FC2ブログ
2014
04.02

おごる必要もなく、ビビる必要もなく

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    18℃~11℃   



手元足元忙しすぎて】やっと気がつき見上げてみれば、桜の花が満開に咲き誇っていた。時はもうすでに春。新しい季節に衣替えしているのに、するべき仕事「今月のありがとう」記事の掲載がまだ出来ていない。

申し訳なさのお詫びに、支援者の皆さんにイタリア歌曲「Non Pensare A Me」を大意で訳してみました。

つい最近に聴き知った曲ですが、イタリアの歌曲にはどんなに悲嘆に暮れる歌であっても、気がつけばいつの間にか燦々と降り注がれる陽の光で満たされている不思議な味わいがあります。

それは・・・。例え彼方からどんな嵐や悲劇の風が運ばれて来ることが予想されても、太陽の光と風に向かい大きな窓と空間を切り開いて造られて来たイタリア建築のおおらかさ、人間の性(さが)に逆らわない精神文化の“賜物”という点で相通ずるものがあります。

気持ちが沈む時、疲れ切って次の動作に移れない時、開いてみるのがおおらかな「イタリアの窓」です。


Non pensare a me(大意)

私ことは気にしなくていい

あなたにはあなたの道が広がっている

人と人の結びつきなど かりそめの泡沫(うたかた)のもの

面影に惑い 涙に暮れることがあったとしても

けれど 私なら大丈夫 立ち直ってみせる

ふり返り懐かしむ あの頃より満ち足りた日々はもう来ないかもしれない

けれど 人生の時間は刻まれて行くし

世界は変わりなく回り続けている

私のことなど気にしないで

太陽があなたと共に消え去りはしないから

※Pensareは「考える」という意味。Non Pensare A Meで「私のことは考えないで➡気にしないで」となります。



おごる必要もなくビビる必要もなく】横浜市神奈川区の言いがかりの件は、きちんと資料を整え、来週の木曜日に地元警察署を訪問する予定です。「猫の郵便」私たちの公的機関へのアプローチは右のスタンスも左のスタンスも取りません。つまり、媚びることも似合わず、何々に強く抗議するなどという態度も性に合わず、理系の頭で事実を積み上げてゆく方法のみを有用として来ました。
レンガ職人のように事実を積み上げ既成事実化してゆくやり方です。

虚ろな時代。何も確かなものがない時代。拳を振り上げうたかたの感情の泡と消えるよりも、地味だけれど事実の重さと事実の大きさを積み上げて行くほど確実なものはないと思うからです。
権力を行使する機関とコンタクトする場合は、取り込まれるほど近からず、無視されるほど遠からずの関係が風光明媚なもの。

昔々「メフィスト」というドイツの映画を見ました。ナチスが政権についている時代。有能な映画監督がナチスが理想とする審美眼のメガネに叶い、次第次第に取り込まれて行く姿を描いたストーリー。気がついた時はもう前に戻ることも後戻りも許されない身動きがとれない状態になってしまったある芸術家の性(さが)が映し出された映画、己の魂と引き換えに尽きせぬ野心と欲望を果たすメフィストフェレス。そして、終幕の荒野。

私の目には、右はさもしく、左はピエロ芝居のように悲しく像を結ぶ。ならば、事実を積み上げるレンガ工のツナギの服を着て時代のトンネルをくぐり抜けて行こうとしているのが「猫の郵便」のやり方です。
おごる必要もなし。ビビる必要もなく。


99リス

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




back-to-top