FC2ブログ
2019
02.23

入院か否か⌒世界で一人だけの生き方をみつければいい

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   15℃~6℃ 


DSC_1208[903] (2)
見知らぬ所に来て固まるラジオ
ひげをせり出し緊張
家に帰ろう
yup



大田区のKヨウコさん


活動見守り ブログへの注視 感謝します


外猫家猫共々 首長くして 春待ちわびて




【入院か否か⌒世界で一人だけの生き方をみつければいい】鍵コメなので、どこまで触れたら良いか加減が分かりませんが、動かしてはいけない容態でないなら、僕ならば99.99%家に連れて帰ります。動物病院に頼らなくても、注射針を射して補液も出来ますし、投薬や食事の介護も出来ますし、何よりも大切なのは心の平安だと思うからです。言うまでもなく、明日をも知れない命ならなおさらです。病院の薬物療法の檻で一日ないし一週間延命するよりも、そばに安心できる存在がいることを「良し」と考えます。専門家が言うからではなく、専門家の意見に押されてではなく、それぞれが世界で一人だけの生き方をみつければそれでいい。世界でたった一つの正解は自分で決めるしかありません。

みんなと一緒じゃなくていい。横並びじゃなくていい。ひな型通りじゃなくていい。良いと思う信念を形に表して堂々としていること、そのためにはとにかく勉強することが次のステップに梯子をかける全てです。学ばない人生は権威者の言うなりの下僕になるだけです。あっちに行け。こっちに来い。ああしろ。こうしろ。「みんなと一緒じゃないとダメ」と言う先頭を見ると、決まって「先生」と呼ばれる人が旗をふっている。専門家としてどんなに優秀でも、強制や威圧で意見を押し付けるのは人としてどうなのだろうか。世界でたった一人〝僕を信じ疑わない〟ラジオくんを病院に置き去りには出来ない。それが僕の正解です。好きな人のそばにいるのが、一番の薬なのです。誰にも作れない薬です。



アイフレンズ
埼玉13エピタフ⌒IF
大矢誠の犯罪を忘れない皆の会

入会の方法

hurt1.jpg

弁護士費用のご支援をよろしく
ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443

振込の際はお名前の前に「アイフレンズ」とご記入ください

弁護士費用ご寄付総計 
¥473,802円(9月18日まで)

内10万円はℐℱ活動費へのご寄付

9月迄の弁護士費用 支出¥201,600円


night.gif

榎本ジョン

愛という薬はその人しか作れない


やけどの子😿 福ちゃん予想外治療のため 😿ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 








                                   







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

この活動にはコストが かかりますので ご協力をお願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443




新規サポーター 募っています

DSCN2656 (4)

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント
この話のきっかけをくれたラジオ君にまだお礼をいっていませんでした。ラジオ君に「ありがとうございます」とどうぞよろしくお伝えください。お願いします。

病院の前に飼い主がしっかりすること第一、これキモに命じました。ご教示どうもありがとうございました。

病院は雰囲気が本当にそれぞれ違うと感じます。
今のかかりつけ病院は猫のワクチンについて「外に出るコは毎年がいいかもしれないけど室内飼いなら3年に1回でいい。ペット先進国や都会では3年ごとになってきているけど、この辺は田舎だから。。。」と言いますが、確かに市内に何十とわさわさある動物病院のほとんどが毎年推奨です。
3年ごとで良いと言うのは知る限り他に1件だけです。
ワクチンで腫瘍の懸念もあるらしいので回数が少ないほうがいいなと思いますが、これも医療の横並びの傾向でしょう。

今のかかりつけ医は料金が高いと言われがちですが必要のないことはしません、近隣にないCT、MRIがあるので、それらを利用した際に高額になるのは仕方ないかと。

以前かかっていた病院では県外の獣医大への紹介ばかり執拗に迫られました。片道何時間もの移動、まるまる1日費やしての通院に体力がもつと到底思えず悪化の懸念しかなく、今の病院に移りました。(前の病院は今のかかりつけ医と何か確執があり紹介してくれなかったように感じます)
結果、市内で納得いく治療を受けられたので県外の獣医大まで行かなくて本当に良かったです。
ベテラン医師が5人在籍していますが、担当医は2年間経過観察で異変のなかった肺のレントゲンを「長期見ている自分の主観が入ってはいけないので」と他の医師達にも見解を求めてくれたり安心でした。
嫌な顔をされる懸念なく何でも質問でき沢山の説明を貰えました。
過去にA病院とB病院で矛盾があった説明も淀みなくスラスラと説明してくれてスッキリできました。

小さくて古くて設備が少なくても腕が良くて諦めた命を見事何度も救ってくれた病院もあり、設備だけで選ぶ訳でありませんが、精密検査が必要なコの場合は最初からこちらの病院で、等と使い分けます。
動物の目線、飼い主の気持ちに添ってくれることも勿論外せない条件なので病院選びも大変ですが、決まった病院があると心強いです。

勿論、飼い主がしっかりしていないと意味がないのを大前提に、の病院での話です。

慢性疾患があるコを抱えるご家族の方にはラジオ君、ハイドさんの経過は他人事でなく気になることでしょう。
続報をお待ちしていますね。






ねこまたdot 2019.03.01 21:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top