FC2ブログ
2016
01.11

また捨て猫された

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    11℃~4℃  

2130.jpg
イメージ: 港区のM家は捨て猫を助け続け


品川区豊町のIMさん


変わらぬ ご支援を 力にします ありがとう

 

【また捨て猫された】ん~。実に憂うつになる。これではいつまで経っても終わらない。活動現場にまた猫が捨てられたのだ。ひょっこり顔を出したのは初めて見るキジ猫、不思議なのは出会いがしらなのに逃げるでもなく臆するのでもなく、逆に悠然と見返された。捨てられた直後の猫の行動はほとんどの場合、場にビビるか人にビビるかして、目いっぱいの「恐怖と不安」を表わすものだが、すんなりゆったり自然にしていた。
しかも、二匹の先住猫にテリトリー優先権の威嚇一つさえされずに並んでちんまり佇んでいた。通常ならあり得ない光景だった。何故?

そこは東芝本社ビルの敷地。四方が鉄道と運河と高速道路と幹線道路に囲まれた陸の孤島で、猫がちょっと散歩に来て友だち猫と遊んで帰るなど、どう考えてもあり得ないロケーション。
先住の白黒猫と諍いないスムーズな関係を見ると、かつて同じ場所で同じ釜のメシを食った間柄なのか、その白黒猫を「湾岸から私が連れて来た・・・」と去年の秋口に初老ババアから告白されたことがあった。そこから推測すれば、新顔もやはりババアが手に余し廃棄処分に捨てに来たのだろうか。もしそうなら本当に腹が立つ。
新顔の場慣れ👉猫馴れ👉人馴れが、度を超えて堂に入り過ぎていた。

周囲にババアの容貌と自己紹介プロフィールを説明した時、「多分その人、港区の『まち猫会議』に参加している人かも・・・」と聞かされていたから、「ある時は善良な猫おばさん、ある時は猫を闇夜に隠れて捨てに来る鬼ババア」の姿をとっさに連想させられた。自分の都合で猫をあっちこっちに移動配布することなど、だからお茶の子さいさいにできちゃう、何の罪意識すらなくやってのけられる年季の入ったプロなのかもしれない。もしそうなら本当に許せない。

近隣の友人は「昭和の感覚でやっているのよ。罪の意識なんて勿論なくて、むしろ良いことをしているつもりでいるのよ、きっとね」と眉をつり上げた。
前石器時代を生きた者と石器時代を生きる者のギャップ、前地域猫時代に慣れた者と地域猫時代を押し進める者の心とカルチャーの深いギャップ、これを一体どうすればいいのか。
捨て猫問題、保護活動には千の針で刺されるような痛い風が闇世をぬって吹き付けて来る。共通の〝倫理観〟を共有し合えないところに「捨猫闇世」の隠れ家がある。言われなければ分からないなら、本気で「死んじまえ」と思う今日この頃。エンドレスの捨て猫社会に頭を抱え込んでいる。



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




back-to-top