FC2ブログ
2014
06.15

虐待事件:猫の口に釣り針ルアー

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    30℃~20℃  

1keitrine.jpg
                                         3年前の春 ケイトリン

虐待事件猫の口に釣り針ルアー】早番の活動ではその猫は何でもなかった。普通そのものだった。普通に会い、いつもするように対面給食をし、そして「じゃあね」と別れた。しかし、遅番の活動でその場所に行ったら、その猫の口から釣り針を垂れ下げたルワーが引っかかっていた。これで何回目? 釣り針がらみの事件!

物凄く怒っている。そこは釣りをしては駄目な所。釣り禁止が行政から出ている。でも、そんなことお構いなしに人相の悪い奴らが釣り道具を持ち込んでヒュッヒュッと音を立てて釣竿を振り回している。春夏秋冬、時間を問わず、不届き者が後を絶たない場所だ。そして、また事件が起きた。

「ここは釣り禁止ですよ」と声をかけるには目つき顔つきかなりヤバそうな風采の不特定多数の人たちがフィッシング練習に興じている所。

事故なのか、不可抗力なのか、故意なのか、悪戯なのかは分からない。しかし、ルアーが口に刺さって引きずっていたのは事実。➡探しに行ってもう姿を見せなくなったら永遠に取り逃がすことになる。

違法の場所で遊ぶ民度。公共空間の決まり事(法律)よりも欲望(遊び)を追及する今流の良民。この国の市民の心の崩壊はとどまることを知らない。注意をしようものならば、猛烈な自己愛で、逆切れされる。
頻繁に行き交う警備員は何も言わず、釣り糸やゴミは放置され俺流無政府主義が王道を行く。

とにかく港区江南支所土木課に「釣り禁止」の注意看板を出すように要求だけは出してみよう。

被害に遭った猫の名前はケイトリン、茶とらの女の子、7年の付き合いになる。どうなるのか、色々トライしてみる。


rz118.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




back-to-top