FC2ブログ
2020
02.18

未来の国から来た3賢人

Category: 鉄腕ウンガ
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   13℃~3℃ 


フリー3
人の悲しみに涙する目 人の痛みを聞こうとする耳
人の窮地に力を貸そうと差し伸べる手の平
静かな感動が握りしめた拳を
やわらかにほぐし
涙色の視界に
fly



練馬区のSヒサエさん


外猫たちと 鉄腕さんへの真心 感謝します


この種の記事に いつも巡り合わせ 不思議以上です



🌜🌛


【未来の国から来た3賢人】ヒサエさん、エリコさん、ヒサコさん、がんと共に生きる鉄腕ウンガさんに、それぞれ10万円を超える援助をポンとさし出して頂きました。心から感謝申し上げます。スキルス性のがんは目に見えない非常に怖い病気で、鉄腕さんの病状は一日単位または週単位で刻々と変動しています。病状と副作用の変化に気持が追いつくのが「やっと」だと言います。処方された痛み止めが効いたり効かなかったり、吐き気止めは効いたためしがなかったり、過去に食べられた物が臭気だけで食べられなくなったり、明日の自分がどうなっているのか全く分からない不安の細道を歩き続けています。

闘病には保険診療の他に自由診療も受けています。ですので、お金が決壊したダムのように堰を切って出払ってゆき、うん百万円の支出とまではまだなっていませんが、「顔を合わせたこともない見ず知らずの私に・・・」と鉄腕さんは、ヒサエさんとエリコさんとヒサコさんの心の熱量に、お金を遥か超える飛びきりの何かを受け取ったと思います。将来的にこれまで人間がしていた事務的な労働は全てAIが取って代わると予想されていますが、社会学者の宮台真司さんは「取って代わられないのは、人の〝心の熱量〟だけだ。損得勘定じゃない心の熱量で行動する人、そういう人こそ生き残る」と述べています。

ですから、ヒサエさん、エリコさん、ヒサコさん、あなたたちはまるで未来の国に生き残り燦然とやって来た賢人のようです。他者の悲しみに涙する目、他者の痛みを聞き届ける耳、他者の窮地に力を貸そうと差し伸べる手の平、これらはAIには成し得ませんからね。中島みゆきの「ファイト」の中に、『悔しさを握りしめた拳に爪が突き刺さる』という詞がありますが、お三方の真心に固く結んだ拳がふわっと開いて蝶が宙にとき解されたような思いになって、鉄腕さんは「生きようと思った」と言います。今度の放射線治療の副作用は、前回より辛くなるらしいですが、待つ人がいてくれるのが心の頼りですよ。



20200117002621452f.png


アイフレンズ
埼玉13エピタフ⌒IF
大矢誠の犯罪を忘れない皆の会

入会の方法

ひまわり13b


弁護士費用のご支援をよろしく
ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443

振込の際はお名前の前に「アイフレンズ」とご記入ください

弁護士費用ご寄付総計 
¥473,802円(9月18日まで)

内10万円はℐℱ活動費へのご寄付

9月迄の弁護士費用 支出¥201,600円


night.gif

榎本ジョン

ガリレオ ガリレオ ガリレオ ガリレオ


やけどの子😿 福ちゃん予想外治療のため 😿ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




東方の3賢人
We are all born to be free
みんなが 自由に生きられるように 生まれた



                                   







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

この活動にはコストが かかりますので ご協力をお願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443




新規サポーター 募っています

13青空

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント
 ブログを拝見し大変恐縮しております。
鉄腕ウンガさん、榎本ジョンさんお二人はこれまでずっと何があっても猫達に寄り添い続けて来られました。
これからもそうなさるでしょう。
その姿勢に教えられ、導かれて来ました。
自己犠牲の上にさらに自己犠牲を重ねて尊い命達を守って来られたのです。
窮地に立つお二人にわずかでもお役に立つことができたなら、こんなに嬉しいことはありません。
私は賢者でも何でもありませんよ。
自分の気持ちに素直になっただけですから。
Hisakodot 2020.03.09 13:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top