FC2ブログ
2018
02.27

プリーちゃん順調&パセリひとまず回復

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  13℃~4℃ 


DSC_0756 (2)
疑惑の目を向けられる時間は過ぎてコンコンと眠る近頃
優しい目をするようになったと安心していたら
訪問した鉄腕さん シャーと威嚇され
でも一頃に比べたら綺麗になった
亀の歩みでゆっくり進歩
一歩 二歩 三歩



練馬区のヒサエSさん


冬越える糧 ボーナス+ご支援に 感謝します


長い寄添い 心のともし火 心の糧です




【プリーちゃん順調&パセリひとまず回復】「超能力開発法B」へ行く前に、それを書く時間がないので、プリーちゃんとパセリの報告をします。まずプリーちゃんの方ですが、一時はどうなるかハラハラしていました。しかし家にいる時はケージをPCのそばに隣接させ、付きっ切りで声かけした成果が上がって、頑(かたく)なにしていたプリーちゃんの凍結はだいぶ氷解してほぐれて来ました。やっとケージのドアを開けて直に触れるようになり、頭をゴシゴシ背中をゴシゴシかいてやると、ゴロゴロ喉を鳴らすリアクションを得るまでに到達している。リビングへデビューして拘束ない普通の暮らしをするには口内炎の状態と相談しなければならないが、それには冬の地域猫活動の緊迫身構えを解除して、こちらに〝ゆとり〟がないと不可能なので、春を待つことになるでしょう。外猫時代に抱っこを許してくれた〝それ〟を待ちます。

片や人も他の猫も拒絶して一部屋に引きこもるパセリは、原因不明で何日も飲まず食わずの絶食が続いていた。原因が分からないから治療も投薬もできない。まして触れないのに強制給餌など出来っこなし。「おかゆのようなスープ系がいいのかな?」「この銘柄じゃあダメだから別のにしてみようか?」と4日5日が無駄に過ぎ、あれもダメこれもダメでお手上げ。「もう死んでしまうのか」とあきらめかけたら、やっとトッピングした刺身を食べてくれた。それから朝晩の刺身攻勢が効いて、ウェットフードの食が進むところまで来ている。もう一度だけ病院に行って、検査しようとパセリの部屋に入ると、パセリは普段いるホッカイロ仕立てのキャリーからスタコラサッサ。キャリーにいるとドアを閉められ病院に連れて行かれると覚えてしまった。逃げる一瞬、10年ぶりに背中に触れたが本当に痩せた。永遠の命は誰しも望めないが。



アイフレンズ
埼玉13エピタフ⌒IF
大矢誠の犯罪を忘れない皆の会

hurt.jpg

最終署名数は 61,830筆



night.gif


シャディに ポチッと クリックを


目立つ所へ


ハーツも ポチッと よろしく



榎本ジョン

クリック・ア・ゴーゴー


やけどの子😿 福ちゃん予想外治療のため 😿ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                    







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443




新規サポーター 募っています

花束を2a

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント
お久しぶりです。
最近は少しだけ温度もあがり、梅や桜が咲いていますね。
それでもまだ朝晩は冷えますし、最近では強風も続き、3月はあまり天候も良くないみたいなので、大変な地域猫活動にはお変わりないと思います。

私も、最近新たな事をやり始め、なかなかブログを読む時間が取れずにいます。

13エピタフの方も動いて下さり、ありがとうございます。
大矢誠を、虐待者達を、苦しんだ子達を、一生忘れません。
今まで無知で何も知らなかった私は、あの事件で人生が大きく変わりました。
落ち着いてからの発足になろうとも、これから先もずっと待ってます。
沢山の人達が同じ気持ちで待っていると思います。
今の状況で無理しないでとは言えませんが、どうか、程々の無理で、お願いします。
丸々託してしまい、待つだけで申し訳ない気持ちでいっぱいですが、日本が変わる可能性を信じています。
どうか、よろしくお願いします。


プリーちゃん、長期戦になると思いきや、早く安心してくれて、ジョンさんプリーちゃん、お互いにとっても嬉しいですね(^^)
そこに至るまでには沢山の苦労もあったかもしれませんが、とても大きな愛と広い心でプリーちゃんを包み込んで接していたのが伝わったのでしょうね。
慣れれば治療もしやすくなるでしょうから、プリーちゃんがご飯をモリモリ食べてくれる日が増えてくると良いですね(*´ω`*)

そしてパセリちゃん、10年ぶりとはとてもとても長い歳月ですね。
病院に連れて行って、食欲のない原因が解消出来れば嬉しいですが、こんなにも心を閉ざしてしまうと、全ての事がとてつもないストレスになってしまいますよね。
自然に任せた方が良いのか、何とか病院に連れて行った方が良いのか、悩んでしまうと思いますが、ジョンさんの気持ちは伝わってはいると思います。
ただ、まだ受けいれられる程の状態ではないのか…10年経ってもそうだと、どうする事がパセリちゃんの為になるのか、悩んでしまいますね。
頑張って生きてきた子達なので、痛みや辛さを味わう事なく、出来るだけ沢山の幸せを感じて生きて欲しいです。
チョン太dot 2018.03.03 23:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top