FC2ブログ
2013
06.11

体調不良の三本の矢 ~プラス

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。

コンスタントな睡眠不足がベースにあって
梅雨入りしても雨が降らない安定した天気に気をゆるませていたら
台風接近のあおりを受けた・・・折からの雨。
夕方、用意なしの軽装のまま、まともに喰らってしまった。・・・全身びしょ濡れ。・・・嗚呼。

一本目の矢が睡眠不足。二本目の矢が右耳裏から首すじにかけての治らない痛み。そして三本目の矢は“雨”! 
体調不良の三本の矢!
体調不良の三本の矢に同時に命中してしまった。まるでセバスチャンのような気分。

地域猫活動は仲間内では“ドカタ仕事”と言われている。だけど、雨降りの日にも仕事をする土方はいない。
地域猫活動は雨のナイト&デイ、黒子になって働く。
いずれにしても、最低限の体力は維持して、どんな時でも形でも動けるようにしておく。
それが、屋根のない暮らしをする猫たちを守る“地域猫活動”の神髄。

雨降る日には物陰に隠れ、その時を情熱的に待ちわびている。その姿のけなげさが脳裏にしっかり焼き付いているから、逆境の時こそ「行ってあげなきゃ」と思うし、奮い立たせる気持ちがある。

雨はいつまで続くやら。

痛みはいつまで続くやら。

この国の無視された犬猫の痛みはいつまで続くやら。

恨めしく、外から伝わって来る雨風情に耳を傾けていたら、マルコ・ブルーノさんから愛媛県発の犬の虐待事件のニュースがメール・ボックスに届いていた。
ひとつは悪徳繁殖業者による27頭の犬の大量遺棄、もうひとつは愛媛県の動物愛護センターによる殺処分の不祥事。またしても“公務員”による口先三寸三昧のごまかし事件。

四本目の矢には、いつも虐待という社会の毒が塗りたくられている。


おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




back-to-top