FC2ブログ
2020
05.28

鉄腕ウンガの真実の告白

Category: 鉄腕ウンガ
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  26℃~13℃ 


紙ヒコーキ空に飛ばして
誰もが家とノーブルな 関係を結べるわけじゃない 家は時にいいもんじゃない
子供時代に空しく紙ヒコーキ飛ばし遊ぶしかない子だっている
鉄腕ウンガが帰るべきところは猫の郵便だった
彼女は最高の幸せを手に入れた
welcome



三沢市のℇミユキさん


鉄腕さんの 最後の晩餐はリンゴ絞り 感謝します


亡くなった時 耳元にあなたの声きっと 聞こえたはず



🌛


【鉄腕ウンガの真実の告白】鉄腕ウンガさんは、もう自分の本名を使えない。だから、鉄腕さんは死して「鉄腕ウンガ」が本当の名前になりました。実は鉄腕さんは彼女が遠い昔に家を出てから、親兄弟から縁を切られましてね。ですから、ぼくはブログに「身寄りがない」と書きました。ところが、履歴書から会社が連絡したのか、鉄腕さんが危篤状態にある時に、妹を名乗る人から連絡がありました。鉄腕さんの深刻な病状を話し、医師の病状の見解「もって1か月、しかしそれは今夜か明日起きても不思議じゃない」と告げました。だけど、鉄腕さんの息がある間に妹は動こうとしませんでした。妹が動いたのは鉄腕さんの死の2日後でした。

面会し丁重に接したつもりですが、あらん限りの棘ある言葉が飛んで来ました。心をなだめて耐えて話を聞いていました。ところが、「これから私たちにいっさい関わらないでください」「遺骨はあなたが守ってください」「私たち親族は関係ありませんから・・・」と、それはそれは激した言葉の口撃でした。取り付く島がありませんでした。無論のこと桐ケ谷斎場で行われた葬送にも誰一人参列しませんでした。鉄腕さんは親族の姓を名乗ることがもう許されないのです。ですので、鉄腕さんの遺骨はこれからぼくが守り、斎場から鉄腕さんと一緒に帰宅する道すがら、鉄腕さんの本名は自分で名付けた「鉄腕ウンガ」となって帰宅したのです。




20200117002621452f.png


アイフレンズ
埼玉13エピタフ⌒IF
大矢誠の犯罪を忘れない皆の会

入会の方法

13バラ

弁護士費用のご支援をよろしく
ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443

振込の際はお名前の前に「アイフレンズ」とご記入ください

弁護士費用ご寄付総計 
¥473,802円(9月18日まで)

内10万円はℐℱ活動費へのご寄付

9月迄の弁護士費用 支出¥201,600円


night.gif

榎本ジョン

ガリレオ ガリレオ ガリレオ ガリレオ


やけどの子😿 福ちゃん予想外治療のため 😿ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 





We are all born to be free
みんなが 自由に生きられるように 生まれた
鉄っさんはモリッシーが大好き



                                   







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

この活動にはコストが かかりますので ご協力をお願いします


ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443




新規サポーター 募っています

13青空

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




コメント
ラストから2行目の「鉄腕さんの遺骨はこれからぼくが守り・・・」は、正確に記せば「鉄腕さんの名誉と遺骨は・・・」です。

鉄腕さんが自分で形作った「猫の郵便」が、彼女の帰る本当の「家」であり安心して眠れる祠(ほこら)になりました。

鉄腕さんは帰るべき家に帰って来ました。
猫の郵便dot 2020.05.29 23:15 | 編集
ジョンさん、本当にお疲れ様でした。
鉄腕さんはこれからも「猫の郵便」として猫達に囲まれ、ご自分の本当の「家」で活動を見守りながら眠れるので幸いです。
遺骨がご実家に持って行かれることにならなくて良かったと思います。
鉄腕さん、住み慣れたお部屋で、「猫の郵便」として安心してお休みください。
鉄腕さんの平安を心から祈っております。
ジョンさん、お疲れだと思いますが、お身体くれぐれもお気をつけください。
どうかご自愛くださいます様に。
はっさくママdot 2020.05.30 09:05 | 編集
Re: タイトルなし
はっさくママさん、コメントありがとうございます。

妹さんが来訪した時、「分骨をお望みでしたら」と、受け入れる旨を伝えましたら

語気を荒げて「けっこうです」と問答無用に断ち切られました。

生前においても、今わの際になっても、「わたしは猫の郵便」と唇に。

「猫の郵便」は、彼女が彼女である「誇りあるアイデンティティ」だったのです。

そして、自分の大切な存在証明だったのでしょう。
猫の郵便dot 2020.05.30 12:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top