FC2ブログ
2015
12.14

赤ん坊猫ポピン👉 捕り物ノート

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   14℃~10℃    


popin 病院にて2
日が明けて 病院にて びっくり眼


東京都西多摩のOYさん


はじめての活動参加のご寄付に感謝しています



【赤ん坊猫ポピン👉 捕り物ノート】11月半ば。それは外猫生活で疲れ切った〝クーちゃん〟の病状が悪化する一方の影で起こった出来事でした。その後、間もなくクーちゃんは亡くなり、事情が事情なだけに背後で起きていることを伝えられないでいました。

あれは夜が深々と更け凛々と冷えて来た11月半ばの金曜日。四角ばった乾いたビルまたビルの街並みを行くと、どこからともなく猫の鳴き声が甲高く聞こえていました。近づくほどにどんどん大きく。甲高く。甲高く。
鳴き声のトーンでそれが子猫のものだと直ぐに分かりました。こんなビル並びの谷間の「一体どこから?」。
鳴き声に吸い寄せられ辺りを探ると、背高いビルとビルの間で子猫が全身の力をふりしぼって鳴き叫んでいました。
薄暗がりに目を凝らすと、パッと見判定で生後半年に満たない大きさ。やっぱり子猫でした。こんな理不尽な所でどうして子猫が何かを訴えて必死に鳴き叫ばなければいけないの!?
何故を問う前に、こっちも「とにかく何とかしなければ」と必死になりました。

息を切らせ走りに走って大慌てで家に戻り、キャリーとフードを小脇に抱えて、鳴き叫ぶ子猫がいる現場に急いだのです。生憎のこと、強制捕獲機は貸し出していて手持ちがなく、とにかく素手でやってみようと、まずは子猫に近づくためにフードを皿に盛って差し出したまではいいのだけれど、恐怖心と不安におびえる子猫はスワッとフードめがけて突進し一口くわえては素早く走り去り、また早業で一口くわえては身を隠す、この繰り返しでした。
「困ったぁ」と逡巡している中、現場に某芸能人とそのマネージャーが通りがかり、「手伝いましょうか」と某芸能人も電光石火の軽業で近くの家に舞い戻り、予備のフードや「風邪を引かないように」とホッカイロの差し入れをしてくれました。

鳴く子猫、フードをくわえ逃げる子猫の一進一退。子猫の様子見をしながら、マネージャー氏を交えて言葉を交わしましたが、マネージャー氏は開口一番に「誰かが捨てたんだよ! だって綺麗だもん! ったくなー!」ときっぱり。
しかし、子猫の手づかみ作戦は一向に目途が立たず、無駄に時間を弄していけないと強制捕獲機を持つ友人の猫ボラに「緊急助っ人頼む」と電話を入れました。近くにオフィスがある友人は電光石火のスピードで現れ、暗がりのビルのすき間に捕獲機をセットすると、子猫は食欲に負け程なくして〝中〟に入ってくれました。ホッと安堵の一瞬でした。無事成功でした。

捕獲成功が深夜にさしかかる時刻だったので、子猫には捕獲機の中で一晩我慢してもらい、日が明けてから犬猫病院にメンテナンス治療に行きました。・・・駆虫、爪切り、ノミ取り、病気検査等々・・・。ついでに「去勢手術も可能です」と言うことなので、晩まで病院に預かってもらい、そして「事の次第」の一件落着。
家に着いた赤ん坊猫は「自分の身に起こった不快」に大怒りでプンプン。怒る相手は捨てた人たちにして欲しいのに、こっちも別方角にプンプンプンでした。
時間が経って分かったこととしては、子猫はケージの外に出すと直ぐにパニックになる、たぶんケージ飼いで「ずーっと」だったんじゃないかな、そう思いました。可哀そうに。挙句の果てに捨てられて。
某芸能人のマネージャー氏の推測通り、本当に子猫の顔は目鼻きれいで、間違いなく手に余した末に「捨て猫」したのでしょう。

子猫捕り物ドキュメント・ノート、本当は事件が起きて直ちに伝えるべきだったのですが、同時進行で老猫クーちゃんの病状悪化と落命が重なり、そして地域猫いちろう君の悲報が追い打ちをかけ、ついでに色んな問題が矢継ぎ早に起こり、今になりました。
即報通り、赤ん坊の名前は「ポピン」、これから家猫生活のイロハをトレーニングして、里親会に参加する予定です。
ごろ寝スキンシップで「ゴロゴロ」と喉を鳴らしてすっかり私には馴れましたが、まだまだ他の人が近づくとテンションうなぎ上り、それとケージの外でパニックになるのは解消していない、この二点がこれからの赤ん坊ポピンの宿題です。ポピン情報は、サクラちゃん兄弟同様に、この先「幸福の道」が見つかるまで続報します。

ポピンが1才過ぎになる来年のクリスマスは「どこで誰と暮らしているのか」、心配を他所にポピンは可愛い顔をしてもう捨てられた記憶などすっかり忘れている。🎄



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

noel166.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




back-to-top