガネでも出しておけば良いかと、恥知らずが尽きない。減刑目的で愛護団体を利用した大矢と弁護士、目先の金欲しさにまんまと利用されたモラルなしのどっかのハイエナ愛護団体、大矢の嗜虐の下で息絶えた13匹にどんな申し開きをするのか、血塗られた金で何をするのか答えてみろ






忘れない会 だんだん


最終署名数は 61,830筆



night.gif


シャディに ポチッと クリックを


目立つ所へ


ハーツも ポチッと よろしく



榎本ジョン

クリック・ア・ゴーゴー


やけどの子😿 福ちゃん予想外治療のため 😿ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                    







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443




新規サポーター 募っています

花束を2a

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント
お詫びとお礼:

みーさん(12/9)、たまちゃんさん(12/9)、よーこさん(12/9)、toratoraさん(12/9)、オクムラミータさん(12/9)、怒りの鍵コメの方(12/10)、鍵コメの方(12/12)、チョン太さん(12/12)、たまちゃんさん(12/12)、マロさん(12/12)、はっさくママさん(12/13)、たまちゃんさん(12/13)、チョン太さん(12/14)、ご寄付の鍵コメの方(12/14)、マルままさん(12/14)、せっかくコメント投稿して頂いているのに返信をできないでいて、申し訳なく思っています。

ちょうど、大矢誠裁判の判決日を挟む前後で、署名活動の後作業(今でも続いています)や、判決日に向けた連絡と判決後の情報収集に追われていまして、毎日の地域猫活動と合わせて手一杯な状態でした。判決日当日は、署名活動に初めから終わりまでフルに活躍してくれた方が、ご自分が傍聴券を外れても「傍聴券を譲っても良い」と仰る方を周りをくまなく探して、猫の郵便関係者一人が傍聴することが出来ました。集計作業もそうでしたが、一人一人が自ら名乗り出て、支えられた「紙の署名活動」の一部始終でした。

署名に参加したお一人お一人の方々、全国各地でまとめ役になって署名を集めてくれた方々、集計と裁判傍聴に駆けつけてくれた方々、インスタグラムやブログやツイッターなどで情報を拡散してくれた方々、郵送の手紙とコメント投稿で励ましを送ってくれた方々、本当に本当に本当に本当に〝その素晴らしさ〟に心から「ありがとうございます」というほかありません。皆さんから頂いたエネルギーは、署名活動の滑走路を突っ走って、「埼玉13匹の痛みを忘れない」更なる活動へ転化して行きますので、これからもよろしくお願いします。
猫の郵便dot 2017.12.16 23:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top