2018
02.20

昔からの読者たちにひっそりと伝えたい

Category: 訃報と祭壇
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    12℃~3℃ 


new_lifejpg.jpg
6年前当時 栄養失調で両手に乗るほど 小さかった
ご覧の通り 健康不良 目は腫れて
病気 病気 病院 通い
でも最後の6年
幸せでいれた
r.i.p



東久留米市のHユミコさん


外猫たちの 痛みが分かる人 感謝します


あの場所を 通過した何万人分の一 無比のひと




【昔からの読者たちにひっそりと伝えたい】あれは2012年の2月でした。「猫の郵便」がまだココログ時代の頃です。『一匹の猫を一日中ヒモでつないで飼っていた老女』の逸話を記事にしました。覚えている方はいますか。ん~多分いないでしょうね。細々と始め、細々と営んでいたブログなので、読者が少ないに決まっていますから、元を辿れば古色蒼然とそこからフワフワ埃が舞い上がるようなエピソードです。2つの記事のタイトルは『紐でつながれ飼われていた猫の悲劇』と『続・紐でつながれ暮した家猫の悲劇』、老女の夫が死んだ後に猫はヒモでつながれ満足な食事を与えられず、飢えに苦しめ遂には持て余して押し付けに来た場面に遭遇して、その〝イキサツ〟をまとめたドキュメントですが、そこから6年の歳月が流れ流れて、その子〝ピクンちゃん〟の命が静かに幕を下ろしました。残りの6年が幸せであったことを、昔からの読者の皆さんにお知らせします。

一日中つながれて生きた猫のこと、その子にいたく同情し気にかけてくれた練馬区のヒサエさん、当時のことを覚えているでしょうか。あれは里親詐欺しては猫を快楽殺していた廣瀬勝海事件とクロスするように身近で起こった出来事でした。結果的には夫が遺した猫がウザくなって、その子は飼育放棄されやっと縛りから解放され幸せをつかんだけど、疎まれ厄介にされて暮らした〝?年〟の苦を思うと、「幸せになって良かった」だけでは片付けられない感情が再燃します。世間にひけらかす立派な学を持ち、ブランド着物や服や宝石を身につけ、裏心は猫を『邪魔物』と粗野そのものぶつけていた。で、『要らなくなった』と噓八百並べ立て問答無用で旧友に押し付けたって、もう。猫に強いた苦悶の罪でヒモでつないで牢屋にぶち込んでやりたい。しかしピクンちゃんは猫だから怨み一つ言わず、新しい人の元で自由の羽を広げ幸せな余生を送ったのが〝せめてもの慰め〟です。



974fb509c7897dffe3f603e630369db8.gif




アイフレンズ
埼玉13エピタフ⌒IF
大矢誠の犯罪を忘れない皆の会

hurt3.jpg

最終署名数は 61,830筆



night.gif


シャディに ポチッと クリックを


目立つ所へ


ハーツも ポチッと よろしく



榎本ジョン

クリック・ア・ゴーゴー


やけどの子😿 福ちゃん予想外治療のため 😿ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                    







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443




新規サポーター 募っています

花束を2a

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント
こんばんは。過去の記事を読みました。
ピクンちゃんが新しい優しい飼い主さんの所で暮らせた事、本当に良かったと思います。
辛く苦しかった時期があったとしても、6年間という長い期間、日々満足にご飯を頂いて、暖かい場所で安心して眠り、可愛がられたピクンちゃんはやはり幸せな子だと思います。ピクンちゃんが穏やかな最期を迎えられた事、今日初めて知った子ですが、良かったねと言ってあげたい気持ちです。

サトdot 2018.02.23 22:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top