FC2ブログ
2014
11.16

地域猫連れ去り 闇のシルエット

Category: 地域猫活動
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   16℃~10℃   

リト568
         ある日突然に消えたリト 母猫からはじき出されレイチェルとケイトリンと給食時間仲間だった

【地域猫連れ去り 闇のシルエット】終電の終わる時刻。東京の夜はもう冬のように寒い。厚手の手袋をし、マフラーを口元までたくし上げて、遅番の地域猫活動で深い夜の街をめぐる。
寝静まった空を上目づかいに見上げれば、彼方遠くに木星が輝き、風と水に滑るゴンドラを想わせる下弦の月が音もなく一人旅の宙を行く。
外猫の安全と活動を平穏に行えるよう流れ着いたしじまの時間だ。

いなくなった地域猫レイチェルは今頃どうしているのか。ある日忽然と消えたチャーリーやドラミやリトはどんな末路をたどったのか。生きているのか。死んでいったのか。
ついついセンチメンタルな気分になるデッドエンドの時間帯なのだ。

ふり返り思えば、レイチェルやリト、ジェイやピノコさんが行き交ったあの場所で、地域猫活動を成り立たせるまでになる過程は本当に辛く険しい道のりだった。交通事故のリハビリ・ウォーキングで通りかかったふとした場所。当時そこには、気まぐれにかまわれている野放しの猫たちが腹をへらして、来る日も来る日も阿鼻叫喚の声を上げひしめいていたっけ。エリア内、指折り数え55匹の数は超えていましたか。
あまりの惨状に胸を突かれ、「何とかしなければ・・・」と勉強しながら取りかかったのが事の全ての始まりだった。
猫たちの急場の飢餓をうずめながら、どういうことなのかあっちこっちに聞き回って、関係会社に頭を下げ、何度も何度も頭を下げ、港区港南支所に小突かれ、そして闘い、TNRをしない不良餌やりからは「私たちの方が先乗りだ」と罵倒され、特にレイチェルが居たあの場所では虐待事件や不審な事件が横行し、ついには裁判まで引き受けて守って来た所です。いや「死守して来た」と言った方が当たっているかもね。

そうこうした荒波の果てに、やっと平穏な活動を送れるようになったと安心する間もなく、今度は昼間の無責任な猫好きな人たちの遊び場と化して行く情けなさに引っかき回される地獄が始まったんでしたっけね。
本当にやりきれない気持ちの連綿だった。
猫かまい、不良餌やりによる散らかし、それに並走し、虐待事件や妨害事件や嫌がらせ事件、そして警備や通りすがりからのインネンと暴言、役所や関係会社からの呼び出し、山が次から次へ目の前に立ちはだかる毎日だった。


これが私たち「猫の郵便」がして来た大づかみな「地域猫活動」の7年半の実相です。それを、ちゃっかり地域猫活動の現場に割って入って、昼間の空き時間に感情のおもむくままに猫たちを弄び手なずけ、何の「ことわり」もせず〝地域猫〟を連れ去るとは一体どういうことなのだろうか。石となり腕組みしジッと固まるしかない。
連れ去られ消えた存在、もう何処にもいないものを必死に探し回っていた馬鹿馬鹿しさ。
地域猫を無断で連れ去った「闇の中のシルエット」は地域猫活動や多くの不幸な猫たちの救済活動をしている人たちの悪戦苦闘を何だと思っているんだろう。言葉が見つからない。

一つだけ見えているのは、自分のことしか頭にない人、自分だけ良ければそれでいい人の姿。

私たちの地域猫活動は「遊び道具としての猫」を行きずりの一般にレクレーション提供するためにしている社会活動ではありません。あなたたちに昼間の遊び道具を提供するためにしている活動でもありません。助けを必要としている猫たちがそこにいるから行動しているのです。
それなのにどうして地域猫活動の間に平然と土足で割って入って邪魔や顔に泥をぬるようなことをするのだろうか。
これでは不法によその国に侵入し拉致事件を起こしていた北朝鮮のやり口と同じではないか。

後先間違えたと思ったなら、なぜ事後修正の手続きを取れないのか。猫のために良かれと思ってしたことなら、なぜ「猫が幸せになるための約束事」を取り交わせないのか。
フロントラインは? 駆虫は? 健康診断は? 家の広さは? ペット可住宅なのか? 猫が重病になった時の知識と経済力は十分なのか?
これらのことを訊ねられて不快なら、恐らく猫を飼ったり育てたりするのは不向きな人。命は一時の情緒や感情や衝動では育てるのはむずかしい。
地域猫活動にズカズカと土足で割って入られたこの気持ち。この不快感は見知らぬ人にいきなりパンツの中に手を突っ込まれ、かき回されるような「蹂躙」っていうヤツでしてね。

・・・どうして手続き/段取りを踏まず、感情ばかりを先走らせ、暴走する人間がこんなに多いのだろう。


何年間も無遅刻無欠勤で通した猫がある日突然失踪した事件は今回が初めてではなく、連れ去りの前には「その人たちは地域猫活動を無視し、私たちの目の届かない所で猫を手なずける行為を繰り返していた」という想像が直ぐにつく。
話してくれればスムーズに事が運ぶものを・・・


rz118.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




back-to-top