2016
07.18

スットコドッコイ共和国

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  34℃~25℃ 


DSCN1679.jpg
ラジオくん👈 パルチザンになって 守ってやる


【すっとこどっこい共和国】地域猫活動の数年間で人や街に毎日さらされ感じ取っていたのは〝無関心〟〝無気力〟〝利己主義〟のボア―っとした空気感。ほぼ「それのみ」が知覚身肌の実感です。だから今回の参議院選挙の結果に特段の驚きなし。猫たちを包む澱んだ空気そのものが現れた形です。有権者の83%が与党勢力が3分の2を占めたらどうなるのか知らなかった、こうして音もなくアイスクリームがダラーっと溶け出して姿を崩すように壊れて行くのでしょう。

嘘と詐術の政治手法、無制限の格差拡大、そして言論統制と監視社会に「生き場」をどんどん狭められ、しかし意思することなく「皆と一緒」と忠誠を誓っているのだからもうどうしようもない。結局、多勢はテレビに映し出される非日常「戦争とファシズム」にこそ花火を見物するような何かを望んでいるのかもしれない。自分の頭で考えるくらいなら死んでいる方がマシだと、誰も彼もが権力の腐臭にすり寄っていく。もう取り返しがつかない所に来ているのかもしれない。

知的好奇心という青い思春期を「カッコ悪! 青臭い!」とかなぐり捨てた抜け殻が、頭に思い浮かべるのは金とセックスと食い物のことだけか。そうグルグル世界が回っている。欲に釣り上げられ捨て去る物は一体何か。いやさしたる躊躇も挟まず〝欲〟が勝ち抜けている。決壊した堤防を踏み砕きとどまることを知らず時代の濁流が流れ下る。怒涛の如く。犬猫一匹くらい踏みつけ転がしたとて痛み走る心はもはやないのだろう。シレっとした無気力には太刀打ちできない。

「上を向いて歩こう」の永六輔さんがどんな道を歩いたのか調べてみた。そしたら「上を向いて歩こう」は当時の永六輔さんの心情をつづった歌で、60年安保に敗れた「涙」を表わしているそうだ。何となくテキトー仕事ではなく、そこには社会を見つめ政治を見つめた一青年の青い真面目さがあった。そして50年過ぎた今の日本の音楽制作現場は、表現者に「政治にはふれるな! 口を出すな!」と契約解除をチラつかせ抑えつける。両者「金が大事」の手打ちでジ・エンド。

別に今更抑えつけなくても音楽に限らず、メディアもジャーナリズムも文筆業まで自ら率先して自己規制しているからどうしようもない。新聞とテレビが率先して選挙を隠し、争点が何かも目隠しぼかし、何となく薄ぼんやりと遥か遠くに政治がある。「バカは黙っていろ!」と。うーむ。ファシズムがこうして無気力にダラーっとアクビするようにやって来た。参院選を通して気づかされたことだ。猫ブログの見出し並びにも「選挙」「政治」の一字もなかった。私事の開陳棚だ。

どこもここも「私、私は、私が、私を、私と・・・」俺・私のオンパレードがグチャグチャになった様相だ。私は永六輔さんよりも、ビートルズよりもずっと下の世代だが、もし彼らが抑えつけられたなら、果たして黙っているだろうか、そんな思いに行き当たる。ビートルズ初来日公演を控えた日本のお偉いさんたちは「あの髪の長い西洋コジキに神聖な武道館を貸すな/貴重な外貨を使うな/髪を切ってから日本に来い」と非難の嵐だったそうだが、もっと悪い空気になっている。

それは自分で考えない怠惰。真剣に何かを作ったことがない怠惰。意見なき生き方の怠惰だ。為政者のせいばかりじゃない。もし自分が真剣に作った作品が検閲ではねられたらどうする?
真剣に考えた意見が踏みつぶされたらどうする? 自分だけ助かればそれでいいの? カウンターカルチャーの先陣を切ったビートルズをイギリスは許容した。レノンの戦争反対をイギリスは許容した。レノンの「イマジン」を戦争時にアメリカは放送禁止にした。スットコドッコイがどっちかは明白。

🐈

まともに政治・政策を答えられない33歳タレントと41歳スポーツ選手が早々と当確が打たれすり抜けた。選挙民のどうしようもない政治レベルの低さにただ唖然としサジを投げるしかない。緊急事態条項が加憲され、緊急事態宣言された後、こんなのに人も猫も組み敷かれ、一言も発せられない沈黙の時がやってくると思うと、居たたまれなさがこみ上げて来る。無気力がファシズムの「雲のじゅうたん」を運んで来た。雲の上に乗る独裁者にファナティックになるだろう空気が恐い。



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
06.26

自由を奪われたら「動物殺処分ゼロ」なんて言えなくなる

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   30℃~22℃ 


Cl1VSv0UoAAXP2N.jpg
三宅洋平に集まる大観衆 IN 渋谷


【自由を奪われたら「動物殺処分ゼロ」なんて言えなくなる】今度の参院選挙で自公&おおさか維新が3分の2を占めたら〝改憲〟が瞬く間に発議される。改憲の導入は「緊急事態条項」を憲法に書き込むことが手始めになると政権中枢幹部がはっきり明言している。
自民党の古屋圭司改憲推進本部長代理は「本音は9条の改憲だが、リスクも考えないといけない」ので、「大災害や他国からの武力攻撃の際、首相権限を強化する緊急事態条項の新設から着手したい」との本音を漏らしている。

さあ「緊急事態条項」が新設されたらどうなるのか。政府は国民の全ての自由を制限することができるようになり、国民の財産または労役を政府のために徴用することができる。
つまり国の命令一声で〝自由〟も〝財産〟も差し出さなければならなくなる。ナチスの「全権委任法」と同じ絡繰りです。そうなれば首相に権限全てが集まり独裁体制の確立です。
財政赤字を出そうが、汚職や不正があろうが、みんな秘密のベールに隠され国民はもう何も知ることができない。緊急事態条項とは、首相が意のままに国を丸取りする〝手法〟です。

もしそうなれば「動物殺処分ゼロ」なんか言っていられなくなるかもしれない。身近な感覚では警察の任意の職務質問が〝強制〟になり、ひょっとしてちょっとした「間違いの一言」で簡単には家に帰れなくなるかもしれない。
そして一度「緊急事態」が宣言されれば、期限の取決めがなく永遠に繰り越し可能、国会は停止され予算は掌握され、選挙権も内閣も停止され、独裁権限を止める手段を国民はいっさい持たない。ただされるがままの哀れな丸腰の奴隷です。

6DSCN7839b_20160701072614b87.jpg

今度の参院選挙で自公&おおさか維新が3分の2の議席数を取ったら、ただちに「偽旗事件」が起こるでしょう。ナチスの国会放火事件のような、人心を操る舛添騒動やベッキー騒動のような、湾岸戦争の時のアヒル原油まみれ事件のような。
「パンとサーカス」のマジックに気を取られているうちに、〝個人の尊厳〟も〝基本的人権〟も〝言論の自由〟も何もかも、身ぐるみはがされちゃった、・・・なんてね。
」で誘導されたイギリスの下層労働者が日頃の〝うっぷん〟をEU離脱投票で果たしたわけだが、EU離脱後の<これから来る経済停滞>をいの一番にこうむるのが彼ら下層の人々本人たちという何とも言えない逆説的皮肉。真実を見極める〝まなざし〟が重要です。

しかし国の形がすっかり変えられ、自由が奪い取られようとしているのに、表現の場にいる人たちから表立った態度表明やカウンター(抵抗)が殆ど聞こえて来ない。手前味噌に埋没しているのか。忙しさに首をしめられているのか。
気がついた時は「にっちもさっちも行かなくなっちゃった」ってことにならないように切に願うが、イギリスのEU離脱投票結果の二の舞だけにはなりたくない。後出しじゃんけんの機を見る姑息よりは「たった今の勇気を」です。かけがえのない〝自由〟を失えば「『自由を復元する』自由がなくなっている」というどうしようもないもどかしさです。

ん~。そして主要メディアの動向をうかがうと、全社面舵いっぱい〝超右〟に舵を切っているようだ。自称リベラル系朝日の三宅洋平徹底無視が、官邸との「あうん」の呼吸を言わずもがな物語っている。官邸から張り巡らされた地下指令の何よりの証明に思える。
朝日は三宅洋平の街宣に集まった大観衆の写真を「三宅洋平」の名前を伏せて載せる悪質さ。しかも「三宅洋平の支持広がらず」の誘導記事の念の入りよう。

いいさ。心のおもむくまま逆鳥(間違いじゃない)で行こう。あの時は「なんにもできなかった」なんてカッコ悪いことは後々口が裂けても言いたくないから、女優の木内みどりさんを見習って自分にできることを精一杯する。
今度の選挙は好き嫌いの生理選択ではなく、改憲に「イエスかノーか」の運命の分かれ道。人の罪作りで外に追われた猫たちに、生き場がなくなる選択にだけはなって欲しくない。






やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN8189xb_20150530222222ad9.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
06.18

運命の分かれ道👉最後の選挙になるかもしれない

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   33℃~21℃   


CbtLGGoUcAEjprU2.jpg
「平和な普通の暮しをしたい」と願うのをとがめられちゃーもう


【運命の分かれ道👉最後の選挙になるかもしれない】「音楽に政治を持ち込むな」ってSNSやネットで話題になっている。こっちも「猫ブログに政治や音楽を持ち込むな」ってとばっちりを食らいそうだ。
狭苦しい世の中だ。どんどん窮屈な世の中になる。どんどん息苦しい嫌な世の中になってゆく。頭から毛布をスッポリかぶって目だけ出して、口にガムテープを貼って生きなければいけない時代に突入して行くのだろうか。恐いなぁー。

人間のリアルな自然体は・・・。〝喜び〟〝哀しさ〟〝怒り〟〝楽しみ〟が混然一体になり、〝音楽〟〝映画〟〝料理(食べ物)〟〝政治〟〝科学〟〝文学〟〝美術〟〝スポーツ〟などを、見る・聞く・嗅ぐ・味わう・遊ぶ・読む・しゃべる・描く・書く・触るなどして縦横自由にまたいで行き来するのが生来。そういう生き物。
そこにくっきりと線引きされる境界線なんてありはしない。〝またぎ〟こそが醍醐味であり、人間に与えられた透明な翼。翼なくしてどうやって人生をドライブして行けと言うのだろうか。人間性の〝翼〟もがれて・・・

要は「アベちゃんを批判するな」という妄執から潮流だ。今、水上/水面下で何が起こっているのか知らせたくない、知られたくない。波風立たないように日本を「様変わりした国」へと持って行きたいのだろう。愚民を愚民のまま眠らせておきたいのだろう。
嘘でぬりたくった白い壁、ヒツジの皮を被った狼が通る。折しもの参院選挙で与党が3分の2を取れば、きっと隠し玉の「緊急事態条項」を憲法に紛れ込ませる〝野望〟が確実に明日に迫る。

緊急事態条項が息を吹き込まれ生き物になれば、即座に「基本的人権」は無効になり停止され、「個人の尊厳」が削り取られ、内閣総理大臣に権限全てが移譲される。つまり独裁の始まりです。
身近な生活でどんなことが起こるかと言うなら、例えばこれまで任意だった職務質問が〝強制〟になり、断るなら連行〝しょっぴかれる〟事態になる。この9年の地域猫活動で400回近く職質を受けているが、それが強制になって、合法的に思想警察が人の内面にまで入り込み取り調べが行われるのは、想像するだけでやっぱり身の毛がよだつ。

緊急事態条項が通れば、権力者が暴走するのを縛っている「憲法の精神」はタガが解け水泡に帰し、独裁の政令が自由自在に乱発されるのは目に見えている。もしそうなれば、民主政による選挙はもう行われない。
選挙と言っても名ばかりで、ナチス緊急事態宣言下かフセイン政権下のような追認選挙が関の山になる。だから👉これが民主政〝最期〟の選挙になるかもしれない。民主政〝臨終〟の選挙になるかもしれない。

緊急事態宣言をしたナチス支配下の選挙では、前の選挙でナチスに反対を投じた67%がナチスに「Yes」と転じ、ナチスの有効得票率は92%まで跳ね上がり、ご存知の通り大暴走へと突き進んで行った。
「まさかそんな馬鹿な~」と思われるかもしれないけれど、何でも出来る「緊急事態宣言」が下された下で、司法手続きなしに逮捕や行方不明が日常風景になれば、人の心は恐怖心や無力感やあきらめにすり替えられるから、一ひねりで世の中はひっくり返されることになる。「個は公の指示に従え」というのが緊急事態条項の言わんとする中身です。

そしたらもう地域猫活動なんかやってられなくなるかもしれない。大会社に「言われなき通報」をされ強制連行されるかもしれない。何かゾーッとして来た。
そして友だちが連行されるのも勿論イヤだ。だって友だちを助けようとしたら自分まで火の粉かぶって拘束されそうだもん。まさか👉まさか👉まさか👉
まさかこんな心配をしなければいけない時代が肌身に感じてやってくるとは思ってもみなかった。言うべきことは言っておかないと・・・



やけどの子🙀福ちゃん予想外治療のため🙀ご支援のお願い

ゆうちょ銀行 口座名 猫の郵便No.00120-8-447443
他行から→〇一九店 店番019 当座預金 No.0447443


 振込の際は お名前の前に 「福ちゃんへ」とご記入ください 




                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします

🙀

新規サポーターを 募っています

DSCN1690.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
02.11

倫理と馬鹿

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    12℃~2℃   


may_i_2jpg.jpg
外猫の寒さや渇きや飢えを身にしませ眠りにつく人はほんのわずか


【倫理と馬鹿】私は馬鹿である。アインシュタインの相対性理論とか重力波を「すぐに説明してみろ」と言われたら目が泳ぐ。概略を少し勉強して、折り返し何度も読み砕いて、ほのかに輪郭が把握できたような、全然つかめてないような。で、口頭で「学習した相対性理論をレクチャーしなさい」と求められたら間違いなく立ち往生し匙を投げる。
この分野では全く頭が利かない、つまり私は〝馬鹿〟なのである。
けれど、自分が「馬鹿である」ことを知っている馬鹿でありたい。そこのところは謙虚でありたい。明日は未知な何かを一つでも体得できるかもと、馬鹿は馬鹿なりに知的好奇心を失った人生だけは送りたくない。

しかし、馬鹿では済ませられない〝座標(≓経験的空間)〟がある。倫理の分野です。例を出せば、奥さんが出産間近な臨月の時に女をとっかえひっかえ〝不倫三昧〟していた国会議員/宮崎謙介のケース。或いは男娼をとっかえひっかえ買春ライフの挙句に、週刊誌にすっぱ抜かれたら〝嘘三昧〟で逃げ通した国会議員/武藤貴也のケース。
いずれのケースも発覚しなければ、そのまんま「優雅な特権階級ファンタジー」を続けていたに違いない。国会議員にしてこの倫理の破たん。そして、宮崎謙介スキャンダルを受けて、自民党参院会長が「(不倫を)うらやましい人もいるのではないか」とハレンチ発言で恥の上塗りするのだから、「倫理」という言葉はもうこの国では廃棄処分場の屍なのかもしれない。

大の大人が、しかも国会議員が外から指をさされなければ、人の倫(みち)が何か分からない。つまり、不治の馬鹿。2つのケースはバレたから謝罪に追い込まれたに過ぎず、自分の身分前後左右考えず行動し、理性よりも酒池肉林の性衝動を先んじさせる馬鹿に付ける薬はありはしない。倫理を内発で分からない馬鹿は、「豆腐の角に頭ぶつけて死んじまえ」とはこのことです。
蔭では踏み越えてはいけない一線をのっぺり踏み越え世渡りし、表では何食わぬ顔をして「国民のために」と詭弁をぬかす。極めつけのツー・フェイセス☞悪党のお通りです。
二つの顔を持つ、でもこれは二人の国会議員に限ったことではなく、猫活動の経験的空間座標で何度もゝ遭遇させられている。

嘘、蔭口、二枚舌、手の平返し、善を装う悪意の数々、そして捨て猫事件と嫌がらせ事件と虐待事件の見えないシャドウ。にこやかに「猫ちゃんのために頑張って下さいね」と挨拶してくれていた某町のおばさんは、薬を撒いたりフードにブロックを乗せたりしていた張本人だったっけ。
「倫理観は人それぞれ違う」という人がいるかもしれないけれど、それは絶対に違う。
人を殺してはいけないし、人を自殺に追い込むまで虐めたり差別したりしてはいけないし、エアギターでバックステージで別の人に演奏させ客をだましてはいけないし、まして犬猫を殺したり捨てたりしてはいけない。
そうした暗黙に共有していなければいけない人の世の〝倫理〟が崩れ去っているのが大問題なのです。倫理観を共有できなければ、そこで話し合いはお開きになり、白けた空気だけが幅を利かすことになってしまったクソ社会。
不正やインチキが蔓延っているのは「倫理なき社会」がたどった到達点です。馬鹿が蔓延れば空気はさもしくなる。
はい、その通りです。ここは倫理が廃棄された産廃場なのです。



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

DSCN8062d_20160215201256b8f.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2016
02.08

猫ボラも例外ではない馬鹿のスパイラル

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。    9℃~2℃    


proxyd.jpg


【猫ボラも例外ではない馬鹿のスパイラル】2月2日~3日にかける深夜、東麻布へ近づいてゆく段に警察車両が物々しく道を固めていた。後で分かったことだが、恐るゝすり抜けたその物騒な騒ぎは、元プロ野球選手/清原和博の逮捕劇だった。そして、ついでにネットで眺めたニュースの陳列は、どれもこれも情けなくなる〝馬鹿記事〟ばかりのオンパレードでひしめき合っていた。
報道各社は、それらセレブのお馬鹿ゴシップを人の劣情や感情を刺激する恰好の〝撒き餌〟に使い、連日つるべ落としの株価下落や各省大臣の問題発言を視聴覚外の「外へ」外しに外しまくっていた。馬鹿製造機フル稼働の腹心算です。

ままならない自分の日常に不平不満を持つ人間を、ここぞとばかりに集わせ〝渦中の人〟に群がらせ、叩きに叩きまくらせる。匿名書き捨てで叩きに叩きまくる「二言三言『ストレス発散』遊園地」の景だった。恐ろしい。
もはや「やさしい日本人」などどこにも居はしない、手前勝手な幻想でしかなかったことが匿名のネット空間ではっきり証明されている。叩かれるアホウに叩くアホウのパノラマビュー。
負と否定の嵐が生命力になって凄まじい勢いで吹き荒れている。社会がもう回復不能の重病にかかっているみたいだ。
馬鹿だけが吸い取られるブラックホールが、もしどこかに存在するのなら、日本人のほとんどが壊滅的にいなくなってしまう、そう思わせられる今日この頃吹く「風の臭気」です。

だって総理大臣自らが・・・なんだから手に負えない。滅びのXデイにリアル感があるから余計に恐くなる。

不倫、不正、疑獄事件、メディア操作、マスコミ堕落etc。しかし、これらのことを他人事と笑って尻をまくってばかりはいられない。何故なら、我が近所、どの猫ブログ「どれをとっても」私的ひねもす、自分たちは政治・社会・文化にいっさい洟もひっかけない徹底した無関心/無教養でいるのに、何故か世間の「自分たちへの無関心」に嘆くバチ当たりと見当違い。
この感覚はちょっとまっとうな目をしていたなら「かなりイビツ」で歪みに歪んで見える。それを言うのは、ちと虫が良過ぎやしないか。んー、馬鹿ほどプライドが高い、馬鹿ほど自己評価が高いと、まざまざ観に武者震いするサムイボなのであった。
これを書いている途中でニュージーランドの詩人が「日本人は何もしないためなら何でもする」と言ったのを思い出していた。



                                 







・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉

Goodbye2.gif

猫助けにはコストが かかります ご協力お願いします



新規サポーターを 募っています

DSCN0810_20151003173327063.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2015
10.23

手が届かない命がある👉猫たちの悲惨を作り出しているのは誰か

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   21℃~16℃   


DSCN1067.jpg
イメージ: 「ノラ猫は自由でいいな」と耳に聞こえた 猫みんな好きでこうしている訳じゃない


東久留米市のHYさん


あったかいメール ありがとう


精一杯生きている あなたの何かが 伝わって来ました

 

【無数の猫の悲惨を作り出しているのは誰か👉 手が届かない命がある】秋風に乗って一通の淋しいメールが届けられた。通報がありTNR現場に駆けつけた時は、もう子猫たちは次々と死んでいった後で、生き残った2匹の内1匹も前日に石の上で冷たくなっていたという。
たった1匹生き残った見るもみすぼらしい子猫は、素手で何とか捕まえたそうだが、ひどい風邪にかかっていて先行き不透明を伝えている。そして、メールは最後に「・・・人間が暖かな明かりの中で腹を満たして幸せにひたっているこの時に、冷たい土と石の上で死んでいく小さな猫の命を誰が知り得ようか・・・」と結ばれていた。

この社会にはこうして暗い夜空を屋根にして命を落としてゆく猫たちが果たしてどれくらい居るのだろうか。誰も知らない。見ない。見えない。聞かない。聞こえない。
冒頭のメールが撫でる現実など、この国に類々と広がっている氷山の一角にも満たないのだろう。

惻隠の情という言葉がある。しかし、TNRの人が駆けつけるまで、物の哀れに「惻隠の情」を働かせる人は誰もいなかった。他の不幸に同情を寄せる心、「惻隠の情」は人の心の奥深くに本来自然に宿っていると言われているが、もはや見果てぬ幻のようだ。

助かる命と助からない命。拾われる命と捨てられる命。長い活動歴の中で、個人一人で全てを背負えなくても、人から人へハンド・イン・ハンドで伝え合って「四方の端っこを持ち合う」コミュの力網(ちからあみ)で一匹でも救い出せる命があれば助けたいのは山々なのだが、手が付けられないくらいに癌細胞が進行してからいつも事態が舞い込んで来る。

猫たちの不幸を作り出している腐った社会のあり方、それそのものに強いサーチライトを当て、超ドラスティック(思い切った)に大がかりな外科手術をして見直して行かない限り、猫たちの不幸や悲劇は野火を広げるばかりだ。
猫たちの不幸を作り出しているのは誰なのか。それは人と冷たい目をした世の中。阿修羅像の手をしても届かない命がある。もう一度問う「無数の猫たちの悲劇に手をさし伸べないのは何なのか?!?

・・・人間が暖かな明かりの中で腹を満たして幸せにひたっているこの時に、冷たい土と石の上で死んでいく小さな猫の命を誰が知り得ようか・・・


マザーテレサa




・・・怯まない。顔を上げよう。青空が広がっている。・・・
東八幡キリスト教会/奥田知志牧師の言葉



活動向上のため 新規サポーターを 募っています

moon_light70ajpg.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2015
09.15

雨に乱打されるシールズに共感しながら過ぎた夏

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  28℃~19℃  


CPCstrbUAAA7_0T.jpg
シールズはゴミ拾いをしてから帰途につく


【シールズに共感しながら過ぎた夏】天気と密接な関係にある地域猫活動。今年の夏は四方八方見るもの全て・・・道路も街路樹も電信柱も信号も・・・雨だらけの日々で散々な思いをしたが、何気にふり返ってみると突然の「シールズの出現」でまんざらでもない夏を過ごせた。いや充実した時間だったと言えるかもしれない。若いシールズの熱に動かされ、とにかく戦争のことや国際情勢や立憲民主主義について時間のほんのすき間を惜しんで思いっきり勉強した。

民主主義ってなんだ! これだ! 民主主義って何だ! これだ

シールズが国会正門前で連呼しているコールのひとつである。自分の頭で考える、考えたことを言葉にして声を出してみる、考えるためには知識が要るから勉強する、マンネリ奈落の海に意識が錆びついて溺れそうになっていたのを、若い清々しいにわか雨に合い「目覚めさせられた気持ち」と言ったらいいのだろうか。
2015夏、国会正門前のシールズをウォッチし、ウォッチングし、時間がない時はIWJ(岩上安身メディア)のネット中継から流れてくる〝コール〟に合わせて、踊りながら地域猫弁当を作って夜の街に出て行った。

シールズへの批評に「幼い」とか「ひと夏の思い出」と一笑一喝する大人たちがいるが、完成されていないドクトリンだからこそ学べる点がある。そこには社会的に飼い馴らされていない自由な気風がニョキニョキとみなぎっていて、何よりも一番大事な動物的直観(アニマル・グレース)が初々しく残っていた。大人たちの勿体ぶった良識、そんなものに囚われない、惑わされない、動物的勘がいち早くビッビッビと「命の危機」を察知し、こもっていた山からいっせいに飛び出して来た。シールズ現象をそう受け止めている。

若い自由なエネルギーに、洗濯機のようにグルグル回され撹拌され、魂や脳みそに経験で身にしみついちゃった「余計なもの/無駄な垢」を洗い流すきっかけを与えられた夏である。

雨の中、夜明けまでずぶ濡れになってコールしている大勢のシールズ、地域猫活動でずぶ濡れになりながら〝共感〟せずにはいられなかった。


シールズのTwitter冒頭にある言葉

作られた言葉ではなく、刷り込まれた意味でもなく、他人の声ではない私の意思を、私の言葉で、私の声で主張することにこそ、意味があると思っています。私は私の自由と権利を守るために、意思表示することを恥じません。そして、そのことこそが私の〈不断の努力〉であることを信じます






活動向上のため 新規サポーターを 募っています

DSCN8189xb_20150530222222ad9.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2015
09.04

この程度の国民には👉 この程度の動物愛護法

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。  30℃~22℃ 





【この程度の国民にはこの程度の動物愛護法】冒頭のYouTube映像はスティーブン・パトリック・モリッシー。通称、モリッシー。イギリスの伝説のロックバンド「スミス」のフロントマンからソロに転じても人気は一向に衰えることなく、今でもライブ会場には人垣がホライズンになるほど集客できる世界的に名が通ったロック・アーティストであり、ビッグ・スターである。日本では言葉の壁があり、不発に終わったが、言葉の力と身体感覚が一体になった表現スタイルが他の追随を許さない稀な存在である。

このモリッシーを巡り、今年の春ごろイギリスの国会論戦で、首相のデービッド・キャメロンと労働党の間で舌戦が繰り広げられたという。
キャメロン首相、大学の学費値上げなどで若者の生活を苦しくしているあなたには、モリッシー・ファンを自認する資格はない。モリッシーやスミスのファンの多くは、生活の苦しさと可能性を阻まれた若者たちだ」と、労働党議員。
そして、このイギリス国会の論争を受け、当のモリッシーが「デービッド・キャメロンに自分のファンであって欲しくない」と切り返した。何ともおもしろいエピソードである。生きた公共言語空間を感じた。

日本の政治空間で、こんな論争が果たして可能だろうか。

いや先ず今のところ決してあり得ない。俎上に上るアーティストもいなければ、政治家自身の文化や芸術を理解する経験と知性が決定的に不足している。程度が低すぎる。何しろ首相や財務大臣がAKB48に鼻の下をデレデレと伸ばし「ウヒョウヒョ」している感覚の持ち主なのだから。
安倍首相のアイドル熱狂は若い時から超有名で、アグネス・チャンとカラオケ大会を開いてはアグネスの持ち歌を絶叫熱唱していたというから、恐ろしくなってサジを投げてしまう。
国際的な首脳会議の出し物に首相特権でAKB48を呼んでショーをやらせてしまうのだから、もう何も言えない。
昔からよく言われているが、「国民のレベル以上の政治家は生まれない」、または「この程度の国民にはこの程度の政治と政治家」。ナルシスの鏡、水鏡に映る互いの〝お馬鹿〟な顔同士が、本当に身にしみる。

国民のレベル以上の政治家は生まれない。これは他の分野にも十分置き換えられる。

国民のレベル以上の文化は生まれない。国民のレベル以上の音楽は生まれない。国民のレベル以上の法律は抱けない。国民のレベル以上のリーダーは上に抱けない。こうしてズブズブと底なしのアリ地獄に足を取られ、反知性主義という「劣化の泥沼」に沈んでゆくのだろうか。
国民のレベル以上の動物愛護法は抱けない。国民のレベル以上の猫ボラは生まれない。そう考えれば、何もかも合点が行くというものだ。





活動向上のため 新規サポーターを 募っています

DSCN8189xb_20150530222222ad9.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2015
08.04

国が法を守らないのに「置きエサがいけない」って何の冗談

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   35℃~27℃ 


o-CECIL-THE-LION-570.jpg
この風刺画 世の中の縮図・略図👉 構造を象徴している


【国が法を守らないのに「置きエサがいけない」って何の冗談】民主主義の手続きを守ろうよ、法の理(ことわり)を守ろうよ、憲法で保障されている「言論・表現の自由」の元にデモに参加している20歳前後の若い子たちに、妙な人たちが卑怯な揺さぶりをかけている。論には論で真っ向勝負するべきなのに「そんなことをしていたら就職できなくなるぞ」と汚い脅迫にお熱を上げている。
その中には公職に就いている人や名のある有識者が混じっているというから、品性劣化の坂道は角度を更に急傾斜させ「下劣なぬかるみ👉底なし沼」にだらだらと地すべりしてゆく定めなのか。
いい年喰らったオヤジが20/30歳年の離れた「若い問いかけ」に無節操にそこまでやるかの話。呆れた。
音は瓜二つだけれど、「」とは似て程遠い「疒(やまいだれ)」が鬱陶しく上から覆いかぶさる、もはや「痴の国」の感がある。私は「痴的空気」を強要される息苦しさに耐えかねて、テレビ・新聞・雑誌から遠ざかったのだが、それでも尚えげつない「痴の空気」は何だかんだ侵入して来る。実に嫌な世の中である。

唇にのぼる「たわごと」でひらひらと後腐れなく消えてくれるならまだいい。けれど、時代の拍車は「」も「」もないがしろして、あらぬ方角へ「私が神だ」と言わんばかりに突っ切ろうとしているから手に負えない。
立法行政のメインストリームが白昼堂々と違法/脱法をやるか???
でも「シレーっ」とやってくれたんだよなぁー!!!
原発事故が起きて法的責任がヤバくなれば、被ばく基準数値を都合でどんどん釣り上げる。復興と手厚いバックアップを謳った被災者支援法を舌の根の乾かぬうちにDeadにしようとする。環境省はフクシマ警戒地区の動物たちを「動物愛護法」に反して手っ取り早く切り捨てた。
そうしてこうして、反発が予測される情報は全て黒塗りの秘密事項にする法も作った。
挙句の果ての厚化粧に99%の憲法学者が「違憲だ」と警告している「戦争立法」のごり押し強行採決である。
国の運営に責任ある立場の人が「私が法律だ」と強弁し、民意や法を踏みつぶすのが朝飯前の簡単事になったら、それはもうファシズム。今はもうファシズム時代。空恐ろしい時代がやって来たものだ。

権力を持つ者と権力に媚を売る者が縦横無尽に「斬り捨てごめん」で法も理も踏みつけ突っ切ってゆく時代。場面を換えて、この世情を手元に引き寄せれば、無手勝流に「お前たち下々は言うことに従え」論法で、一方的にネトウヨや右派識者ばりに「1分でもちょっとでも猫のエサを地面に置いてはいけない。置きエサは禁止されているから猫が殺処分になったらそれはお前のせいだ。保健所に通報するぞ」と、地域猫現場に突如出現するクレーマーたちのかっ飛び論法が「まさにこれ」のはびこりなのだ。
この「無理すじ殺法」を有名な猫ボラや東京都動物愛護推進員の口から聞いた時は本当に開いた口が塞がらなかった。〝やまいだれ〟のロングヘアーが腰まで伸びた痴的な人たちよ、国が法を足蹴にして守らないのに「置きエサはいけない」って何の冗談。




活動向上のため 新規サポーターを 募っています

DSCN0810.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

2015
07.20

女性週刊誌読者よりレベル低い猫ちまた👉あくびでサマーワイン

猫の郵便については はじめにを是非ご覧ください。アーカイブはこちらです。   34℃~26℃ 





【あくびでサマーワイン👉 女性週刊誌読者よりレベルが低い猫ブログ&徘徊者たち】猫の郵便は中野区のYKさんを始めとして少人数ながら頭脳と感性を完備した優秀な人が回りについて居てくれる。だから、期待に応えるために誠実まじめにブログと向かい合っているつもりだ。
同じ時代と同じ空気を分け合う者として、「我が...我が...」と内向きになるのではなく外に向かって窓を開け放し、悲しい事件が起きれば気持ち沈むし、小さい者をいたぶる動物虐待事件や捨て猫事件があればブチ切れるし、ブログで意見を表わすのは「分かち合い」だと思ってそうしている。

ですが、猫の郵便をサポートしてくれている人たちと賛否をないまぜにして分かち合えることが、猫ボラ団体をオーガナイズしている人や猫ブログ一般とは、それがほとんど分かち合えない。共鳴感を持てないでいる。
例えば、長崎県佐世保市の同級生殺害事件は動物虐待を滑走路にして飛び立って行った。けれども、猫ブログからは何の論評(おと)すら聞こえなかった。東京・大田区の30匹に昇る猫の毒殺事件の時もそう。茨城県稲敷市で猫の首にヒモをくくりつけて車で4㌔引き回して殺害遺棄した事件の時もそう。
小学生高学年の頃から猫を次々と虐待殺害した末に連続快楽殺人の高台までよじ登った「酒鬼薔薇聖斗事件」の〝元少年A32才〟が、克明に猫の殺害を綴った手記を出版するに至っても、猫ブログは何ら反応を示すことはなかった。
反応なしとは、つまり自分の身の回りから「社会」をいっさい切り落として成り立たせているということ。
自分にしか関心を払わず、社会や他の動きにまるっきり無関心な〝図らずも〟の断面図を見せられるようだった。
命と向かい合う」と言いながら社会の出来事に無関心でいられる。その謎。非常に奇妙な風景です。

片や社会の出来事なんか「なんのその」と、有名人のゴシップを追いかけるのが「メシの種」の一切合財のはずの女性週刊誌が、今や大幅に脇道に逸れて、安保法制や原発などの社会問題に果敢にアタックをかけている。
時代の切迫した空気を読み取るアンテナが利いて、女性週刊誌はセレブのスキャンダル記事よりも「戦争立法」特集が前代未聞の反響を呼んでいるという。
それはそのはず。若いお母さんや未来のお母さんになる女性たちは、自分が産んだ子が戦争に持って行かれるかもしれない。そして、命を取られることになるかもしれない。もう無関心では居ても立っても居られない理由が分かろうというものです。
この時代のうねりの中で、ひたすら内向きなって、「社会」という関数をいっさい入れない私的数式でイコールから答を出そうとする活動は👉 恐らく👉 たぶん👉 きっと👉 立ちながらにして終わっていると言うしかない。立ち枯れに気づかない哀れ。

世の中を呼吸しない生き方。他の痛みに関心を払えない生き方。何て退屈な人生なのだろう。あくびが出るのだ。




活動向上のため 新規サポーターを 募っています

DSCN8062c_2015072320135660d.jpg

おねがい】多くの人に知られ、多くの人に読まれ、広がるようにポチット・クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

back-to-top