FC2ブログ
2016
01.05

子猫たち里親先に慣れ👉 普通の暮しへ

Category: 譲渡&里親会
猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    15℃~5℃   


new life
新しい暮らしに慣れ


練馬区のSHさん


「ありがとう」という 言葉では 足りないくらい



心づかいの お年玉ご寄付に 凛とします



【子猫たち里親先に慣れ👉 普通の暮しへ】去年の秋に里親会を通して千代田区の〝とある幸せな家庭〟にもらわれて行った「タロ―とミルク(当時の幼名)」は健康上何事もなく増々元気にしているようです。幸せぶりを知らせるメールが届きました。
最新のメールによると、新家庭の暮しに慣れるために使っていたケージが今は完全に片づけられ、タロ―とミルクは先住猫と一緒にして自由にさせていると書かれてありました。良かったです。
当初は「ケージで拘束される生活が長く続くのかな」と心配していましたが、あっけなく杞憂に終わりました。どうやら余計な取り越し苦労をしていたようです。

猫たちの譲渡について、こちらの主眼はただ一つ。ごく普通の家庭で、ありふれた「ごく普通の飼い猫」として暮らさせてやりたい、それが望みの一切合財の全てです。
だから、ケージが取り払われ広々とした部屋で、猫と人が思いのままに〝まったり〟暮らしている姿が思い浮かび、和らいだ気持になりました。
メールを行き交わせる中で、互いに人間的な意思の疎通が通じ合う人にもらわれて行ったのが何よりの幸いです。家庭訪問の意義がありました。

いつかタロ―とミルクの元へ、別れ別れになってしまったけれど、血を分けた兄弟猫のサクラちゃんが「譲渡先で『幸せに暮らしている絵姿』を届けたい」と、そう思っています。
しかし、同じく血を分けた兄弟猫のジローくんは突然イレギュラーでブラインド・シャドウをかけられ譲渡され、安全でいる近況を是非知りたくて「写真の要求」をしているのだが・・・。
待てど暮らせど写真は届かない。幸せの片側で首を傾げる今日この頃です。・・・ジローくんはどうしているだろう。


DSCN1162j_20160108013428101.jpg
ジローくん


                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

DSCN1174a_201510010743301b4_201601080134338e8.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




back-to-top