FC2ブログ
2018
10.15

今思うこと⌒署名活動をうその物語にしてはいけない

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  21℃~16℃ 


弁天財 宝珠院 閻魔堂2 (2)
東京タワーのふもと 弁天池のほとりに ひっそり佇む閻魔堂
閻魔堂には エンマ大王さまが 祀られている
判決を記録する役 判決を告げる役
その石仏さまにお祈りに
?行こうか?
yup



A ハルミさん


給食活動と 弁護士費用へ 感謝します


心配します 季節の葉境に 体調のこと




【今思うこと⌒うその物語にしてはいけない】頭が痛い。ああ頭が痛い。頭が痛い。アイフレンズ会報3号を発行しようとしていた矢先に、降ってわいた衝撃。今の思いは鳩が豆鉄砲を食らったような気分と言ったら良いのか。もう何を例えにしたら良いものやら、ストレスだけを募らせている。あれはちょうど去年の今時分、睡眠時間を削りに削ってドロドロになりながら署名活動を構築していた。全国から届く嘆願書を受け取りに、鉄腕ウンガさんは郵便局に毎日通いつめていた。不備な署名のキャンセルや筆数の数えの再チェックをするため、ボランティアの人たちには集計翌日も足を運んで頂いた。なのに「大矢誠被告に実刑を!」の署名活動を別の団体が取り仕切ったと吹聴されては頭だけでなく胃まで痛くなる。

ふーむ。一般的な正当論では「言論には言論で対抗すべき」と仰る方々がいるかもしれない。しかし、果てなき論争を繰り返せば、必ず言った言わないの感情の応酬になる。こちらの要請に相手があくまで自己を正当化し、事実を作り変え許容限度を超えて居直るならば、幾ら反証しても「反証の反証」が繰り返される水かけ論になる。そうなれば、個人間のやり取りではなく、法的に明るい第三者(弁護士)に相談し、法的な対抗措置に移行するしかないのだろう。私たち「猫の郵便」を信頼し各地で署名の掘り起しに奔走してくれた人たち、そして嘆願の思いを届けてくれた61,830の皆さんに、あの署名活動を「うその物語にしてはいけない」と、頭痛がすることだけれど、〝あの初心〟に帰ろうと思うのでした。



EVA
www.eva.or.jp/anipolishomei
秋の臨時国会に向け「動物虐待の厳罰化」へ賛同の署名を



アイフレンズ
埼玉13エピタフ⌒IF
大矢誠の犯罪を忘れない皆の会

入会の方法

hurt1.jpg

弁護士費用のご支援をよろしく
ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443

振込の際はお名前の前に「アイフレンズ」とご記入ください

弁護士費用ご寄付総計 
¥473,802円(9月18日まで)

内10万円はℐℱ活動費へのご寄付

9月迄の弁護士費用 支出¥201,600円


night.gif


シャディに ポチッと クリックを


目立つ所へ


ハーツも ポチッと よろしく



榎本ジョン

クリック・ア・ゴーゴー


やけどの子😿 福ちゃん予想外治療のため 😿ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 








                                     







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443




新規サポーター 募っています

DSCN2656 (4)

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント
真実に 神様の御守護が下りますように

重ねてお祈りいたします  そして

皆様方の大きく強い愛に 邪な嘘の汚れた

魂が木っ端微塵になりますように・・・
dot 2018.10.20 07:18 | 編集
Q様

鉄腕ウンガです。
力強いコメント、ありがとうございます。
力づけられ励まされ、心に酸素大吸入されて、悠然とまっすぐに立つ心持ちなりました。

「〇Xは紙の署名を東京地方裁判所に提出した」と、〇X氏が紙署名を実行したとか取れない文をネットに掲載し、その上、それを印刷して多数の人に配る、という事が起きています。

この事件が起きて、当時のことを思い出しています。

署名活動を始める直前の8月に、片目が網膜剥離。眼科の先生から、内科の先生からも8時間、少なくても7時間の睡眠をとるよう強く言われていました。しかし、睡眠はやっと5時間確保できたり、ほとんどの日はできなかったりでした。

勤務先の仕事に加え、外で暮らす猫たちへの給食、毎日届く署名活動へのご質問やご意見のメールやコメントへの返信、署名用紙の受取り、関係者やボランティアさんへの連絡、署名用紙の発送、集計作業会議室の手配、署名用紙の製本、地裁への提出。他もろもろ。睡眠時間が取れるわけがありません。

紙署名を無事に提出しなければという緊張と疲労で、毎日がぎりぎりの綱渡りでした。

体調が下がり、「今日は持たないかな?危ない」という日が何日もありました。

しかし、こういう日に限って、助け舟が出たのです。
仕事で私の分野が減っていたり、他の人がやってくれたりで、体力を使わずに済んで、その日一日を乗り切ることができたのです。
目に見えない大きな手が、綱から落ちないよう、私を助けてくれたのだと感じました。

日頃、地域猫活動をしていて、困難に直面することが多いですが、無事に活動を続けることが出来ているのは、ご支援くださる方々の真心、そして、大きな目に見えない力に守られていると感じます。

この大きな力こそ「神様の力」と思います。
このように気付き思うようになりましたのは、コメントをくださったQさんの深い影響もあります。

昨年の署名活動中ほど、〔見えない大きな力に守られた〕と実感した日々はありませんでした。
              
鉄腕ウンガdot 2018.10.20 13:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top