FC2ブログ
2013
06.19

首まわりに保冷剤 ~今年初

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。

elizabechtaylaratui1sss210.gif

今夜はPCがどん底の不調になり、通常のブログ更新が不可能になりました。いつも“Word”で文章起こしをしていますが、今夜はPCを初期化したために“Word”が直ぐには使えなくなりました。
プロダクトキーが何とかカンとか・・・。製品に表示されている通りにタイピングしたのに駄目でした。
だから、今夜は直接文字入力。時間が押しているのと、普段と勝手がちがうので変な感じです。

でも、突発的なアクシデントを言い訳にして甘えていてはいけないので、この条件で書いてみましょう。

「嗚呼」っと。ヤになっちゃうくらい梅雨期で蒸していますね。2日前からウナギのぼりの高湿度でへばっています。
高温多湿の高止まり。さすがに昨夜は、体力がガマンの限界に到達し、夜の地域猫活動は首回りに保冷剤を施して出かけました。
保冷剤は生鮮食品などを買った時に付いてくる同じ形/サイズの物をストックして置き、シーズンインしたら冷凍庫経由で登場するのです。
大判のハンカチーフを広げ、中央部分に保冷剤を2コか3コ置き、くるくると折りたたみ、保冷剤の部分が首の後ろに当たるようにして、首前でリボン結びにします。この方法は、毎年のサマークリエーションの必策です。

アイスノンなどの出来合いの製品が数年前から市販されています。しかし、手製の“冷製首巻き”に比べたら、かなり劣ります。一度買って試したことがありましたが、慰みにもならない代物で“使い物”になりませんでした。
買うだけカネと時間の無駄です。
こちらは、何しろ最低一時間は、役目を果たしてもらはないと困るから、軟弱(やわ)な発想は受け合いません。
一日にそれぞれ一時間余りを4セット。
秋の風が吹くまで“首巻き保冷剤”が外活動の生命線を担います。
体と心の“安心の素”、首巻き保冷剤さまさまの毎日が続いてゆきます。
似たようなサマークリエーション・グッズが東急ハンズに出回る前に、この方法を自分なりに編み出しました。
よく「鞭打ち症にでもなったの?」とからかわれたものですが・・・
言いたい奴には言わせておけ! 「体験者は語る」が全てなのです。


おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




back-to-top