FC2ブログ
2020
02.26

チャッチャおばさんと心の格闘2⌒入院生活こころ模様

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   9℃~7℃ 


20200315_164736[5136]
雲に二重写しになっている二本の不思議物体は室内の蛍光灯です
仕切りのカーテンもかすかに写っています
不自由な入院生活の中
窓見の 景色が
唯一の自由
now



ℐ ヒサコさん


細かな配慮 届けられる真心にただただ 感謝します


エクストラの 焼かつおも 受取りました



🌒


【チャッチャおばさんと心の格闘2⌒入院生活こころ模様】鉄腕ウンガです。入院生活は放射線治療のほかに腹水取りの治療を受けています。水分を捨てて体に必要なタンパク質の成分をまた体に戻すという治療法で、ただ腹水を抜くだけだと体に必要な成分も捨てることになるので、こういう方法を取るのだそうです。

すっかり痩せ切った私から生きるのに必要なものまで取り除かれてしまったら、目も当てられなくなります。入院の不自由な身ですが、前へ進むためには今が耐える時ですね。

今は猫たちのために何が出来るわけでもなく、けれども「外の猫たちはどうしているかな」と心配することを拠り所にしています。

さあ、前回途中で疲れちゃって書けなかった「チャッチャッおばさんとの心の闘い」、入院1日目2日目に私の心で起きたつづきを書いてみたいと思います。

入院室は薄いカーテン一枚で仕切られています。カーテンの上3分の1は格子の網状になっていて、天井が見えていくばくか開放感があります。

2回目入院で、一番はじめに何が困ったか?それは、このカーテンを開け閉めする音でした。

相部屋の一人がカーテンを開け閉めするたびに、「チャッ、ヂャッー、ジャー」と夜中であろうが、昼間であろうが、大きな金属音が聞こえます。寝ていても金属音で目が覚めます。放射線の副作用で臭いに過敏になっていますが、近頃は音にも敏感になって神経にさわり、不意打ちされる金属音が身にひときわコタエるのです。

1度目入院の時は開閉音に悩まされる事は、ありませんでした。
たまたま幸運だったのでしょう。入室していた患者が皆「配慮する人」でした。
カーテンのすき間から外に出れば、カーテンは少し動くだけですから、帰った時、動いた分静かに元に戻す。という風にしていましたので、金属音にじゃまされる事はなかったのです。

しかし、今回の相部屋の人は・・・
「あの人は、どうして他人に配慮が持てないのだろう」「なんて、ひどい人なのかしら」と、チャッチャッおばさんへの感情はどんどん悪化してゆきました。カーテン開閉の金属音がする度に「なんて嫌な人」と思うようになってゆくのです。

心身にストレスがたまると免疫力が下がる。免疫力が下がれば回復もはかどらないと思うと、放射線治療+-の影響と転移に怯えてしまうのです。

はい、これまでが入院初期の感情です。今までの私なら、話はここでおしまいですが、その後に私の心はこれまでにない意外な動きをしたのです。続きは疲れを取った後にまた書きたいと思います。(鉄)



20200117002621452f.png


アイフレンズ
埼玉13エピタフ⌒IF
大矢誠の犯罪を忘れない皆の会

入会の方法

13クローバー

弁護士費用のご支援をよろしく
ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443

振込の際はお名前の前に「アイフレンズ」とご記入ください

弁護士費用ご寄付総計 
¥473,802円(9月18日まで)

内10万円はℐℱ活動費へのご寄付

9月迄の弁護士費用 支出¥201,600円


night.gif

鉄腕ウンガ

ガリレオ ガリレオ ガリレオ ガリレオ


やけどの子😿 福ちゃん予想外治療のため 😿ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 


ん
We are all born to be free
みんなが 自由に生きられるように 生まれた



                                   







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

この活動にはコストが かかりますので ご協力をお願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443




新規サポーター 募っています

13青空

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント
こんばんは。

先日、この窓から風を感じたり...とコメントしましたが、それは間違いだと今回の記事を読んで気がつきました。恥ずかしくなりました。

鉄腕ウンガさんは周りの人を気遣い、窓を開け放たず外の風景を眺めるに留めているから、何かしらの″フィルター″が映り込んだ写真が多いのかもしれないなと。風を感じるなんてこともできないのかもしれないって、ふと思い至りました。これも勘違いでしたらごめんなさい。

思慮深い人ほど胃を痛めたり嫌な思いをするというのが、最早世間の常のようになっていて、おかしなことだと思います。

ストレスは身体や心を見えないうちに食み、発散できないものはその人の中で暴れ出すように悪さをするから、本当に恐ろしい因子だと思います。この記事を読み、さらに鉄腕ウンガさんの心身が心配でたまらなくなりました。

だけど、どんな風に?こんなストレスフルな入院生活の心持ちが変わったのでしょうか。次の記事がとても気になりました。
だいふくdot 2020.03.17 00:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top