FC2ブログ
2016
01.22

猫のトイレ革命

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    10℃~3℃   


81bZRWWc6-L__SL1500_397y_2016012619274193a.jpg
商品モデル 砂を入れ過ぎ + お尻を上に向ける猫は屋根不可欠



住所記入がなかったIYさん


目を止めて頂き そしてご寄付に 感謝しています




【猫のトイレ革命】猫のトイレはシンプルな一段式とおしっこをスノコで下に落とす二段式、それにセットで屋根なしと屋根ありタイプ。砂ならば鉱物系➡木製系(ヒノキ・パルプ)➡植物系(オカラ)➡システム系と時代と共に変化している。
一段式は単純に鉱物系か木製系の砂を入れ、おしっこを固めて、一般ゴミとして処理するやり方にするか水洗トイレに流せる砂を選ぶかの二者択一。
二段式は下でおしっこをシートで受けて、使用後はシートを一般ゴミとして処理する方法です。
時の移り変わりで猫トイレ本体も砂も色々と変遷を経験しているが、ここに来てビックリ、冬の始まりから6か所ある猫トイレの一部でユニ・チャームの〝システム・トイレ〟を試し始めて、その機能性と効力に目からウロコ、本当に驚きの「猫のトイレ革命」です。臭いの問題、トイレ掃除の簡便さ、スノコ洗いの手軽さに正直納得させられました。

猫たちそれぞれトイレ指向があるので、一部は〝木製系砂〟使用のトイレを残しはするが、だんだん慣れてもらってユニ・チャームの〝デオ・トイレ〟に切り替えるつもりです。

ユニ・チャームのシステム・トイレは本体がアマゾン価格で屋根付きが1700円台、屋根なしが1400円台と格安で、これに本体用のシステム砂と高吸収シートをトライアングルで使用すれば一匹二匹の少数飼いの家庭ならバッチリです。
システム砂はおしっこを吸収することなく下に落とし、抗菌作用と消臭効果が抜群で、砂が重いので他の砂のように室内に飛び散る心配がありません。システム砂が一か月そのままで持つ、機能が維持されるのも魅力です。
システム・トイレ用のシートは驚くことに猫一匹分で約一週間600ccのおしっこの吸収力があるとされています。試してみましたが、実際にその通りで、少数飼いの家ならシートを替える手間が大幅に省けます。

しかし、ここで問題なのは多頭飼いの場合です。一週間交換の高機能シートは一枚が80円~100円。これまで使用していた旧式シートが一枚につき13円。
20匹の猫の一日分のおしっこの量で計算すると、320円~400円×30日で約1万円相当割高になり、年間にすると10万円~12万円の過出費になります。
保護活動費と猫トイレ管理時間短縮と衛生管理問題のプラスマイナスの相談ですが、ユニ・チャームのシステム・トイレの三点セットが画期的であり、革命的であることは確かなようです。

 商品写真では砂でスノコの部分が見えませんが、スノコの部分は真っ平らではく、傾斜の仕方が絶妙です。



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

DSCN0277_20160126192332011.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

スポンサーサイト




back-to-top